人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

代表取締役が持っている車(約100万円)を社用にする際に、手続きや会計の計上はどのようにすればよいでしょうか?また、社用にするデメリットはあるでしょうか?会社のためにしか使っていないので、費用計上できれば、と考えています。例えば会計上は代表取締役からの借り入れにして、そのお金を返し、名義を会社に移すのかな、と考えています。宜しくお願いいたします。

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:ビジネス・経営 趣味・スポーツ
✍キーワード:お金 デメリット 代表取締役 会社 会計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● myanswer
●35ポイント

http://www.nikko.co.jp/corporate/mnr/executive/index.html

日興コーディアル証券|会社・役員間の税金

>会計上は代表取締役からの借り入れにして、そのお金を返し、名義を会社に移す


←リース(賃借)期間満了後に所有権が移転するという取決めは法人税では売買として扱われます。それなら初めから、社長から時価で買って、減価償却費で費用化(損金計上)したらいけないのでしょうか?会社のためにしか使っていないのならそれが一番正常な気が。


この場合、注意すべきなのは、商法上会社と役員の取引(利益相反取引)に該当するので取締役会の決議が必要です。また税務上は売買価格に注意する必要があります。


(少々複雑ですが、簡単に言うと、時価より低すぎるとその差額は、受贈益として益金課税されますし、時価より高すぎるとその差額は役員賞与とみなされ、損金不算入で税法上経費に認められません。)


いずれにせよ適正な価格でやっていれば問題は起きないと思います。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2418/sohan2.html

株式会社 利益相反取引

http://www.tabisland.ne.jp/news/account.nsf/41e67c63f77aa5df4925...

≪参考までに≫

◎質問者からの返答

なるほど!ありがとうございます!


2 ● sami624
●25ポイント

http://www.kansai.ne.jp/topp/4snews/200408/04080201.htm

問題は、不当に高額で会社が買い入れ、代取に所得が発生したとみなされることです。よって、年式・車種等により実勢相場を確認し、実勢相場で会社が買い取れば、税金上の問題は発生しません。

会計上は売買の方がいいでしょう。借入とすると、当該車種のリース料の実勢相場を確認する必要があり、サンプル検索が大変だからです。

◎質問者からの返答

なるほど。単純に社用に使っているので、金額は買った金額で請求してもらうようにしたいと思います。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ