人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ブログの機能と社会現象について、ある論文で概要を紹介するため執筆中です。

簡単にブラウザから更新できること、
Permalink、
トラックバック
コメント機能、
RSS

とあと機能的に何かありますか?
また、社会現象として紹介しておくべきことは?

今回あまり紙数はないのですが、これは書いとけ! 的なことがあればお願いします。
あまり時間がないので長くても1時間くらいで締め切ります。
なお、対象者はあまりブログのことを知らない、40代とか50代以上のIT教育関係者が多いと思います。
Web 2.0についてもご相談させて頂いたら何それって顔されました。(軽くショック。相手が相手だけに)

●質問者: ねがい かなみ
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Permalink RSS Web 2.0 コメント トラックバック
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● huhuhu
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?qid=1139458706

ブログの性格の一つかもしれませんが、国際世論の形成に他の単なる日記サイトなどに比べ生の声を吸収しやすいです。以下コピペ。(青山大学の過去問であったな?)


大きな事件や事故が起こった際に、地元の人や関係者、目撃者などが自分のブログに知っている情報を掲載することで、メディアを介さずに「生の」情報が流通するという事例(イラク戦争時にイラク人の男性が公開していた「バグダッド日記」など)も見られる。

◎質問者からの返答

ニュースの目撃者の生の言葉を拾うこと、ですね。ありがとうございます。


2 ● koyajiinu
●15ポイント

http://blog.nissan.co.jp/TIIDA/

日産:ティーダ公式ブログ TIIDA BLOG

企業がマーケティングのツールとして使い始めたのも社会現象かもしれません。

例えば、日産の他にも味の素なども使っています。


あとは、ワーキングマザーズスタイルのブログについてのNHKの誤報事件や、アメリカの三大ネットワークの1つのニュースキャスターが、ブログから始まった誤報疑惑の記事から、社会問題に発展し、看板キャスターが降板するなどの社会現象もありました。

◎質問者からの返答

なるほどなるほど。

マーケティング、ブログでの検証……。


3 ● くまっぷす
●20ポイント

http://no3103.fc2web.com/blog/blog.html

アフィリエイトな生活

あとは「時系列順に並ぶこと(そして新しいものがトップにくること)」は入れておいた方がよいかと。

私見ですが、このことがある意味「過去を忘れて」どんどん新しい意見を発信していけるという雰囲気を醸成していると思います。

◎質問者からの返答

時系列順に並ぶ、忘れてました!!

ありがとうございます。


4 ● TomCat
●15ポイント

http://taraco.plasticdreams.org/pukiwiki/

FrontPage - 「エアロバキバキ川野聡くん祭り」のまとめサイト

とりあえず機能的には、最近の動向として「モブログ」的な

モバイルとの連携が注目できるでしょう。


社会現象としては、とりわけ日本においては

ブログが日記的に発展してきたこともあり、

無意識のうちにも個人情報が盛り込まれやすいことから、

そこから過剰に個人の行動を集団で攻撃する、

人権侵害や集団的私刑ともとらえられるほどの

「祭り」に発展しやすい、ということがあげられると思われます。


近年の顕著な例としては、「エアロバキバキ」事件があげられます。

◎質問者からの返答

なるほど。「祭り」ですか。

なんでそこまでやるの? みたいな感覚が理解できないかもしれないですね。

(私にしてみれば学園闘争とか歴史の事実として分かっても理解できないですけど)

ありがとうございます。


5 ● ringo29
●15ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/thm/34919/g1200/

リストカット 楽天ブログ

ひとつのテーマに沿って記事を書くことでつながることが出来る、というのはブログの特徴の一つではないでしょうか。

http://plaza.rakuten.co.jp/thm/10972/g1200/

心の病 楽天ブログ

例えば“心の病”というテーマで投稿された記事が一覧になっていると、記事を書いた人同士、関心がある人同士がつながることができる。それは、セルフヘルプグループ(自助グループ)的な役割を持つことができると思います。たとえコメントなどで直接関わらなくても、同じ悩みを持つ人の記事を読むことで“私だけじゃないんだ”と思い、孤独感が軽減されるとか・・・

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060209STXKE011009022006.ht...

ただ、マイナス面もあります。例えば自殺願望をもつ方達が、自殺サイトの掲示板などにわざわざいかなくても、“自殺”というテーマで記事を書くことで、同じ願望を持つ方達とつながることがある。それがきっかけで集団自殺・・・ということになる可能性もあるのでは・・・

お役に立てなかったらごめんなさい。

◎質問者からの返答

かなりマイナス面が上がってきましたね。

こういうこともある、と。ただ、論文ではネットのいいところをアピールしたいので……。(紙幅が限られているのであまり沢山書けない)

ありがとうございます。

他のことを執筆しながら時々拝見することにして、もうちょっとだけ続けますね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ