人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エンターテイメント的な芸術で、以下の中に当てはまらないようなものを探してください。

【音楽(音の集合体)】
【絵画・彫刻(色や形の美しさを創り出す)】
【詩・小説(文字の集合体・物語)】
【お笑い(人を笑わせる技術)】
【ダンス(人の動きで表す芸術)】
【映画・ドラマ(立体的で動きのある物語)】
【漫画(二次元の絵による物語】

ただし、同じ分類に含まれるものは不可。
例:陶芸=彫刻(色や形で美しさを表す)
演劇=映画・ドラマ(立体的で動きのある物語)
ミュージカル=映画・ドラマ+ダンス+音楽の複合

良回答には高ポイントです。

●質問者: komap2
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:お笑い エンターテイメント ダンス ドラマ ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● sokyo
●45ポイント

http://www.apple.com/jp/

アップル

こんにちは。URLダミーです。


・手品・大道芸

なんかはどうでしょうか? あげていただいた定義では

この2つをすくえないと思います。


・ワークショップ

もないようですね。

コミュニケーションを提供する点が、ワークショップの中心だと思うので、

それはやっぱり質問文であげていただいたものとは違うような。


・料理

料理を作る過程を見せるのはエンターテインメント的な芸術だと思いますし、

その結果できた料理は芸術ではないかと感じています。


五感を考えれば触覚や嗅覚が出てきませんが、

これを使ったエンターテインメント的な芸術はちょっと思いつきませんね。

◎質問者からの返答

手品!

まぎれもなく、錯覚を見せ驚かせることで魅了する特殊なエンターテイメントですね。

ワークショップは定義で言うと

1 仕事場。作業場。

2 研究集会。講習会。

3 舞台芸術などで、組織の枠を超えた参加者の共同による実験的な舞台づくりをいう。

エンターテイメントとしては、ちょっと規模が小さく限定されすぎるかもしれませんね。

「行うことで、行っている人以外の不特定多数の人間を楽しませる」ということを目的とした芸術が理想です。

料理!これは盲点でした!

たしかにこれは芸術以外の何物でもないですね。

良回答ありがとうございます。

それと自分で一つ思いついたので追加で

【スポーツ】

フィギュアスケートのように動きで美しさを魅せるものは【ダンス】の部類に入ると思いますが、陸上や水泳などタイムを競う競技は、肉体を極限まで鍛え、人間の限界点に立とうとする芸術だと思います。


2 ● hwtnv
●0ポイント

http://www.dnp.co.jp/artscape/reference/artwords/k_t/media_art.h...

Art Words - artscape

「メディアアート」コンピュータを使ったインタラクティブアートが該当するように思います。

◎質問者からの返答

「メディアアート」の定義が広いようで解釈が難しいですが、これは

絵画・彫刻のように色や形の美しさを創り出す+映画のように立体的で動きのある物語

の複合だと思われます。


3 ● HALMIN
●0ポイント

http://cgi3.synapse.ne.jp/~sagaso/art/yomi.cgi?mode=kt&kt=00...

ガーデニング・盆栽なんかはどうでしょう。

【絵画・彫刻】に該当しますか?

「育てる」ことが含まれているので、また別物かな?、と思ったのですが。

http://japan-fireworks.com/

???{????

あとは、花火。

【絵画・彫刻】のように留めておけないという点から。

◎質問者からの返答

なるほどなるほど。

ガーデニングはたしかに「生き物を育てる」という特殊な一面がありますよね。

しかし最終的には「美しい物を作る」であり、たしかに過程も楽しめるものではありますが、過程はほとんど育ててる本人しか楽しめませんよね。

見る側を魅了するのはやはり美しい完成品だけですので、絵画・彫刻の色合いが強いと思います。

花火は彫刻の一種だと思います。

「壊すために作り、壊れる瞬間を楽しむ」という彫刻なんかもありますので。壊れる「動き」を楽しむという面では演劇・映画にも近いですね。


4 ● りくっち
●5ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B0%B4

香水 - Wikipedia

http://www31.ocn.ne.jp/~outlook/ernestbeaux.html

調香士エルネストボー

香水の世界…調香はどうでしょうか。

五感のうちの嗅覚に訴える芸術ということで。

◎質問者からの返答

お、嗅覚で来ましたか。

たしかに「調香」は他とは違う芸術の一種にあたりそうです。

しかし、エンターテイメントという面では微妙な気がします。

香水など「匂い」の芸術は他人に魅せるにはあまりにも不向きなんですよね。

匂いは空気中に残ったり、衣服に移ったりしてしまうこともあり、嫌煙されがち。

匂いで感動するというのもほとんど聞いたことがありません。

しかし最近では香水以外にも、アロマキャンドルなど作られた匂いで癒すような利用方法も増えていますので、【調香】は今後エンターテイメントとして発展していくかもしれませんね。


5 ● tomomaru
●25ポイント

http://www.syabi.com/

東京都写真美術館

【写真】はどうでしょう?

絵画・彫刻の、「色や形の美しさを創り出す」というのと

少し要素は重なるような気もしますが。

そこにある自然や風景や人物といったものの「瞬間を切り取る」という意味では

また違ったものかなということで。

◎質問者からの返答

写真!なるほど!

創り出すといっても元々自然界に存在するものを「切り取った」作品なので、絵画のように新しい物を創造するのとは違いますよね。

かといって、映画やドラマのような映像ともまた違う、ほんの一瞬の「歴史を切り取る」ような意味では独自の芸術を感じさせられます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ