人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生きていくのに必要な物質でも、とても安かったり、
生きていくのにまったく不要でも、高値がつくことがあるのは、
「使用価値」と「交換価値」は違うからだ、と
アダム・スミスが国富論で、水とダイヤモンドを例に説明しています。
http://masm.jp/item/18

「水とダイヤ」の具体例はあまりに鮮やかなので、
「使用価値」と「交換価値」の説明では、たいていこの例が使われるのではないでしょうか。

上の例のように、あまりに具体例が素晴らしいので、
その分野の学問では、たいていその具体例が使われる、といったケースを教えてください。

「その学問分野」「何を説明しようとしているのか」と、
できれば「その例え話をした人」「著書」なども教えていただければ、なお良しです。

繰り返しになりますが「鮮やかな具体例」だけではダメ。
「その学問でスタンダードになっているほど鮮やかな」具体例です。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:アダム・スミス スタンダード ダイヤ ダイヤモンド ダメ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 16/16件

▽最新の回答へ

1 ● heilig_zwei
●22ポイント

http://www.zatsugaku.com/archives/2003/06/20030619.html

ざつがく・どっと・こむ: サルとシェイクスピア

サルにめちゃくちゃにタイプライターで文字を打たせたらいつかはシェイクスピアの一節を叩き出すだろう、という話です。

もともとは進化論者のトマス・ハクスレーが、偶然による生命の発生・進化を説明するために用いた比喩で、分子生物学や進化論の講義では必ずと言ってよいほど出てきます。他にも確率論とか情報学とかいろんなところで使われています。「非常に効率の悪いこと」の例えとして映画のセリフに出てきたりもします。

◎質問者からの返答

了解です。ありがとうございます。

たしかに「猿のタイプライター」は、僕でも聞いたことがありました。

ですが、進化論から出てきていたことは知りませんでした。

(コンピュータのランダム探索の文献だろうとばかり思っていました)

いい回答、ありがとうございます!!

なおこの質問は、あと20程度は必ず開きますので、ごゆっくりどうぞ。


2 ● tententireman
●12ポイント

http://www.ed-eyes.com/eenavi/data/ee_data.cgi?INDEX=f1003

?G?R???W?[???G?l???M?[ ?f?[?^?x?[?X

「電子工学」において、「電子の流れかた」について、「水」の喩えが使われています。「電子は水のごとく、電圧の高い場所から低い場所へと流れる」と説明されます。初出は何か分かりません。

◎質問者からの返答

了解です。ありがとうございます。

そういえば昔の参考書か何かで、

電子を玉、電圧を坂(の勾配)、電流を玉の流れに例えた図があり、

えらく「理解した!!」という気にさせられたことがありました。


3 ● lovemaker
●12ポイント

http://glossary.tank.jp/t0E15.html

???????????yreinventing the wheel?z ?? ?????? ??????????? IT?E?R???s???[?^ ?p???T [?^?E?R???s???[?^?p???T]

【IT用語】 Reinventing the wheel (車輪の再発明)


通常プログラムは、偉大な先達が作った便利な部品を組み合わせて完成させます。

その「既にある便利な部品」をありがたく使わずに、わざわざ一から自力で作る酔狂な行動を「車輪の再発明」と呼びます。

人類最も偉大な発明のうちの一つである車輪を、わざわざ再発明するのは愚かだと言っているのですが、あまりに定番の言葉過ぎて誰が最初に言い出したかは知りません。


リンクはIT版悪魔の辞典「真・コンピュータ用語辞典」から「車輪の再発明」の説明です。

http://glossary.tank.jp/t0E15.html


はてなキーワード「車輪の再発明」

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%D6%CE%D8%A4%CE%BA%C6%C8%AF%CC%...

◎質問者からの返答

了解です。ありがとうございます。

ただこれはすこし「ことわざ」に近すぎなので、

もうすこし出典があきらかなものが良いです。


4 ● いち・に・
●12ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・メイナード・ケインズ:detail]

経済学者のケインズは、株式相場を説明するのに、例えとして美人コンテストを用いたというのは有名だと思います。つまり、株式相場というのは、自分が誰を美人と思うかではなく、自分以外の大多数が誰を美人と思うかによって美人コンテストの勝者を予想するようなものだと説明したものです。

◎質問者からの返答

了解、ありがとうございます。

経済学では、他に「弁護士とタイピスト」の例もありましたね。


5 ● fear-prayer
●12ポイント

http://a.hatena.ne.jp/fear-prayer/

URLはダミーです。


すでにご存知かもしれませんが、例えば


・複雑系理論のバタフライ効果(北京で蝶が一回羽ばたくことで、アメリカにハリケーンをもたらす、という因果性の連鎖の隠喩)


・ゲーム理論の囚人のジレンマ(個人主義的合理性を超えたところ、つまり集団行動には個人のレベルを超えた独自の法則性があることを示す隠喩)


・ケインズの美人投票(株式市場では、人は自分が一番だと思う株を買うのではなく、他人が一番だと思う株を買うという「他人の予測」を織り込むという特異な行動が必要。ゆえに単純な個人主義的合理性を想定する新古典派経済学には盲点がある、というエピソード)


なんかが思いつきます。すでに知っていたらご勘弁を!

◎質問者からの返答

了解です。ありがとうございます。


1-5件表示/16件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ