人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本は将来、中国に跪く事になりそうですか?

理論的にお願いします

●質問者: yakumoaoi
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:中国 理論
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● schwalbe
●15ポイント

http://google.com/

Google

url=dummyです。


日本に残された物は技術力だけです。先進的で高付加価値な製品を常に世に出し続ける。

これがなされなければ、日本は圧倒的な労働力の差で中国に差をつけられ、

国内・国外から資本的に廃絶されていってしまうでしょう。

しかし、日本に先進的な技術力さえ残されていれば、

どう足掻かれたとしても、その技術を使わざるを得ない訳ですから、

特許等で優位に立って日本が生き残る事が出来るでしょう。

◎質問者からの返答

技術で優位に立つ


2 ● nischiura2006
●15ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/ODA

政府開発援助 - Wikipedia

現在の中国の経済的発展には日本からの円借款抜きには全く考えられません。戦後保証の代替として行われている大盤振る舞いが無ければ、また日本が(余りにもお粗末な管理の粗悪な中国製産品の)輸入を制限すれば中国のこの数年間の見かけ上の経済発展は吹っ飛んでしまうでしょう。

ですから、かつての中華思想はいずれ破綻して日本にもの物乞いをする日も近いでしょう。

◎質問者からの返答

実は中国単独だとそれほど凄くない


3 ● infomail
●15ポイント

http://kobachan.exblog.jp/2764920

熱湯浴のつぶやき :

もちろんいろんな視点がありますが、こちらにもあるように、私個人は中国の成長はいつまでも続かないのではと思っています。今の中国経済の成長が「格差」を前提として成り立っているのであれば継続は難しいはずです。靖国批判などが単にそれを回避するための手段でなければいいのですが。

http://www.ne.jp/asahi/takeuchi/hiroshi/hinnpukakusa.htm

中国の経済成長と貧富格差

同じような内容ですが、そうならないために何が出来るか今のうちに考えることが重要ということだと思います。

◎質問者からの返答

成長の限界と世界最大の経済格差

恐怖政治の行き着く先は・・・みたいな?


4 ● masanobuyo
●15ポイント

http://www.goo.ne.jp/

goo

跪く事はしないと思いますが、中国なくして日本の経済は語れないと思いますよ。

今だってパソコン人口は1億ですよ。

日本の人口に匹敵する人がパソコンを使ってます。

日本で売るより莫大な数がはけます。

その影響が無いわけが無いでしょう。

良い隣人になることが肝心です。

お互い切磋琢磨して、隣人としての関係を築くべきです。

それには跪くという卑屈な関係は不用です。

◎質問者からの返答

んーと、こちら側としてはそれが望みなんですが

今の中国を見ていると、将来成長しきった中国は隣人としてではなく属国として日本を扱うように思えてきたんで・・・


5 ● sarumonkey
●15ポイント

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/kokugo/toushin/001217b.ht...

????????????????{??

現在の国際社会において、人材・資材が世界規模で流通していることは言うまでもありません。その上、情報流通もネットの普及でいまやボーダレス。そうしたビジネスの現場で国境が消えつつある中で、世界各国の人が共通言語として選んだのは英語でです。結局、そこを国家としてどう深刻に考えてゆくか?が、勝って行く国と、負ける国との境目になると思います。

http://www.kirihara-kyoiku.net/peripatos/05/01_3.html

WEB Peripatos

アジア諸国、とりわけインドや中国は、そうした社会に対し、英語教育の大革新をいち早く行いその成果を挙げてきました。

安く豊富な労働力、意思疎通に問題の生じない語学力、これで技術力が完成すれば、中国に怖いものはないでしょう。

高い労働力・言語の隔たりが当たり前の日本という国は、「極東のエキゾチック」という文化的な側面以外なんの魅力のない国に成り下がることは明確です。


ですから、この英語教育の質アップ、実践力のあるスキルを国家として会得しないかぎり、日中の戦いには敗れるしかないのではないかと思います。

◎質問者からの返答

日本は英語教育をしっかりとして国際化しないと単なる鑑賞国家に成り下がる

そしてここでも重要なのが技術力。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ