人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ライブドアの堀江さんの公認にはっきりと反対した次期総裁候補のは誰でしょうか?
テレビで与謝野馨さんいっていたのですが、安倍さんははっきりと反対したそうです。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:テレビ ライブドア 与謝野馨 堀江 安倍さん
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●40ポイント

http://entame24.seesaa.net/article/6115353.html

安倍さんははっきりと反対したとのことですが、少し微妙なところもあります。上記ページに載っている記事には


[自民党]堀江氏擁立で調整続く “両刃の剣”と懸念も


自民党は19日の第4次公認で、衆院選に臨む陣容が整う。目玉候補であるライブドアの堀江貴文社長については、国民新党を結成した亀井静香元政調会長にぶつける方向で最終調整が続いている。小泉純一郎首相は選挙戦を通じ、堀江氏の「既存体制の破壊者」というイメージを小泉改革に重ねたい意向とみられる。ただ、党執行部も「ホリエモン効果」を測りきれてはいない。党内には「異端者ぶり」への抵抗感も強く、「両刃の剣」との懸念も出ている。


「小泉内閣が構造改革を進めなければ、堀江氏は出てこなかった」


自民党の安倍晋三幹事長代理は17日の民放テレビでこう語った。ライブドアの急成長は小泉改革がもたらしたと紹介することで、今回の擁立劇の整合性を強調したものだ。堀江氏擁立を主導した武部勤幹事長の周辺からは「改革の旗手として働いてもらう。若年層支持の切り札だ」との期待の声が上がる。


これに対し、党幹部の一人は「『勝ち組』の堀江氏を小泉改革の象徴と呼べば、高齢者などの支持を失いかねない」と指摘。別の幹部も「『劇薬』を使いたい気持ちは分かるが、必ず副作用が伴う。プラス、マイナスのどちらに働くかは分からない」と不安を隠さない。


堀江氏がニッポン放送株買収に乗り出した今年2月には、党総務会で「カネの力で経営の実権を取るやり方でいいのか」などの声が噴出。その後も森喜朗前首相が「カネさえあれば何でもいいというのは今の教育の成果か」と不快感を示すなど批判が相次いだ。堀江氏に対するこうした見方はいまだに根強く、党の「看板候補」として受け入れる土壌は必ずしも整っていないのが実情だ。


(毎日新聞)


とあり、立場もあると思いますが,堀江社長の出馬を擁護するような発言もしています。

http://t-hashi.kidd.ne.jp/~t-hashi/diarly/diarly015.htm

『言いたい放題』

次期総裁候補の1人と言えるかは微妙ですが、上記のページによると山崎拓氏は反対だったみたいです。


「小泉首相が堀江氏にいたくご執心で、堀江氏の『既存体制の破壊者』というイメージを小泉改革に重ねたい意向と見られる。しかしながら自民党内部には堀江氏の『異端者ぶり』への抵抗感も強く、『両刃の剣』との懸念も出ている。どうやら必ずしも自民党の広告塔として歓迎されて迎えられる状況にはない。事実小泉首相の盟友山崎 拓氏からも「公認反対」の意見が出ている。」

◎質問者からの返答

なるほど、逆に安倍sんが、公認反対したとの記事はあるでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ