人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

第1種圧力容器の該当条件と必須維持管理項目は。

●質問者: daim13
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:管理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● tyousann
●30ポイント

http://www.fujimfg.co.jp/benri/law/press_cont00.htm

便利帳-加圧容器の法令

第1条 第5号 第一種圧力容器

次に掲げる容器(ゲ?ジ圧力0.1メガパスカル以下で使用する容器で、内

容積が0.04立方メ?トル以下のもの又は胴の内径が200ミリメ?トル以

下で、かつ、その長さが1000ミリメ?トル以下のもの及びその使用する最

高のゲ?ジ圧力をメガパスカルで表した数値と内容積を立方メートルで表し

た数値との積が0.004以下の容器を除く。)をいう。

イ 蒸気その他の熱媒を受け入れ、又は蒸気を発生させて固体又は液体

を加熱する容器で、容器内の圧力が大気圧を超えるもの(ロ又はハに

掲げる容器を除く)

ロ 容器内における化学反応、原子核反応その他の反応によって蒸気が

発生する容器で、容器内の圧力が大気圧を超えるもの

ハ 容器内の液体の成分を分離するため、当該液体を加熱し、その蒸気

を発生させる容器で、容器内の圧力が大気圧を超えるもの

ニ イからハまでに掲げる容器のほか、大気圧における沸点を超える温度

の液体をその内部に保有する容器

http://www.city.sakai.osaka.jp/city/info/_kentiku/17103009.html

維持管理マニュアル

ボイラー

小型ボイラー

第1種圧力容器

(貯湯槽、熱交換器等)

第2種圧力容器 性能検査

1回/年


(小型ボイラー、第2種圧力容器は自主検査)

定期自主検査

1回/月


(第2種圧力容器は除く) 労働安全衛生法

第45条・第51条

ボイラー及び圧力容器安全規則

第32条・第38条 (地方公務員法第58条第4項の適用を受ける場合は人事委員会規則第4条、第4号による)性能検査のためのボイラー及び第1種圧力容器の整備の業務はボイラー整備士の資格を必要とする。

性能検査は労働基準監督署長または検査代行機関が行う。


2 ● aqua-marine
●20ポイント

http://shi-kaku.com/lisenceinformation/safety/safety27.html

普通第1種取扱作業主任者-安全

第1種圧力容器とは、内部に大気圧を超える液体を保有したり、蒸気を受け入れて物を加熱したりする容器のこと。

http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-2/hor1-2-17-3-0.htm

???S?q???????Z???^?[

必須維持管理項目については多岐にわたりますが、こちらに詳細があります。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ