人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近企業の採用で「地頭がいい学生を採用したい」ということをよく聞きますが、地頭がいいとは何なのか。そして、発達段階のどの時期にどのようなトレーニング方法がいいのか。教えてください。

●質問者: kaihatsu
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:トレーニング 企業 地頭 学生 採用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● amadeous
●15ポイント

http://allabout.co.jp/career/consultingfirm/closeup/CU20041110A/...

コンサルタントの必須要件 地頭の条件 - [コンサルティング業界で働く]All About

このサイトによりますと、

「地頭がよい=

頭の回転が速く、論理的に物事を捉えられ、抽象的な概念の扱いに苦労しない

といった感じでしょうか。」

とのことです。


2 ● kanta77
●15ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094182918/503-9855829-...

Amazon.co.jp: 地頭が強い人間は仕事ができる―35歳までに必ずやっておくべきこと: 本: 中島 孝志

このような書籍もあるようです。


参考になれば幸いです。


3 ● power1
●30ポイント

http://allabout.co.jp/career/careerlanguage/closeup/CU20050514A/...

転職コンサルタントが語る「転職の現実」Vol.1 採用される人 - [語学を活かして働く]All About

ポテンシャル採用の採用基準のひとつとして、よく地頭(じあたま)がいい人なんて言いますね。この地頭がいいとはどういうことなのかと考えますと、1.自分の考えを的確に伝えられる 2.相手の意図を正確に理解できる 3.必要な情報を集め、判断→行動に移すことができる ということだと思います。1、2はいわゆるコミュニケーション力ですね。キャリア採用の場合も専門性に加えてパーソナリティーが重視されます。どんなパーソナリティーかというと、1.変化を好み改革を受け入れられるタイプ。新しいことを取り入れられる、自分の過去の成功にこだわらずいい意味で自己否定のできる人ですね。2.プレゼン力、コミュニケーション力のある人。まわりに伝えてまわりを巻き込むことのできる人です。それから、3.いやな人じゃない。業界や職種によって、採用基準は異なりますが、こういったパーソナリティーは共通して求められるのではないでしょうか。


地頭とトレーニングは相反する概念がもしれません。


4 ● uochoco
●0ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E9%A0%AD

地頭 - Wikipedia

その企業の経営者はよほど古ぼけてるのでしょう。競争に勝てるはずがないので無視しましょう。


5 ● nischiura2006
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1140491855

人力検索はてな - 最近企業の採用で「地頭がいい学生を採用したい」ということをよく聞きますが、地頭がいいとは何なのか。そして、発達段階のどの時期にどのようなトレーニング方法がいいの..

逆に地頭が悪いとはどういうことなのかを考えて見ましょう。与えられた課題に対して事前に訓練した方法でならうまく対応できるが「想定外」なことに出くわすとパニックになり実力を発揮できない人のことでしょう。ですから、「地頭がいい」とは未知の事象に出くわしても慌てず冷静に過去の既知の事象と比較検討し、最適な解決策を独創できる人材と言えるでしょう。これは塾・予備校で問題の解き方ばかり習って応用力の乏しい学生が増えてることを繁栄してるのでしょう。と言うことはトレーニングで獲得できるものではなく、家庭で親(特に母親)がうまく子どもも知的好奇心を刺激しそれを学校で伸ばすと言うのが理想のモデルですね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ