人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

炭素税などの環境税を導入した場合、どうしても企業や業種間に税金負担の格差が出てきますよね。それをある程度でも是正する方法を教えてください。

●質問者: SilentKnight
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:企業 格差 炭素 環境税 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● HAMU
●20ポイント

http://www.env.go.jp/policy/tax/041105/

環境税の具体案

不公平でもいいんじゃないですか?

もともガソリン税なんか不公平の塊だし、

取れるならいいんですよ。

◎質問者からの返答

それをあえて是正するんですよ。確かにマクロな経済ではそれでもいいんですが、新しく法律を作った場合ミクロの問題が短期的にとは言え出てくるのではないですか?


2 ● amifumi
●30ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/aki0624naka/

Peu par peu,lent. - 楽天ブログ(Blog)

年や月単位で対策を行わせ基準などを決めて、減っている量から税を軽くするというのはどうですか?環境対策を自らさせることができて、大手だと幾ら努力してもかなりは使うはずだから税金もかなり入る。

◎質問者からの返答

チョコはいいですね〜さすがに10枚以上は買わないんですけど、この前明治の板チョコが一枚69円という大特価で売ってたときは思わず4枚買ってしまいました(テストが終わったらお菓子の材料にでも…まぁ製菓用じゃないと味がやや雑になってくる気もするんですけど製菓用チョコの半分ぐらいの値段ですからねぇ(基本100gあたり製菓用は200円。ちょっと高めので1000円))。あと十二国記。あれは普通なら避けて通ろうとする人の心の暗い部分さえうまく書けてていいね(とはいいながらやっぱり最後に希望が見えてくるところが最高)。

で、回答についてですが、なるほど、まぁやや真正面から来すぎな気もしますけどけっして悪くはない。税金の中に補助金を入れ込むという考えは特にまずい点もない。ふむ、とりあえず検討してみる価値は十分あるね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ