人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生物学におけるシグナル伝達についての質問です。

よく、シグナル伝達を正に制御する〜
といった表現が使われますが、
正とか負という意味が理解できません。
分かりやすく教えてください。

●質問者: Kun
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:生物学 表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● blueberryjam
●100ポイント

http://www.tmd.ac.jp/mri/mri-mcb/a2.gif

http://www.tmd.ac.jp/mri/mri-mcb/gaiyou.html

Untitled Page

ある分子Aが活性化状態になったときに(あるいは活性が増強したときに)、その下流にあたる分子Bが活性化される事を、AはBに対するシグナル伝達を正に制御する、といいます。逆に抑制がかかる時には負。


たとえば、この図において、Wnt-1、Wnt-11からのシグナルはDvlの活性化を起こすので、Dvlを正に制御します。同様にさらに下流のRhoA、JNKについては正に制御します。

逆にGSK3βは抑制されるので、GSK3βに関しては負に制御します。


という理解でよいと思います。

◎質問者からの返答

とても分かりやすかったです。どうもありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ