人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネットで本を買うと各書店横並びで1500円で送料無料になるところが多いですが、1500円という金額になっているのには何か理由があるのでしょうか?

●質問者: click9999
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:ネット 書店 無料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● PPPz
●25ポイント

http://www.hon-michi.net/soryo.htm

ネット書店を送料で比較(送料無料の本屋は?) - 本のみちしるべ

想像の域をこえないので、ポイントは不要です。


まず、一律で1500円で送料無料ということはないと思います。


大手のオンライン書店では1500円で送料無料が多いのですが、おそらく最大手であるamazonにあわせているのだと思います。複数の配送会社があるとはいえ、コンビニ受取などではなく自宅への配送であると、配送会社もいくつかにしぼられてきます。そうなるとコストは同じ条件に収束しますので、採算ラインも同じような設定になるということではないでしょうか。

また、同じ市場での競争で商材(書籍)の単価からみても、1500円という設定が妥当なラインということになっているのではないかと推察します。


2 ● TOURCONTAKUTER
●25ポイント

http://www.bookmall.co.jp/bunka/shiryo/shiryo07.html

?o???A???????i??????M?j

再販制度(定価販売)適用になっている書籍は、およそ77%程度の掛率で小売に入荷します。(10年前の書店バイト時のデータなので一部変動あり)


1500円×23%=345円 クロネコヤマトなどが受託している送料の金額程度になり、ペイする限界ラインということかと思います。


紀伊国屋などは当初 15000円以上送料無料でしたし。

◎質問者からの返答

なるほどー。有難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ