人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

毛皮について質問します。「装飾用の動物の毛皮は生きたまま剥ぐ」という話を聞きますが、それが本当だとして、毛皮生産のうち、どれぐらいの割合で行われるのでしょう?。
あと、「生きたまま皮を剥ぐ」利点というのは何かあるのでしょうか?。

●質問者: MWAVE
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:動物 生産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●18ポイント

http://blog.drecom.jp/hanabochi/archive/115

あなたの着ている毛皮は大丈夫?-●はなぼち生活●

生きたままの方が毛の質がいいからだと思います。

しかし、そんな小さな利点より

命を落とすという欠点の方がはるかに大きいですが・・・

◎質問者からの返答

> 生きたままの方が毛の質がいい

という根拠は何なんでしょうね?。血を抜く「活け締め」ってことでしょうか?。


2 ● laq
●18ポイント

http://fur-free.com/index.html

中国毛皮養殖場の内側 FUR 毛皮はいらない

このサイトの情報がどれだけ正確なのかは分かりませんが、そういうことが行われていたとしても正確な統計情報は出にくいでしょう。


基本的には殺した直後に剥いでも、生きたまま剥いでも、毛皮の品質にはそうたいした違いはないはずです。動物の剥製を作る現場では、屠殺場で殺してから皮を剥いでいました。

もしも生きたまま剥ぐ利点があるとすれば、


・殺す際に皮に余計なキズが付く可能性がある。

・殺す手間と時間を節約できる


ぐらいしか思いつきません。


牛などの大型の動物は、いくらなんでも生きたまま剥ぐのはムリでしょうから、小型の動物に限られるでしょう。

◎質問者からの返答

> 殺す際に皮に余計なキズが付く可能性がある。

皮を剥ぐために無抵抗な状態にし、かつ毛皮に傷を付けないようにするには、殴るか薬でしょうね。薬は手間やお金がかかりそうですから、やはり殴るのが一番かな。

とりあえず殴って、(生死に関わらず)動かなくなったら皮を剥ぐというのは、確かに合理的でしょう。


3 ● komap2
●24ポイント

http://positron.hacca.jp/jpfur.html

usalovers

↑は結構ショッキングな画像が含まれていますので、心臓の弱い方はご注意ください。


つまり、殺してからだと筋肉が硬直して剥ぎにくくなるってことではないかと。

http://www.jmar-chinainfo.com/pastnews/200202.html

2002?N2???z?M?j???[?X

>>【市場報】 中国、高級毛皮の生産・消費大国となる 世界の毛皮競売取引量の4割を占める


生産量のほとんどがアジア圏らしいので、4割どころか8割以上は同じようなやり方をしているんじゃないでしょうか。


毛皮を全面的に否定はしませんが、やっぱり生きたまま皮を剥がすのはちょっと可哀想ですよね^^;

◎質問者からの返答

> 筋肉が硬直して剥ぎにくくなる

なるほど!。死後硬直の状態よりも「意識がなく、グッタリした状態」の方が皮が剥ぎやすいのは間違いないでしょうね。また、スムーズに剥げずに無理矢理剥ぐと皮が痛むということも考えられますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ