人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新会社法において、出資の履行をせずに失権した発起人も、依然として発起人で有り続けるのでしょうか。

●質問者: draftand
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:出資 新会社法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● aska186
●40ポイント

http://www.h6.dion.ne.jp/~y-admin/k_guide/hokki.htm

発起人とは定款に発起人として署名したことをいう、というのが判例・通説です。

会社法36条によれば、出資をしなかった発起人は設立時に株主になれない、ということになりますが、逆にいえば“依然として発起人である”ということが前提になっていると思われます。

◎質問者からの返答

(いつもいつも(笑))ありがとうございます。でも、そうすると、37条1項ような発起人全員の同意が必要な事項についても、出資すらしなかった発起人の同意が必要となるということになってしまいますね。これはこれでそう不当ではないのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ