人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

華道に関係のある言葉と、その言葉の語源・由来を教えてください。出典がはっきりしているものがあるほうが良いです(なくても可)。

●質問者: scooterz
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:華道 語源
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● tyousann
●18ポイント

http://takekofunclub.jugem.jp/?eid=10

タケコファンクラブ

華道っていうのはご存知のとおり、生け花のこと。日本では芸術のひとつにまで高められている。この始まりは、死者のそばに花を飾るっていう所から来ています。


2 ● konoha788
●18ポイント

http://www.shizuoka.co.uk/kaiho/020/020.htm

静岡県人会会報第19号

真ん中あたり「華道一日体験教室」のところに少し書いてあります。


3 ● goldwell
●17ポイント

http://www.ikebana.be/jp/courses_material.htm

華道向同花器独道級 ― 討同鳶栃椴花器独道級

生け花そのものの道具についての説明のURLです。

剣山、水盤について

http://iroha-japan.net/iroha/C01_accomplish/02_kado.html

華道|日本文化いろは事典

以下、抜粋

「花は人の心である」という言葉があります。

つまり花を生ける時、花をみつめて感じる感情、あるいは理想とする美しさを花に探し求め、花に託して表現するという事です。


上記サイトの参考文献・ウェブサイト

・池坊オフィシャルサイト

http://www.ikenobo.jp/japanese/e-books/history/index.html

・「華道義塾」

http://members.jcom.home.ne.jp/kadougijyuku/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B8%E9%99%A2%E9%80%A0

書院造 - Wikipedia

華道の歴史に深いかかわりがあるのが「書院造」です。


以下、抜粋

書院はもともと禅僧が書を読むために室内からはり出し、床板を書見のための机とし、前に明かり障子などを設けたものであった。また、押板(床の間の前身)や違い棚は、書画、置物などを飾る場所として造られてきた。

室町時代後期には、寺院の書院や武家住宅に押板や棚、書院を備えるものが造られるようになり、次第に書院造の形式が整えられていった


4 ● siigimaru
●17ポイント

http://www.joy.hi-ho.ne.jp/onehalf-circus/chambre/savoir/liste/2...

知らなくてもいいこと

華道の最大流派「池坊」を興した僧の名前は、「専務」という。(会社みたい)

ちなみに、一般には出家する前の俗名のほうが有名。「小野妹子」のことである。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ