人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

パソコンのメモリとグラフィックスについて質問です。

オンボードのメインメモリ共有型のグラフィックスの場合、
メモリ2枚挿しでデュアルチャンネルにすると、グラフィックスの速度も上がるのでしょうか?
それとも、メモリ-ビデオチップ間のアクセスは一定で、特にデュアルチャンネル効果は無いのでしょうか?

●質問者: match7
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:アクセス オンボード グラフィックス チップ チャンネル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●25ポイント

http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2004/07/19/i915g/

【レビュー】915Gのグラフィック性能を検証する (1) GMA900の特徴 (MYCOMジャーナル)

速度は上がります。

オンボードのメインメモリ共有型のグラフィックスにメモリーの転送速度は影響します。

◎質問者からの返答

なるほど。

でも、どのくらい上がるんですかねー。

そういうベンチをやってる記事は無いものか…

(2%とかだったら、コスト的には、無視してシングルの大容量メモリを目指した方が…)


2 ● pasosavi
●15ポイント

http://homepage2.nifty.com/kamurai/VGA.htm

VGAの説明

グラフィックの速度が上がるというよりは、

より安定した処理が可能になる、

ということになろうかと


メインメモリをマザボ側で本体部/グラボ部で割り振る場合、

その数値は決まっており、2枚挿したら2倍になる、

ということはないはずです。

(基本的に割当容量/処理速度は変わらない

ただ、本体部でのメモリの消費は、

当然2枚挿しの方が余裕があり、

その分、グラボ部で余分にメモリ容量が必要になった場合、

余剰を確実に供給しやすい、という意味で、

体感速度等に変化(効果)はあるかと


#デュアルチャンネル効果を出せるような、

BIOS/設定ジャンパースイッチがあれば別ですが

(未だ聞いたことがない…

◎質問者からの返答

れれれ、1さんと違う???

つまり、256MB×2と、512MB×1では、

グラフィックスそのものの速度は違わない、と、

そういう意味ですか??

僕は専門家じゃないから知らないけど、

デュアルだと帯域が広くなって速度が上がるとか、

そんなのは無いんですかね??

メインメモリ-ビデオチップ間は、デュアルチャンネル効果が及ばない??

もし、1さんが正しいとしても、どのくらいの効果なんですかね?

やっぱり、れびゅーを書くほどの方はヘビーユーザーなので、

オンボードのメインメモリ共有型ビデオチップが、

2枚挿しと1枚でどのくらい差があるかなんて調べて無いか…


3 ● pasosavi
●5ポイント

http://72.14.203.104/search?q=cache:--iWvUD9j7wJ:live19.2ch.net/...

#2度目の回答をどうかご容赦ください…

丁度良いスレがありましたので

(マーキング部を追っていただけると吉かと


結論的には、デュアルチャンネルによるシステムの高速化は、

オンボードグラフィックの処理の高速化には、

残念ながら直結しない、ということかと

(影響は勿論ゼロではないですが

繰り返しになって大変恐縮なのですが、

8MBなり16MBなり占有(割当)しているオンボードのグラボの、

その設定なり容量なりを変えられれば別ですが、

メモリをデュアルにしたのでグラボへのメモリの割当が変化するとか、

グラボの処理そのものが高速化するとか、

それはないでしょう…

◎質問者からの返答

何度もありがとうございます。

しかし、このスレを読んでもよく分かりません。

例えば、オンボードビデオチップへのメインメモリの割り当てが128MBだとして、

同じ128MBでも、

A)メインメモリ→(シングルチャンネル)→ビデオチップ

B)メインメモリ→(デュアルチャンネル)→ビデオチップ

となって、後者の方が速いなんてことは無いのかな?と思っての質問です。

それとも、デュアルチャンネルとかシングルチャンネルっていうものは、

CPUとメモリとのバンド幅を左右するだけで、

オンボード型ビデオチップとメモリとの間のバンド幅は変わらないのでしょうか?

例えば、全く同じビデオチップ、全く同じメインメモリ数の場合、

デュアルチャンネルとシングルチャンネルでは差があるのか?、あるのならどの程度なのか?ってのが知りたかったわけです。

このスレのEQ2質問者のように、劇的に性能が向上するわけは無いことは分かっています。

微弱ながらも、デュアルチャンネル効果がオンボードチップには及ぶのかどうなのか、

そして、及ぶ場合は、その微弱さはどの程度なのか、について知りたかったわけです。

はてなでは2個以上は回答できないっぽいので、

「分かってないなー」と追加アドバイスがあれば、

後でいわしにでも書き込んで下さい。


4 ● mhrk
●25ポイント

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0612/hot265.htm

元麻布春男の週刊PCホットライン

3. の回答のスレッド、なぜ引用されているのか、私もよく意味が分かりませんでした…。(pasonaviさん、ごめんなさい)


さてデュアルチャンネルとは、ハードウェアレベルでノースブリッジ?メインメモリ間のバス幅を64bitから128bitに拡張するというものです。そしてインテル等のグラフィック内蔵型のチップセットとは、ノースブリッジチップにグラフィック機能が統合されたものですので、当然グラフィック性能も上がります。

(GeForce GOシリーズなど、別チップの場合もあります。が、ノースブリッジはメモリコントローラ兼AGPコントローラでもあるので、やはり性能の向上は期待できるでしょう)


どのくらい上がるのか、と言うと、メインメモリのパフォーマンスアップとほぼ同等と思って良いと思います。つまり、シングルチャンネルで元々バンド幅限界近くまで迫るDDR2対応メモリなどなら殆ど性能向上は見込めませんし、ボトルネックになっていたのならベンチマーク時点で10%?20%程度見込めるようです。


デュアルチャンネルの詳しいベンチマークがありましたのでURLを載せておきます。(ちょっと古いデータですね。すみません)

◎質問者からの返答

すごく参考になりました。

ベンチにして1-2割の差ですか。

体感だとせいぜい5%程度の差だろうな。

予算と兼ね合わせると、迷うラインですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ