人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

普通の液晶でウェブサイトの色を決めると、テカテカ液晶やCRTでそれを見たときに、やけにどぎつく見えてしまうのですが、ハードウェアの違いによる色の見え方の違いにはどうやって対応したら良いのでしょうか。
(Adobe Gammmaは使ってます)

●質問者: studio15
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:Adobe CRT ウェブサイト ハードウェア 対応
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● schwalbe
●24ポイント

基本的にCRTモニターの色がより指定したのに近い色なります。

どぎつく見えるということでしたら、やはり彩度を落として色を指定してはいかがでしょうか。

通常の液晶でも、彩度を落としただけなら落ち着いて見える程度で支障は無いと思われます。


2 ● sharia
●23ポイント

えーと、テカテカ液晶やCRTでデザインして、ノートPCなどで発色チェックをします。


大抵、制作と営業というチームで動きますので、制作側がデザイナー仕様のCRTで制作し、営業がノートPCでみずらくないかチェックします。


3 ● sokyo
●23ポイント

http://atom.chu.jp/helphpmain.html

ホームページで稼ぐ準備とコツ 〜アクセスアップ・バナー広告について〜

こんにちは。


基本的には、あきらめだと思います。

自分の持っているディスプレイならきちんと調節することで同じような色を再現させることはできますが、

不特定多数の人を対象にしたページを作る場合には利用する人みんなにそれを期待するわけにいきませんので。

微妙な色の再現は、Webでは今のところできないと思います。


読みにくさを回避するためには、彩度よりも明度差に留意するのがいいでしょう。

2つめのURLを参考にしてみてください。

http://www.ne.jp/asahi/shinsei/saitama/shikijaku/doc/data.htm

私の苦手な色の組み合わせ

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ