人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: satosu
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:勉強 大学 研究者 言語 退職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

6 ● くいっぱ
●15ポイント

http://ascii24.com/news/i/topi/article/2002/01/31/633227-000.htm...

「企業が生き残るには“暗黙知”が必要だ」――“Adobe Acrobat ビジネス イノベーション フォーラム2002”で中谷巌氏が講演

あれ!?

勇者よ、ついにアレを探す旅に出るのか…。


なんだっけかな、誰か知っている人と話した時に形式知とか暗黙知とかを勉強している研究室でお勉強しているみたいな話を聞いたことがあるよ。なんとなく伝わる現象については暗黙知とかそういうもののようなきがするな。

そのときに話した内容とかどこで、とかは覚えているんだけど…。

ほら、あれ、あれ…、なんだっけ、俺、名詞が覚えられないんよ…。だから、どこでとか、その人が誰だとかを思い出せないんだ…。

あれなんだけどね…。

はて、なんじゃったかのぉ…。


いま、それで検索したら一ツ橋がでてきたよ。

一ツ橋かのぉ…。違う気もするのぉ…。


余談だけど、

知っている知識や手に入れられる、社会的背景などが類似すると、まるで思考を読み取られたかのようにアイディアが類似することがあるよね。思考流入という感じ。

じいさんが、ばあさんにあれじゃょあれという現象とは違うかもだけど。

◎質問者からの返答

くいっぱにーさん。

んだよ、おら、村一番の勇者としてアレを探す旅に出るだ。んでもネットには繋がりっぱなしで進もうと思ってるだ。

一ツ橋のほうに進むとあるかもしれんのね、よしわかった!桜並木で迷子になってくる!

余談は、まさにその通りだと思います。すげぇおもしろいです。


7 ● kokezaru753
●100ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AA%9E

言語 - Wikipedia

↑言語とはっ!?↑


直接関係はないと思いますが、というか正反対ですが。。。。


やはりぜひとも↓こういう考え↓にふれて

感動していただきたいと。。。

(しかし正反対であるから・見ることも重要だったり?と建設的にお考え下されば幸甚のいたりです)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%93%B2%E5%AD%A...

言語哲学


一般の方々がたじろく「哲学」の中心にあるといっても過言ではない「言語」です。

(その理由はsatosuさま退職後にゆっくりお考えになってくださいませ)

この際、一般の方々から尊敬のまなざしをうける人生にとってまたとない機会でもあります。

動機はナンにせよ、哲学論理を知ることによって、哲学者の脳髄に触れることは

とてつもない人間の思考の可能性を堪能・大感動することになるでしょう。

少なくとも上記サイトの言語哲学にでているような人たち。。。


☆フッサール (?ハイデガー、サルトル)

☆ラッセル? (ホワイトヘッド)

☆『論理的=哲学的・論考』の☆孤高の天才ウィトゲンシュタイン☆


おまけで

構造主義 ストロース、バルト(komasafarina さまが既にあげられたおりますね)


☆従来の言語観に衝撃を与えたソシュール (ヤコブソン)

☆「言葉の確実性」をもってヨーロッパ形而上(哲)学を非難したフレーゲ

なんとなく伝わる現象に反してますね、こりゃ?

☆ラカン(精神分析方面だけど、無意識は言語構造を持ち・・主体の無意識は他者の言語・・べらべら)


ポスト構造主義3人衆

☆「言葉と物」のフーコー

ドゥルーズ

☆「声と現象」のデリダ


フッサール、当たり中心に攻めてあげるとか、

言語関係でウィトゲンシュタインを知らないと詐欺師扱いされる恐れがあるので

この人はちょっとでもふれてみましょう。


まずは、網羅的なところで「西洋哲学史」的な本で興味引くあたりとか

ぺらぺら読んだりすると面白いと思います。解説的なものなど軽めのあたりからがコツかもしれません。


軽く彼らの言語についての論考・哲学について知るだけでもおもしろいでしょう。

個人的に好きな論考・哲学は別の人たちに多いですが。。。そっそっそっくらってすぅ


最後息抜きに 。。。

あいまいさの逆→言葉の定義にこだわるわたしにとって楽しませてもらったはてな質問です。

http://www.hatena.ne.jp/1133608847「依存」

http://www.hatena.ne.jp/1133575040「愛の果て」


では、明日から、ウィトゲンシュタインで!

(フランス人哲学者の名前よりは言うにかっこいいですね?)

◎質問者からの返答

wikiの言語、言葉、言語哲学などの項目は何度読んでもおもしろいです。

正反対なのかなぁ。あるいはそのものズバリかもしれません。言語を用いて考えたり、表現したりして、聞いてる側はまた再構築するってなプロセスを踏むんでしょうし、「何をもって”なんとなく”と言うか」てのは、どーしても付きまとってくるもんですから、厳密な言葉を並べても、自明と思えるものを持ち出しても、”なんとなく”っぽいので恣意性は免れないと思うのです。

私も言葉の定義にこだわる時があります。仲間ですね。

http://www.hatena.ne.jp/1124114353#14

「なぜ人を殺してはいけないか」や、ネタですが

http://www.hatena.ne.jp/1103784706

「大人になるってどういうこと?」で楽しませてもらっています。

言語で考えない人がいたら、またそれはおもしろいんだろうなぁと思っているところです。哲学的ゾンビとか、クオリアとか、証明もへったくれもない分野なのですが、アレを追求してって自分で「わかった!」てな気分になれたらいいなと思っております。長くなりました。

大学やら研究者とは違いますが、思わぬ良回答に感謝です。


8 ● babelogue
●15ポイント

http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/kripke-s.htm

Miura Toshihiko's page: 知の先端18人:ソール・クリプキ

クリプキなんかどうですか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

漢字がいっぱい。難しそうだなぁ。

> bluesy-k さま

めざわりな質問で恐縮です。


6-8件表示/8件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ