人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社法111条1項では、取得条項付株式にするためにはその株主の全員の同意が必要とありますが、
?当該株式を目的(引き換え対象)とする取得条項付株式の株主
?当該株式を目的(引き換え対象)とする取得請求権付株式の株主
?当該株式を目的とする新株予約権者
の保護はどうやって図られるのでしょうか?

●質問者: bossabrass
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:会社法 保護 新株予約権 株主 株式
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● otonashigawa
●40ポイント

http://kaisya.law110.jp/jyoubun/post_111.html

新会社法 第百十一条

111条は、事後的に???のような株式に変更する場合に同意が必要である旨定めるものと思います。これに対して、あらかじめ???で発行する場合は、それに同意して取得するわけですから、特に問題とはならないのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

いや、そうではなくて、2項では株主以外の保護も問題としていることとの比較です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ