人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

肩が前に入っている「内肩」「前肩」を、根本的に直すことは可能なのでしょうか。これは生まれついての骨格の形で、姿勢を良くしたからどうとかいうものではないのでしょうか。

●質問者: ichibanmatomo
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:姿勢 根本
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●18ポイント

http://akinasu.paslog.jp/article/10560.html

林療術院の関節養生訓: 前肩←寝相


「前肩とは、背中が京都菓子の「八ツ橋」のように前方向に丸く盛り上って曲がっている事です・・・」


私の家族もスーツを作りにいったところ「前肩ですねー」と言われ困った経験があります。

上の言葉は、ある整体師の方のHPに載っていました言葉です。

「八ツ橋」とは・・・(焼いた八橋です!生ではありません。)

(学術的に「前肩」と言う言葉はないようです。)


猫背とはちがい、『寝相』が一番の原因のようです。(わが家の家族の寝相とピッタリです!)

「大の字に仰向け」に寝るのが一番のようです。

「四十肩」の原因になるようなので、寝相で直すか、整体に通うかして直した方か良さそうですね。


下記にURLを貼っておきますので、ご覧頂ければ幸いです。


ご参考のURLです。


http://akinasu.paslog.jp/article/10560.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます


2 ● miharaseihyou
●18ポイント

http://www.tenki.jp/

【tenki.jp】日本最大級の天気・気象情報サイト

どちらかの肩もしくは両肩が前にスライドしている場合、たぶん私の症状と同じです。これは胸の筋肉が縮みすぎているからです。胸から肩、首にかけてストレッチすることで緩和されます。完治させるには相当ハードな治療と本人の努力が必要になります。生まれつきではありません。明らかに後天的なその人の癖が原因です。それだけに根が深く全身の姿勢や筋肉の再構成まで考えるべきでしょう。骨格の変形(筋肉しだいで変化します)もあるでしょう。ただ、殆どの姿勢の悪い人は必ずそういった傾向があります。モデルや選手などのような機能的な肉体を目指すことになります。結論は可能です。治療やトレーニングしだいでしょう。私の場合、症状を自覚してから一年以上でようやく道半ばといったところです。しつこいくらい毎日ストレッチしています。鏡を見ながら伸ばしてやってみてください。肩を引いて正しい姿勢でのストレッチです。

◎質問者からの返答

そのストレッチが知りたい。


3 ● kurasinokoizumi
●17ポイント

http://www.nhk.or.jp/kenko/hatsuratsu/2003/20031205/

NHKオンライン

これは大変参考になりました。


4 ● miharaseihyou
●17ポイント

http://www.fuji-sports.com/shop/fitness/fukkindai/shop.html

腹筋台,シットアップベンチ,トレーニング用品全般【送料無料】『通販』フジスポ :--トレーニング用品店

そのストレッチが知りたいとのこと。再度回答させていただきます。まず基本は筋肉を個々に意識する事。胸を伸ばすなら胸。首ならばどの部分がどこに繋がっているかなど、分る範囲で意識してください。肩を引くのは後ろに引きます。鏡を見ながら行います。片方の肩を引いてもう片方の手で頭を引っ張ります。この時どの方向が抵抗が強いか感じながら引きます。同時に顎を開き左右に動かしてみてください。たぶん頬の辺りが引っ張られるのが意識できるはずです。両肩を引き手を腰の後ろに組み胸と顎を反らせやり方もあります。胸をふくらませてみてください。全ての動作はゆっくりと行います。できれば暖かい室内で落ち着いてやってください。呼吸は深く腹式呼吸でゆっくりと。筋肉を意識していっぱいまで伸ばした場所でそのまましばらく寛ぎます。姿勢を弛めた後は少し休みます。ヨガやストレッチの教科書など参考にしてください。ただし、あくまでも、あなたの感覚や肉体に対する意識が主人公です。鏡を見ながら自分自身を改めて感じ取ってください。筋肉は全身に拡がっています。ものすごく意識の抜けている場所がたくさんあるはずです。それともう一つ、絶対に無理に引っ張らないで下さい。逆効果ですし故障の原因にもなります。気持ち良い範囲内で充分に時間を掛けて伸びた分だけ伸ばすゆとりある態度が必要です。なんでもないポーズに見えますが、気持ち良いだけ引っ張った時点で既にその時点での限界まで伸ばしてますから焦って無理するとあっという間に捻挫します。やりかたは意識さえ出来れば自分で工夫できます。あなた自身の問題点を感じ取って補正していく、根気の必要な作業です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ