人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【バイク】ヤマハSRX400(3VN)に乗っていた者です。私の場合、3VN2,3VN5と2回、総計4年ほど乗っていたのですが、いずれも十分に暖気できた後の、簡単な立ちゴケ程度でエンジンがイッてしまいました。ショップの人は焼きつきだと言っていたのですが、(1)同じような経験をした方、どのようなときにおきたかを教えてください。(2)この事象の発生理由は(a)SRXがドライサンプだから(b)SRXが空冷だから(c)その他SRX固有の理由、いずれなのでしょうか?詳細理由を含め教えてください。

●質問者: YAMAHAx9LOVE
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:エンジン ショップ ドライサンプ バイク ヤマハ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●40ポイント

http://www.engine-power365.com/engine/2005/12/post_82.html

2:ドライサンプ圧送式:エンジンは生きている!!

焼き付きだと前提すれば、ドライサンプのせいだと思います。

横倒しになった事で、ポンプにエアを噛み、オイルが行かなくなったのだろうと思います。


空冷は全然関係ないです。

空冷バイクは山ほどあり、オフロードバイクなら倒すのは当たり前ですが、そんな事で壊れたりしません。


でも、ドライサンプであっても、ポンプの吸い込み口が外に出なければいいので、オイルタンク一杯にオイルが入っていれば大丈夫なような気もします。

オイルタンクの形状が良くないんでしょうね。

◎質問者からの返答

「エア噛み」初めて知りました。

SRXのオイル汲み上げ経路がエンジンの右寄りにあり、自分がコケたのが2回とも左側だったのもエア噛みを起こしやすかった原因かもしれません。

ありがとうございました。

追伸:

原因が判明したら、またSRXに乗りたくなった私でした...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ