人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社法162条2号の趣旨を教えて下さい。

●質問者: bossabrass
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:会社法 趣旨
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/2件

▽最新の回答へ

1 ● ich-izen
●40ポイント

http://homepage1.nifty.com/msekine/kouen/kaisyahou33.html

???Ж@

以下は、リンク先からの引用です。

===================================

会社法162条は、特定の株主からの株式の買い取りについて、それが相続によって取得された株式の場合は、定款の定めがない場合であっても、他の株主の売渡請求権の適用を排除し、相続人からの株式を買い取ることができることとしました。

ただし、相続人が株主総会において議決権を行使した場合は、この手続は採用できないことになります。議決権を行使した場合は、相続人が株主として振る舞うことが確定してしまったので、その相続人を特別扱いする意味が無くなったと解するわけです。

したがって、代表取締役が死亡した場合に、死亡退職金を支払う旨などを株主総会で決議し、その決議に相続人が参加した場合は、他の株主を排除しての自己株式の買い取りは行えないことになります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ