人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

デスノート(DEATH NOTE 原作大場つぐみ 漫画小畑健)(漫画)読者にマジで、尋ねます。マジで、考えてください。

もし、以下の5つの条件が成り立つと仮定して…

1,デスノートや類する道具があり
2,主人公ライトのような「世の中を悪人のいない、善人が住みやすい世界にする」という目的を果たすため
3,同じくライトのように、並外れた頭脳を持っている人のみが
4,強盗・殺人・放火・累犯窃盗など、凶悪犯罪者と考えられる(起訴済み or 指名手配されている)人間
5,上記1の道具で、4のような人間の生命を奪う行為について

次の、1か2について、どちらかといえばどちらの考えですか。
1,極悪人は、改心可能性が低く、再犯の可能性が高く、仲間を犯罪に巻き込みやすいこと。他方、他の人間に対する犯罪抑止力があるのは確かなので、許される場合はある。

2、法治国家であるならば、上記による「私刑(私人による刑」は例外なく許されない。また、上記行為が許されると、その道具を持たない人も「凶悪犯罪者らしい」人に「私刑」を加え、社会の秩序が乱れるので、いかなる条件であっても許されない。

●質問者: kenpo43
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:DEATH NOTE デスノート マジで ライト 乱れる
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1382/1382件

Q01.
A. 1のように、デスノートのような道具による裁きは許されることもある
549
A. 2のように、法治国家であるならば、例外なく禁止されると思う。
833
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ