人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人間は何故3食規則正しく食べなくちゃいけないんでしょうか?それから、何故朝食を取るのは重要なんでしょうか?特に朝食に関しては、例えばパンだけでもいいのか(シリアルで済ませて良いか、甘いものだけでもいいのか)、それともちゃんとバランスを考えなくちゃいけないのでしょうか。
なるべく詳しい説明が欲しいので、1・2行くらいの短い回答はどうかご勘弁下さい。その場合は恐縮ですがポイント少なくさせていただきます。

●質問者: wkgt
●カテゴリ:グルメ・料理 医療・健康
✍キーワード:いただきます いもの それから シリアル バランス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● porinki07
●16ポイント

http://www.kibun.co.jp/oyako/naruse.html

藤井 恵さんの親子クッキング:「キレる」予防は毎日の生活のリズムから 成瀬 宇平 先生

こちらに3食食べる理由が載っていたので転載します。


脳が1日に消費するエネルギーは約500kcalです。これをブドウ糖に換算すると125gで、これが1日の必要量です。1回の食事で肝臓に貯えられるグリコーゲンはたったの60gで、その内の40gが脳のエネルギーとして必要です。脳が1日に必要とする約120gのブドウ糖は、3食(40g×3回の食事で120g)で、効率良く摂り入れることができます。1日3度のバランスの良い食事をしていると、朝から勉強の能率を上げることができるのです。

http://www.shopjapan.co.jp/colum/food.html

家族で楽しい食卓を ■■■ショップジャパン テレビショッピング(ShopJapan TV Shopping)

朝食を食べるメリットはこの辺です。


「お通じがよくなる」:人間の体は、食事をとると消化器系が刺激され、それに伴い肛門の筋肉が緩みやすくなるようにできています。


「集中力アップ」:朝食を食べると、寝ている間に低下した体温が上がり、体が活動する準備を整えることができます。ご飯やパンは消化されて脳のエネルギー源であるブドウ糖へと変わりますので、勉強・仕事に集中できるのです。


「生活習慣病の予防にも」:朝食を抜いて1日2食になると、食事の間隔があくことで、身体はもしものときに備えてエネルギーを蓄えようと働きます。また基礎代謝が悪くなるため、貯めた脂肪を分解する力も落ち、「太りやすい体質」になってしまいます。さらに、朝食を食べない人は、インスリン抵抗性(体内でインスリンが働きにくくなる状態)が高い傾向にあるようです。この状態が長く続くと、糖尿病を引き起こすといわれます。

http://homepage2.nifty.com/a-fujita/s01172.html

朝食にシリアルを食べているのですが、良い組み合わせを教えてください

シリアルについてはこの辺にありました。


最近、販売されているシリアルは多数の微量栄養素が含まれており、手軽な摂取が可能ですが、やはり腹持ちの問題が関係すると思われます。一般的に「低カロリー、手軽」のメリットがありますが、腹持ちの悪さから次の食事や間食の量を増やしてしまう落とし穴が考えられますので、その部分の注意が必要です。牛乳については100g当たり108mgから110mgのカルシウムが含まれ、吸収率も他の食品(小魚20%?32%、野菜18%前後)と比較しても50%と、相乗効果を持っています。シリアルに使用される場合は、低脂肪のものを200ml前後が良いと思います。

又、シリアルだけでは蛋白源が不足しますので、ゆで卵を使用したサラダなどを付けられると良いでしょう。カサを取る意味もボリュームの割には低カロリーの食事になるなど相乗効果が期待されます。

◎質問者からの返答

おお、早速の回答ありがとうございます。理論的で、大変納得できる内容でとても嬉しく思っています。

一応体の代謝についてそこそこ調べたことがあるので、三食必要な理由はなるほどね〜と思いました。体の構造がこうだとすると、一日二食だった昔の人たちはいつもひもじい思いをしていたのかな?それともコストパフォーマンスのいい代謝だったのかな。

朝食は、何も食べないよりはトーストやシリアルだけでも食べた方がマシかな、と思っているんですが…朝もバランスのいいものを用意して食べるのが正直かったるくて…労力と重要性を天秤にかけてコストパフォーマンスを考量してみたかったのが質問の動機です。

むかあし聞いたところでは一日二食の方が健康に過ごせる、みたいな話も聞いた事があります。ちょっと質問を開きっぱなしにして、面白そうな話が集まるか待ってみたいと思います。

どうもありがとうございます。


2 ● PPPz
●16ポイント

http://www.2shock.net/article/0012.html

1日2食健康法 - 疲れの原因は食事にあり - 朝食を抜く

このへんは、いろんな説があるようですね。最近では、URLにあるような朝食を食べない健康法のようなものが書店にも並んでいます。

--

間の体が食事を完全に消化吸収、排泄し終えるまで、18時間かかる。だから1日に1度、食事の間隔をこの18時間ぶんあけないといけない。そうしないと内蔵は24時間つねに活動し続けることになる。

--

ということのようですが、こういったことは、人によって適・不適があるのだと思います。わたしも20年以上朝食を食べたことがありませんが、健康とはいえなくても少なくとも不健康ではありません。


朝ごはんと食べないと「いけない」というのは、小学生などの発育の途上でそういう教育を受けてきて、新聞やテレビなどでも子供の朝食について報じてきていることが刷り込まれてしまっているのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

あ、早速一日二食説がきましたね。やはり色々説がありますか。

私も朝食はとったほうがいいとはおもうんですが、どうにも食欲がなくてどうしようもない時があります。そうすると、自分の体の言うとおりにしたほうがむしろ健康なんじゃ・・・とも思ったりします。

それにしても20年朝食抜きですか。それもすごいですね。でも可もなく不可もなく、ってことならめくじら立てて朝食朝食、って必死になる必要はまるっきりないですよね。

どうもありがとうございます。


3 ● kuroudo
●16ポイント

http://hospital.mazda.co.jp/1/1190_01.html

マツダ病院[Mazda Hospital] 医療ワンポイントNO.1 一日三食

まず最初に、朝食が必要なのは、人間は寝ている間にさまざまな栄養を消費していて、目覚めたときには、かなり栄養不足気味になっているので、それらを補給するためです。

次に、一日三食ですが、これは定期的に栄養を補給する必要があるからです。ですから、三食でなくても、四食でも八食でもいいわけです。

http://3aday.jp/reform/reform200512_2.html

パンだけ、シリアルだけ、という朝食では、摂取できる栄養素が限られてしまうので、いかにも駄目そうですが、それでもある程度の栄養は摂取できるわけです。

その他の栄養素は、その後の食事で摂取すればいいわけですから、食べないよりは、パンだけ、シリアルだけの食事の方が断然いいわけです。

パンやシリアルも駄目というのなら、ジュースだけでも、という手があります。

◎質問者からの返答

なるほど、定期的な補給、という観点ですね。

寝てる間に栄養消費ですか。ふ〜む。考えたことがなかったですね。起床時での栄養消費とはまた違いがあるんでしょうか?

いずれにせよ、朝食は体に無理がない範囲で、あれば食べる、っていうスタンスがいいのかな、って感じています。

どうもありがとうございます。


4 ● untante
●16ポイント

http://glaxosmithkline.co.jp/mn/imode/pages/05_mar/mdcl3.html

????????????

<規則正しく食べなくてはいけない理由>

生体内には約24時間を周期とする体内時計があり、このリズムが神経、内分泌、代謝の働きを調節しています。規則正しい時間の食事も重要な因子で、予定時刻になると消化酵素などを分泌し栄養素を効率よく吸収する準備を始めます。そのため食生活が乱れると、生体の内部環境も乱してしまうのです。

<3食必要な理由>

また、1日の総エネルギー量が同じでも食事回数が少ないと、1度に摂取するエネルギー量が多くなりその分エネルギー過剰となるため、さらに食間が長くなることでいつくるかわからない飢餓状態に備えるため、脂肪蓄積能力が高まり肥満の要因になります。また食事の都度必要とするインスリン量が増え、糖代謝異常(糖尿病)につながります。また、脳の栄養であるブドウ糖の元は肝臓内のグリコーゲンですが、その貯蔵量は60?80gにすぎません。そのため、3回の食事で供給し続ける必要があるのです。

http://www.e-shokuiku.com/guide/4_1_2.html

食生活指針の具体的な内容 2.1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを。

<朝食をとることが大切な理由>

朝食を食べると、すぐに体温が上がり始め、午前中から体温が上がった状態が続きます。ところが、朝食を食べないと、家を出るまで低いままです。通勤や通学でからだを動かすと、少し上がりますが、午前中は体温だけでなく、脳の温度も下がったままなので、眠くなって、あくびが出たりします。朝食を食べると身体の中で熱がつくられて体調も上がります。

また、人間の脳は、順調に働くためのエネルギーが必要です。そのエネルギー源となるのが、肝臓に蓄えられたブドウ糖です。ところが、肝臓には約12時間分しか蓄えがないとされています。朝の食事でグルコースを補給することは重要です。夕食を午後8時に食べて、翌日朝食を食べないと、昼まで16時間もあるので脳までエネルギーが回らず、栄養不足になってしまいます。その結果イライラしたり、集中力がなくなったりすることも考えられます。

http://www.health-net.or.jp/kenkozukuri/healthnews/020/080/k395/...

健康ネット | 健康づくり情報 | 栄養・食生活 | 食事のとり方

<朝食の内容>

1日に必要なエネルギー量の3分の1から4分の1を朝食でとるのが理想で、特にタンパク質を欠かさないことが大事です。とはいっても、長年の習慣は一朝一夕に変えられるものではありません。夜型で朝食抜きだった人は、まず夜食の量を減らすことから始めてください。そして朝は何か1品でも食べる習慣をつけます。実だくさんのスープや味噌汁、フルーツジュース、ヨーグルト(牛乳より消化がよい)など、手軽で充実したものを選び、少しずつ量を増やしていくとよいでしょう。

◎質問者からの返答

総エネルギー÷グリコーゲン貯蔵キャパシティ=3、という図式なわけですね。

あと朝食の必要性で、体温の上昇ですか。あ〜言われてみると何か納得です。脳の温度も低くなっているんですねー。

前の回答にもありましたが、朝食にプラスアルファするのにヨーグルトが良さげかなあ、って気がしてます。

どうもありがとうございます。


5 ● kimizu
●16ポイント

http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search2/aru90/90_1.html

??90???w?_?C?G?b?g??}?????I?H??????????????@?xTop page

簡単に言えば、おなかが減るから、なのですが、

通常、食事後3時間程度で食物が消化され、

4時間経つと、飢餓スイッチ入ると言われています。

飢餓スイッチが入った状態でものを食べると、

脂肪に変わりやすくなります。


要は、

「規則正しく食事を取り、飢餓モードになる前に次の食事」

というのがベストと思われます。

http://www.nagasakiken-eiyoushikai.or.jp/kirei_club/asa_juyousei...

朝食の重要性

ある程度血糖値を上げて脳や神経にエネルギーを与える

必要があります。


朝食を十分に取らないと、頭がボーっとすると思います。

これは栄養が足りないんですね。なので、

バランスの良い食事が必要です。


バランスの取れたシリアル、がよさそうですね。

◎質問者からの返答

ダイエットで、痩せにくい体質って話を聞いたことがあります。このことですね。体の反応からの要請と。

あと朝食は脳の活動、って側面が大きいのですね。あんまり意識したことはないけれど、体が普通に受け付けられれば取るにこしたことはない、ってところでしょうか。

ありがとうございます。

それにしても昔一日二食で過ごしていた人たちはどうだったんだろうか、とても興味があるところです。これは別途質問してみようと思います。

一日待ってみるつもりでしたが、すごいスピードで欲しい情報があつまりましたので、質問終了します。大変満足です。みなさんどうもありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ