人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

100円ショップはどうやって品を仕入れているのですか。中国などから輸入したりしているのはわかりますが、システムが理解できません。どうやってビジネスが成立しているのか簡単に説明してください。知識ゼロから100円ショップのお店を立ち上げるまでの準備など詳しく載っているサイトなども教えてください。

●質問者: asakarc
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:100円ショップ サイト システム ゼロ ビジネス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● springflush
●10ポイント

http://k.excite.co.jp/hp/u/9201579/?pid=0001040914&yid=&...

100円ショップは儲か るの?

こちらに載っている文章がいくつかのサイトに裏情報として載っていました。

削除されたのか見れないところばかりになっていたのでこちらのページを紹介します。

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/kaden/1080103503/l50

???????o?[?{???n?E?X??

バッタ品やバッタ屋で調べると色々出てきます。

http://gogen-allguide.com/ha/battamon.html

ばったもん - 語源由来辞典

http://blastbeat.sugoihp.com/BG-Grasshopper.htm

????????u?o?b?^?v

http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~j00028/koneta/battaya.html

$B>.%M%?(B

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4753918459/249-9962421-...

Amazon.co.jp: 100円ショップの魔術商法: 本: 三浦 あかね

サイトではないですがこちらの本に詳しく載っているようです。

読む価値はありそうです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● sakurazusi
●40ポイント

http://web-japan.org/nipponia/nipponia17/ja/trend/index.html

NIPPONIA

しかしダイソーは、「100円以上の価値があるものを100円で売る」ことを考えた。そして仕入れ単価と仕入れの数の関係を逆手にとった戦略に決めた。つまり1000個の発注では仕入れ単価が1000円以上かかる商品を、数十万個も大量に仕入れれば、単価は大幅に下がる。この仕組みから、仕入れ単価が100円以下になるまで仕入れの数を増やせば、本来500円や1000円で売るべきものを、たったの100円で販売できるという論理だ。

以後、この手法は小売業界全体に広がり、その結果、商品全体の質が向上することにつながった。

一方、商品の高品質に加えて、品 えの豊富さも人気の理由の一つである。店の規模にもよるが、取り扱い品目は数万項目に達し、ほとんどの生活雑貨が うのはもちろん、民芸品や辞書、CDといったものまで販売している。さらにハサミだけで数十種類、文書ファイルは数百種類、化粧品は1000種類以上……と、同じ品目でも目移りしてしまうほどに種類が多い。しかも毎月多くの新商品が投入され、消費者を飽きさせない。

「100円ショップは、値段以上に価値のある商品とそれを選ぶ楽しさ、快適さを売る主婦のレジャーランド。飽きられたら、おしまいなんですよ」

と、ダイソーの矢野博丈社長は説明する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/100%E5%86%86%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%8...

100円ショップ - Wikipedia

これに対し、現在の100円ショップチェーン最大手の「大創産業」創業者の矢野博丈社長は商品の品質アップに力を入れる(一部には採算割れの商品も含む)ことで、催事販売を依頼するスーパーや百貨店の信用を勝ち取り、1991年に最初の常設店舗を開設した。

(中略)

その結果、現在では、いわゆる「バッタ屋」時代に主流であった、金融品や処分品を安く仕入れて販売することは少なくなり、大量の店舗による販売力を生かして国内外のメーカーへ自社専用商品(プライベートブランド)の形で大量に生産を委託することで、仕入れ価格のダウンと品質の確保を両立させることが多く行われている。


安定供給の観点では、海外メーカーへ委託したものは価格を抑えるために船舶を用いた輸送に依存している場合が多く、コンビニエンスストアのほとんどが導入しているPOSシステム等を用いたリアルタイムな商品動向の追従や対応ができない。その結果、メディア等で紹介されて商品がヒットしても供給量を増やすことができず、一過性で終わる可能性が高い。これら弱点とも言える不安定供給の問題は、購買層にも徐々に浸透し始めており、次回来店時の欠品といった不安要素にもなり、価格とも相まって購買意欲をそそる結果も生まれている。


その他100円ショップの販売手法など色々載っています。

http://www.maruyoshi100.co.jp/kaiten.htm

100円ショップの卸売問屋さんのサイトですが、開店のお手伝いをしてくれるそうです。

http://www.orange-inc.co.jp/win/index.html

http://www.100kun.com/

ひゃっくんドットコム!

100円ショップのフランチャイズという手もあります。

http://j-net21.smrj.go.jp/venture/startup/kouri01.html

J-Net21:100円ショップ

100円ショップ開業の手順が書いてあります。

参考になるかも。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。まさに求めていた回答です。


3 ● yudon
●10ポイント

http://www.din.or.jp/~ninegate/Sinfo/Htms/100shop/100shop.htm

???????F100?~?V???b?v?c?c?????????閧

こちらはどうでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ