人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

霞ヶ関のキャリア官僚の仕事内容を教えて下さい。
■質問の理由
彼がそうなのですが、「国会対応で忙しい」といわれても意味不明なため
■回答に関する希望
・X省、X庁の仕事が具体的に知りたいわけではありません。むしろ、省庁、国会関連の仕事の全般が分かるサイトの方が望ましいです
・官僚個人のブログは不可です。(日常生活が知りたいわけではありません)
・政治、経済、国会、官僚、議員等々のキーワードを優しく解説しているサイトが良いです(公民の教科書の発展形がベスト)

●質問者: karibi
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:キャリア キーワード サイト ベスト 公民
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● PPPz
●20ポイント

http://photon7.seesaa.net/article/9052428.html

シーサー株式会社

かなり一般的なないようですが、ここのHPはどうでしょうか。

官僚の仕事について解説されています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ただ、私の知識が根本的に足りない為(官房長官てなんだろ・・・みたいな)、もうちょっと詳しく解説してある方がありがたいです。

でも参考になりました


2 ● Baku7770
●20ポイント

http://www6.plala.or.jp/kannauraha/public06.htm

公務員用語録

公民の教科書には絶対書かれない内容です。


書いたら検定で撥ねられてしまいます。


URLで、「質問」の項を読んで下さい。


国会中継で小泉首相や××大臣といった方が回答しておられますが、実際に回答を用意しているのは各省庁の官僚である場合が殆どです。


野党の議員にしてみれば国会の質問は

・与党を困らせてやろう

・自分の名前を売ってやろう

・自分の政党が有利になる政策をとらせよう=与党の政策を邪魔しよう

といった、意図で質問をしてきます。


そうすると与党との間で議会でこの政策を進められるようにとかこの法律を成立させようとしていたのが、大臣のちょっとした回答での失言で吹っ飛んでしまいます。


http://www.satokenichiro.com/syuisyo00.htm

議会で質問されなくても質問主意書といった形でも質問してきます。


たった20分とかの質問時間のために1日どころか数日費やし、議会中は大臣から「こういった資料を持ってきて!」という命令に即座に対応するのが彼らの会期中の1日です。


幹事長の次男にホラエモンだか誰かが献金したらしいといった質問で今どうなっているか、報道をご覧になればご理解いただけるかと思います。

予算が承認されなければ、国の事務(専門用語です。事業と考えて下さい)全てストップです。ですから今の国会は皆さん(官僚)ピリピリしています。

◎質問者からの返答

公務員用語録、面白いですね。思わずニヤリとしてしまいました。

この用語集は使わせて頂きます。

まだまだ回答募集します。


3 ● wiateria
●35ポイント

http://www.ops.dti.ne.jp/~makinoh2/official/offcial.html

offcial

「公民の教科書の発展形」とはいえませんが、

公務員が「国会対応で忙しい」などの実態について詳しく書かれています。

◎質問者からの返答

おお! これはいいですね〜。

まだ全部は読んでいませんが、民間しか知らない私としては「なるほどなるほど」と思うことばかり。


4 ● torimori
●35ポイント

http://www.rcctv.jp/roi_danton/Notes/Essay_042_Parliament.html

ややブログっぽいですが、国会と役人の関係がよくわかると思います。実際、国会期間中の某省庁に(許認可の関係で)行ったことがありますが、「?法が審議入りしました」とか庁内放送で流れていて、霞ヶ関にとって国会は一大イベントなんだな?、と妙に実感しました。

◎質問者からの返答

おお!これもいいですね。文章も綺麗で読みやすいです


5 ● KIKOlove
●35ポイント

http://www.kantei.go.jp/jp/link/server_j.html

リンク集 -首相官邸ホームページ-

URLはダミーですので、御希望に沿えなければポイント不要です。


「国会対応で忙しい」ことの体験談として書きます。


国会議員が国会で質問をする際には、委員会開催の前日夕刻までに質問する内容を知らせてもらい(国会審議で「通告しています。」と言う議員もいますね。)、それが国会対応窓口課(総務課との呼称が多いかと思います。)の職員で議院にいる者がどの省庁に係る質問か割り振りをします。

そして、割り振られたら、どの部局か割り振ります。その次にどの課か割り振ります。

各省庁に対応した委員会のもの(「国土交通委員会」等。)であれば総合的な予算委員会よりはその労は少なくて済むかと思いますが、この辺は私は詳細には存じません。


おそらく彼氏さんはある課の「企画係」というところにいらっしゃるのではないかと思いますが(最も人数が多いことから勝手な推測です。)、それは課の中での国会対応をもする係です(課の中の代表的な係です。)。

その係に部局から質問が届けられ、係で判断して必要ならば他の係と意見調整をします。

質問に対する答弁そのものを書いてもらうこともありますが、だいたい企画係で書くかと思います。その上で他の係の仕事に属するものはその係の人にこれでいいかと問い合わせます。

係では、係長またヒラの係員の仕事になりますが、課長補佐、課長(課長の下に専門官などの職にいる人がいればその人も。)の添削(平たい表現で書きますと添削です。「決裁」と言います。正式な決裁ではないので印鑑やサインをするものではありません。サインをする人も中にはいます。)を受け、部局の窓口係、課、部局長、国会窓口担当課長、さらに必要に応じ官房長、大臣の添削を受けます。


これは一つの課で済む質問の場合ですが、いくつかの課、部局、省にまたがる場合は、主として答弁を書くところが答弁を作成して、他の必要なところの添削を受けます。

この調整が「国益なくして省益あり」と言われるように、各省庁で意見が異なることが多々あるため、その回答待ちでさらに時間はかかります。

当然、回答を待っている間に、他の仕事もしています(キリがないほど仕事はあるので。)。


また、予算がらみの質問になると、課内でも予算担当係や部局の予算担当課、省内の予算担当課、財務省との意見調整も間にはさまります。


意見調整や添削が順調に進めば話は楽ですが、そうでなければカンカクガクガクの議論をすることにもなりまして、さらに時間は費やされます。


どういう質問をするかを議員が早く出してくれればいいのですが、夜中になってやっと質問内容を知らせる人もいて、その間は、担当係に質問があるかどうかわからないので、質問が来たらすぐに対応できるように夕食などで外出するにしても近場ですませることになります。

国民の代表たる議員に、「早くしろ」などとは言えないので、公僕はじっと待つことになります。

野党の話がありましたが、与党の程度の低い(と言ってしまいますが。)議員になると、質問内容を何にすればいいのかを官僚組織に逆に聞くことすらままあります。


特にスポットの当たっていない課であれば、国会対応も滅多にないので暇と言えば比較的暇ですが(それでもその日の仕事が終わるのは夜中です。)、法案を抱えていると「個人の日常生活」などなきに等しいです。


また、国会対応をする係は先にも書きましたとおり課の代表ですので、その課に関わることはすべてみなければならないということにもなります。


もっとも、「キャリア」と言われる一種の公務員がすべてそういう仕事に携わっているとは限りません。


余談ですが、地下鉄の駅は「霞ヶ関」ですが、町名としては「霞が関」です。←こういうことにも細かくなってしまうのです(^^;

http://www.cao.go.jp/minister/index.html

大臣・副大臣・大臣政務官 - 内閣府

コメントにありました「官房長官」とは、わかりやすく言えば今なら安倍晋三さんです。内閣の代表は総理大臣ですが、実務的なとりまとめは官房長官になりますので、女房役とか、内閣のスポークスマンとも言われます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%98%E5%83%9A

絎???? - Wikipedia

参考程度です。


1のブログは、なんのことかな?です。

2の用語集は、それなりに面白いですが、正確かというと疑問なところもあります。

3は、以前私も見つけて、まぁまぁ当たっているとブックマークしております(^^; ただ、この筆者はまだ地獄を見ていないなという感想は抱きました。


出先ですのでこの程度にしておきます。

◎質問者からの返答

現役の方ですか。ご回答ありがとうございます。

今まで紹介いただいたサイトも含め「国会対応で忙しい」の理由はよく分かりました。

これ以降投稿下さる方は、「国会対応」から

離れたサイトを紹介してくださると嬉しいです。

それこそ、公民の教科書の発展形希望です。

キャリア官僚から離れていただいてもかまいません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ