人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(スティーブン・スピルバーグ監督最新作の映画)【ミュンヘン】を見た人にお尋ねします。
http://munich.jp/main.html


現実問題として敵がそのまま生きているのは許せなく、自分たちの権利・正義を貫くため、暴力による復讐をするというテーマについて、映画を見る前よりも、どちらに心が動きましたか。


あらすじ(ミュンヘンサイト Storyより)
1972年、ドイツミュンヘンオリンピック開催中の選手村に、パレスチナゲリラ(ブラック・セプテンバー 黒い9月)が侵入。イスラエル人の選手など11人が人質となり、全員が死亡した。イスラエル政府は、パレスチナのテロ行為と救出に失敗したドイツ警察を始めとする各国の対応に激怒。ゴルタ・メイア首相は自分たちの手で首謀者へ【報復】することを決意する。

●質問者: kenpo43
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:1972年 9月 STORY イスラエル ゲリラ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1000/1000件

Q01.
A. 1,自分たちの正義を守るため、少なくともテロ首謀者・実行犯に対して、暴力による復讐は許される場合はあると思う。
225
A. 2,法に則った裁判で裁くべきであり、テロ首謀者・実行犯に対しては、あくまでも発見して法で裁くべきであり、暴力による復讐はやめた方がいいと思う。
775
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ