人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ボウリングのボールって、たとえばとっても平らな場所で転がした場合、どのくらいの距離を転がるんでしょうか。力学的に説明できたりするんでしょうか?

●質問者: kobutan
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:ボウリング ボール 力学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● hiroki6117
●15ポイント

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/energy3.html

エネルギー

摩擦・空気抵抗がない限り、永久に転がり続けます。

◎質問者からの返答

ん?????


2 ● konamushi
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

「転がす」って事は、ボールにE=mV^2のエネルギーを加えたことになります。平らなところで転がすので、位置エネルギー(高さに起因)は変化しません。

とまるって事は、加えたエネルギーを消費しなければなりません。この場合、空気抵抗や転がり摩擦抵抗により、熱エネルギーに少しずつ変換され消費されます。空気抵抗や、転がり摩擦は大きさや材質で変わってくるでしょう。空気抵抗に夜熱を普段感じることは出来ませんが、スペースシャトルが地球に戻るとき高温になるってことでお分かりになるかと思います。転がり摩擦で熱が出ることは高速道路を走ってサービスエリアに止まったときタイヤを触ってみる事で体験できます。


3 ● sinclair9
●14ポイント

http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=2114736003/K=%E5%8A%9B%E5%AD%A6/...*-http%3A//ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9B%E5%AD%A6:detail]

その前に聞きたいのですが転がす力はいかほどなのでしょうか?

平らな場所でボールを転がす、ということは転がすエネルギーが生じるということです

あなたがエネルギーを提示しないということは意図的なのかそれとも単に忘れただけなのかはわかりませんが・・・

あるエネルギーで転がしたボーリングの球が水平な場所でどのくらい転がるのかを

動力学で説明することは可能だと思います


ちなみに1番の方が言っているのはエネルギー保存の法則のことです


4 ● ライ_タソ
●14ポイント

http://www.tokyo-bay.ne.jp/~watanabe/ecorun/frameset/main_window...

転がす際にボールに加えたエネルギー

=摩擦力の総和+空気抵抗の総和


⇔0.5M・V^2=μM・L+空気抵抗の総和


但し

M;ボールの質量

V;ボールの初速

L;転がる距離

μ;ボールと転がす面との動摩擦係数


で、Lがあなたの求めている値となっています。空気抵抗についてはまだ高校生なので手に負えません。(計算する際には無視した方がいいのでは?)


5 ● ライ_タソ
●14ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

訂正及び補足

0.5M・V^2=μM・L

0.5M・V^2=μMg・L


g;重力加速度


で、空気抵抗を無視して変形すると


L=V^2/2μg


となります。これより、μ→0(つまり摩擦を無視)⇒L→∞となり、これが一番目の回答の理由となります。

◎質問者からの返答

なんだかよくわかりません・・・。

ばかでもわかるように説明おねがいします


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ