人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

童謡「せいくらべ」で「柱の傷は一昨年の」と歌っていますが、どうして一昨年なのですか?去年はやらなかったのでしょうか?

●質問者: takarin473
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●1ポイント

http://www.ma.ccnw.ne.jp/tree/seikurabe.htm

??????????

コレは親が定期的に測っていたモノではなく

おにいさんがたまたま(しかも、ちまきを食べながら)

きまぐれで測ったので去年は測らなかったのだと思います。


2 ● soorce
●24ポイント

http://www.towa-osaka.com/contents/feature/knowledge_02.html

藤和不動産 大阪支店|お役立ち情報 | 新築マンション・分譲マンション

作詞をされた海野厚さんが、毎年5月頃に帰省をしていて弟さんたちと背比べをする習慣だったそうです。

ところがある年、病気で帰れずその時に「来年はこうしよう」と作った歌詞だから「おととしの」なのだそうです。


しかし、残念ながらその「来年」が海野さんに訪れることは無かったのです。

・・・というような事を書いているページもありますがこれは間違い。

第一節が作られたのが大正8年、海野さんは大正14年に28歳で亡くなられたので、せいくらべの約束は果たされた、と考えられます。

http://www.maboroshi-ch.com/edu/ext_40.htm

第31回 『背くらべ』


3 ● akagi_paon
●24ポイント

http://web.archive.org/web/20020117051912/http://www.reimy.com/d...

> 童謡「背くらべ」の作詞は静岡県静岡市出身の海野厚


> なぜ柱の傷の背くらべが一昨年なのか?


> 実はこれは海野が早稲田大学在学中で、

> 去年は体調を崩し静岡の実家へ帰省できず、

> 背くらべができなかったので柱の傷が一昨年のものなのだ。


だそうです。


4 ● PPPz
●24ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396313608/anymore-22/r...

Amazon.co.jp: 童謡なぞとき―こんなに深い意味だった: 本: 合田 道人

こんな本もあるようです。

http://72.14.207.104/search?q=cache:ApX9RwfCWSQJ:www5b.biglobe.n...

キャッシュページですが...

--

静岡に関わる童謡シリーズ第3弾 「せいくらべ」


「せいくらべ」の作詞者 海野厚は明治29年8月12日、静岡市曲金で7人兄弟の長男として生まれました。

厚らが通った西豊田小学校には「せいくらべ」の碑と厚の顔が描かれた大きな絵が掲げられています。

「柱のきずはおととしの 五月五日のせいくらべ・・・」

どうしてきずは一昨年で、昨年のきずはないのか。

そこには、病と闘った兄の悲しい物語があったのです。


厚は中学(旧制)卒業後、可愛い弟妹を残して上京し早稲田大学文学部へ入学した。最初は俳人志望であったが、童謡雑誌「赤い鳥」へ童謡詩が掲載されるようになり童謡作詞家へと変貌したのです。

厚はたびたび故郷に帰って弟妹の背を測ってやったといわれる。しかし、待っていたのに昨年は測りに帰ってきてくれなかった。厚は東京で肺結核をわずらっていたのです。

一番の作詞から4年経って、中山晋平は厚を元気付けるために二番の詩を作らせました。病床で二番の詩を書き終え、富士の見える故郷へ帰ろうと大正14年5月にとうとう静岡へ帰ってきたが、5月20日、天才海野厚は逝った。28才のあまりに短い生涯だった。富士山を見ることも、大好きな弟妹たちのせいくらべもしてあげることも二度とできなかったのです。

--

というような背景があるということです。


5 ● kamisama
●7ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%87%8E%E5%8E%9A

海野厚 - Wikipedia

去年は、東京の大学にいっていた兄さんが帰省できずに、計ってもらえなかったからだそうです。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ