人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【HIV/AIDS】
コンドームでエイズなどの性感染症を防ぐことが出来るのはわかりました。
そこで質問ですが非感染者同士による性交渉でもHIV感染する可能性はあるのでしょうか。
感染しない場合、一番初めのウイルスはどこから来たのでしょうか?

●質問者: nexdim
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:AIDS HIV ウイルス エイズ コンドーム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● kishiro
●20ポイント

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030619302.html

HIVの起源は「サルを食べたチンパンジー」か

・非感染者同士による性交渉が原因で感染することはありません。

・HIVの起源についてはリンク先を参照してください。


狂牛病もそうですが、近親種の摂食は危険ですね。


2 ● TomCat
●20ポイント

http://platz.jp/~iroiro/naka00-bin/sono07.html

?g?h?u?E?G?C?Y????j

HIVというのはウイルスを病原体とする病気ですから、

非感染者同士の間では絶対に感染は起こりません。


もちろん、実際には感染していても検査で見逃される、

ということは有り得ますから、そういう場合は

感染も考えられますが、100%確実に感染していない同士なら、

何がどう間違っても、ウイルスが存在しない以上、

絶対に感染は有り得ません。


さて、一番初めのウイルスはどこから、についてですが、

これは、元々ウイルスというのは突然変異しやすいもの、

と考えると分かりやすいと思います。


ウイルスというのは生物ではなく、

遺伝子は持っていますが、酵素系を持たないので、

それ単体では何も出来ない、ただの有機物の

玉っころにすぎない存在なんですね。


そこで、感染先の細胞の中に入り込んで、

その細胞の酵素系を利用して、自己の複製を作っていくんです。


他人の持ち物を使ってコピーを作っていくわけですから、

そこには当然、感染先細胞からの色々な影響が及びやすくなってきます。

これが、ウイルスが変質しやすい理由の一つです。


HIVにはI型とII型の二種類が確認されており、

I型は最初の患者が1981年にアメリカで発見されましたが、

II型は主に西アフリカ地域に集中していますから、

HIVは元はアフリカのどこかに特徴的に存在した、

感染してもあまり深刻な症状をあらわさない、

おとなしいなウイルスであったと考える人が多いようです。


それが何かの都合で、誰かの細胞の中で突然変異を起こして、

何世代かを経て、今のウイルスの性質になっていった、

と考えるのが自然です。


これは、ウイルスの種類は全く違いますが、

今問題になっているトリインフルエンザウイルスを考えると分かります。


今はまだ、トリインフルエンザウイルスは

人から人への感染力は有っても弱いと考えられています。

でも、誰かの体の中で突然ウイルスが変質したら、

強い感染性を示すようになるかもしれないわけです。

それが今、最も恐れられることなわけですよね。


HIVは一足先に、そういう人の体に深刻な影響を与える性質に

変質した先輩だ、というわけです。


しかし、幸いなことに、HIVは現状、極めて弱い感染力しか持ちません。

空気にさらされればすぐ不活性化して感染力を失いますから、

ウイルスが排泄される体液との直接の接触さえなければ、

まず感染は起こり得ないと考えていいわけです。


ですから、不特定多数との性交渉を避けるなどの

行動上の注意を払うだけで防げるわけですよね。


そうして感染の蔓延を防いでいくことが、

同時にウイルスがさらに変質していく機会を

少なくしていくことにもつながってくる。


このことに対する理解が、とても大切なことだろうと思います。


3 ● hisam_k
●20ポイント

http://tetsujin.hiho.jp/histry/histry.html

エイズの歴史

お互いにウィルスを持っていない状態でエッチしても、感染らないでしょう。一番初めは、例えば似たようなウィルスを持っていたサルとエッチしちゃった人間がいた、とか。


1.HIVは昔からヒトが保有し、ある一部の種族に存在していたものが最近になって流行した。2.HIVはサルなどの他の種からヒトに伝搬されたとの2つの仮説があり、1.の仮説は、アフリカの孤立した未開部族にHIVは存在し、彼らは遺伝学的にHIVに適合していたが、何らかの理由によりHIVに遭遇したことのない他の部族に移行し、そこで強毒性のウイルスに突然変異した。2.の仮説は、西アフリカに蔓延しているHIV-2は西アフリカ地域に生息するスーティーマンガベイの持つSIVSM由来でサルからヒトに感染したと強く示唆される。反面、チンパンジーの持つSIVCPZがHIV-1と90%類似していることから、HIV-1がSIVCPZ由来とされる所以であるが、世界的規模で流行しているHIV-1の由来を説明するには無理がある。


4 ● Madcap
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BA#.E7.84....

後天性免疫不全症候群 - Wikipedia

HIVの非感染者同士であればHIV感染することはありません。

ただし本当にHIVに感染していないかどうかに関しては、感染してから数週間経たないと検査にひっかからない為、注意が必要です。


>一般のHIV感染検査はこの産生される抗体の有無を検査するため、感染後数週間、人によっては1ヶ月程度立たないと十分な抗体が測定されないため、検査をすり抜けることがある。(ウィンドウ期間)

http://api-net.jfap.or.jp/siryou/aids_soudan/soudanII01.htm#Q%20...

第II章 エイズに関するQ

HIVに関してはこのようなことが推測されています。


Q2 HIVはどこから出てきたのですか?

A アフリカの奥地の風土病だったと考えられています。


HIVはサルの免疫不全ウイルス(SIV:simian immunodeficiency virus)と近い関係にあり、おそらくこれが、ここ100年ぐらいの間に進化したものだろうと推測されています。しかし、SIVはヒトに感染することはあっても、病原性はありません。では、いつ、どのようにSIVがHIVに進化したかについては諸説あり、いまだに結論は出ていません。ただ、エイズは以前からアフリカの奥地に風土病としてあった病気ではないかと考えられており、それが長距離を高速移動できる交通手段の発達などさまざまな要因により、世界的に流行するようになったのではないかと言われています。


5 ● jinny6202
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?qid=1139940417

非感染者同士での性交渉にはなんの問題もありません。無論、発症していないだけで感染している人もいますし、保健所で検査を受けても、そのときは感染を検知できない期間(2週間ほどだった気がします)であった可能性もありますが。

HIVの発祥地はアフリカの田舎、猿の一種が持っていたウィルスが人に移ったと言われています。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ