人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社法196条には通知又は催告が「5年以上継続して到達しない場合」とありますが、126条2項で到達したものとみなされちゃわないんですか?

●質問者: bossabrass
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:会社法 継続
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● aska186
●40ポイント

http://tokagekyo.7777.net/brush_echo/keiyaku-ans1.html

契約の成立に関する問題 1

126条2項のみなし規定は、民法97条との関係です(意思表示の効力に関する到達主義)。この規定によって、物理的に到達していなかった通知が到達したことになるわけではないですから、その場合(つまり実際に到達しなかった場合)の処理について、196条が定めていることになります。

◎質問者からの返答

まあ当然そういう解釈にはなるでしょうね。ただ、条文だけ見るとそうも読めるので一応質問してみました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ