人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

白髪を治す「薬」はないのでしょうか?
資生堂とかのではなく、「医学的なもの」で
解決策はないものなのでしょうか?具体的なページをお願いいたします。

●質問者: ichibanmatomo
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:いもの 医学 白髪 資生堂
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/7件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●40ポイント

http://www.botanical.jp/library/news/149/index.shtml

一部、基となる疾患があって、それによって

副次的に白髪が生じることがありますから、

そういう場合は原疾患を治療することによって

白髪も治る場合があります。


しかし、加齢性や遺伝性の場合。

通常の白髪はほとんどこれですが、

こういう普通の白髪に対しては、現状では

有効な薬物は何一つ見つかっていない、

というのが実情なんですね。


白髪が発生する理由としては、メラノサイト幹細胞の

「自然死」ということがあげられます。


毛根にあるメラノサイト細胞の色素が、

ケラノサイトの蛋白成分ケラチンを着色するので、

髪の毛に色が付くわけですよね。

その色素の供給源が死んでしまうと白髪になるわけですから、

それを再び生き返らせればいいわけなんですが・・・・。


その方法は、きっとあるはずだとは思うんですが、

まだ見つかっていないんです。

弱っているメラノサイト幹細胞を元気づけてやる方法は、

いくつかあることはあります。

でも、死んでしまったものを蘇らせるのは、

まだまだ先の課題なんです。


ちなみに、このメラノサイト幹細胞の寿命には、

遺伝的要素が強く関与することが分かりはじめています。

http://www.hosp.med.tokushima-u.ac.jp/hospital/servlet/index?lev...

徳島大学病院自動ジャンプ

そんなわけで、こちらのページでは、将来の目標として、


> ・各種分子細胞生物学的治療の開発

> 増殖因子、形態形成因子、およびそれらの抑制因子の治療法への応用

> サイトカイン、ケモカイン類の治療法への応用

> 例:c-kitによる白斑、白髪の治療は?


などと書かれています。

将来的には、分子細胞生物学的アプローチで

黒髪を蘇らせられる日が来るかもしれない、

ということです。

http://www.phar.kindai.ac.jp/lab/lablist/yakuyo/std_yakuyo.html

薬学研究の分野においては、

世界の自然に薬効成分を求めて研究を続けている、

近畿大学薬学部薬用資源学研究室などが、

白髪治療剤の開発研究に取り組んでいます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ