人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律に関しての質問です。容疑だけでかなりの期間拘留されるものなのでしょうか?有罪判決には相当量の証拠がないとだめみたいですが、逮捕は証拠がいらないのでしょうか?

●質問者: tanbow
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:判決 拘留 法律 逮捕
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● tyousann
●5ポイント

http://homewww.osaka-gaidai.ac.jp/~goto/keijisoshouhou1988.htm

刑事訴訟法

第71条.一時拘留期間


1.捜査のための一時拘留期間はあまり重大でない罪に対しては2ヵ月を超えることは出来ない、一方重大な罪に対しては4ヵ月を超えることは出来ない。


2.複数の複雑な詳細を有する事件の場合、捜査のために取り調べはより長い期間を必要としなければならず、省級以上の人民検察院院長と軍区級以上の軍事検察院院長は一時拘留期間を延長する権利を有する。しかしあまり重大でない罪に対して2ヵ月を超えることは出来ないし、たとえ重大な罪に対しても4ヵ月を超えることはできない。最高人民検察院院長および軍事検察院院長は重大な罪に対しては期間を延長することができるが、ただし4ヵ月を超えることは出来ない。


必要な場合には、国家の安全を侵犯する特に危険な罪に対して最高人民検察員院長は期間を延長する権利を有する。


逮捕にももちろん証拠はいりますよ。

十分な嫌疑があるからこそ裁判所が逮捕令状を発行して逮捕するのですから。

まったく証拠なくして拘留はありえません。

少なくとも疑わしい証拠があるから逮捕なのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。この間名古屋の殺人事件で無罪判決が出ましたが、あのとき容疑のかかった方は不十分な証拠ではなかったのでしょうか?

できれば再回答お願いしたいのですが…。


2 ● adole
●20ポイント

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/soudan/hanzai/hanzai2.htm

相談窓口/犯罪被害者支援/刑事手続きの流れ

逮捕などの刑事手続きについて流れがわかりやすいと思います。参考になるでしょうか。


警察もしくは検察が逮捕をする場合は裁判所から逮捕令状をもらう必要が有る(現行犯は除く)のですが、令状発行時において容疑事実が真実かどうかの証明は不要(証明はその後の裁判時に行う)という感じだと思います。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAM...

法令データ提供システム エラー

1の方のリンク先が日本の刑事訴訟法では無いようですので、一応日本の刑事訴訟法へのリンクも。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

法令データ提供システム

ネット上で法律の条文を見たいときは、総務省の法令データ提供システムが便利です。

◎質問者からの返答

容疑事実は真実かどうかは不要…ですか。。ありがとうございます。


3 ● ちゃぼりん
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%BE%E7%95%99

勾留 - Wikipedia

えーと・・・上の人、ベトナムの刑事訴訟法見て回答してません??

というつっこみはおいといて。。。


逮捕48時間以内に検察に送検され、検察が勾留請求を裁判所に求めます。

これが認められると10日間勾留、さらに1回延長して20日間勾留されます。

つまり、あわせて1逮捕につき、起訴までに22日間勾留が認められています。


さらにさらに、起訴された後も拘置が可能なので、ここまでいくと保釈申請ができるようになりますが、保釈しなかったり保釈が却下されると、判決が出るまで実質身体拘束されるわけです。


あとこまかい突っ込みで恐縮ですが、拘留と勾留は違ったりします。(URLに載っています)

http://www.siri.co.jp/~koyanagi/kaido.html

???c????m?????N?i?????A???????????????

安田弁護士事件では、無罪の判決が出た事件だったにもかかわらず、10ヶ月もの間拘置所に入れられていました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E9%80%AE%E6%8D%9...

逮捕 - Wikipedia

逮捕は、通常逮捕と現行犯逮捕、それに緊急逮捕があります。

基本的には疑いがあり、逃亡や証拠隠滅の恐れがある場合に逮捕することが可能です。

◎質問者からの返答

くわしくありがとうございます。逮捕して無罪になった場合は保証などあるのでしょうか?

勾留しても自白は客観的な証拠にはなりえないそうなので、客観的な証拠を出させるための、あるいは秘密の暴露をさせるための勾留なのでしょうか?できれば再回答お願いします。。


4 ● 潮澤 昴
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%AE%E6%8D%95

逮捕 - Wikipedia

※ポイント不要です。


逮捕に証拠は不要です。

裁判所の令状があれば執行可能です。

緊急逮捕は令状さえ不要です。


現行犯逮捕は一般人でも可能です。(危険な為推奨しませんが。)

http://www.hatena.ne.jp/1139545869#a1

人力検索はてな - 法律に関しての質問です。容疑だけでかなりの期間拘留されるものなのでしょうか?有罪判決には相当量の証拠がないとだめみたいですが、逮捕は証拠がいらないのでしょうか?..

1.さんへ突っ込み

これはベトナムの刑訴法です。


引用:

当法律は1988年6月28日に、ベトナム社会主義共和国国会第8次、第3期において可決された。

◎質問者からの返答

ベトナムですか。まじめに間違っておられるのか

はたまた違う見解か。反論お願いします。

あとメールは証拠として機能するのでしょうか?

簡単に当局で書き換えられると思うのですが。


5 ● あしか祭り実行委員長
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%AE%E6%8D%95%E7%8A%B6

逮捕 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A4%E7%8A%B6

令状 - Wikipedia

まず「拘留」と「勾留」を区別しなければなりません。


=======================================

刑法


第16条 拘留は、1日以上30日未満とし、拘留場に拘置する。


=======================================

刑事訴訟法


第60条 裁判所は、被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある場合で、

左の各号の一にあたるときは、これを勾留することができる。


1.被告人が定まつた住居を有しないとき。

2.被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

3.被告人が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき。


2 勾留の期間は、公訴の提起があつた日から2箇月とする。特に継続の必要がある

場合においては、具体的にその理由を附した決定で、1箇月ごとにこれを更新す

ることができる。但し、第89条第1号、第3号、第4号又は第6号にあたる場合

を除いては、更新は、1回に限るものとする。3 30万円(刑法、暴力行為等処

罰に関する法律(大正15年法律第60号)及び経済関係罰則の整備に関する法律(

昭和19年法律第4号)の罪以外の罪については、当分の間、2万円)以下の罰金

、拘留又は科料に当たる事件については、被告人が定まつた住居を有しない場合

に限り、第1項の規定を適用する。


=======================================


ご質問は「拘留期間」ということですから、前者となりその期間は30日未満です。


拘留=裁判で言い渡される30日未満の身柄拘束という刑罰

(懲役(1ヶ月以上、無期まで)の短いものです)

勾留=裁判を受けるために被疑者・被告人を拘束する処分


○逮捕は証拠がいらないのでしょうか?


=======================================

刑事訴訟法


第199条 検察官、検察事務官又は司法警察職員は、被疑者が罪を犯したことを疑うに

足りる相当な理由があるときは、裁判官のあらかじめ発する逮捕状により、

これを逮捕することができる。


(長いんで以下略)


=======================================


証拠は裁判で必要となります。


「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」


これがくせ者ですね。


※以上、私の知識ではなく、ネット検索によりまとめた回答です。専門の方々、

コメントありましたらお願いいたします。

◎質問者からの返答

そうですね。司法権は純粋に独立してるのかやはり時の権力によってグレーゾーンは白黒変わるのか気になるところではあります。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ