人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【米国での、進化論vs創造論の議論に関心がある方】 米国での、進化論vs創造論の議論に多少なりとも関心がある方、ご意見をお聞かせ下さい。

[質問 1] あなたがこの議論(議論そのもの、もしくは米国で議論が加熱しているという事実)に関心を持った理由はなんですか?

次の内容以外でお願いします。
「進化論はすでに広く受け入れられている理論にもかかわらず、議論になっているから」

[質問 2] この議論について、もしくは進化論について日頃抱いている疑問、もしくはこの度思いついた疑問がありましたらお聞かせ下さい。


直接的な回答のみで全く問題ありませんが、
意味深い説明が伴っているものにはポイントを多く配分します。

URLはダミーで構いません。もちろん関連のある興味深いサイトなら歓迎です。

●質問者: spin6536
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:URL あなた いるか サイト ダミー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●24ポイント

http://kuha_72.at.infoseek.co.jp/

?i???_??n???_ ?\?\??w??M??\?\

まず私は現在も過去にも宗教団体に所属していません。

今から15年位前、私は工学部の大学生でした。学校の図書館の科学雑誌を読んでいるとき、始祖鳥の絵を見て「爬虫類が鳥類に進化したなら、今現在でも鳥類になろうとしている爬虫類がいるはずではないか」という疑問を持ったのが始めです。始祖鳥は現在、化石でしか存在しないのですから、絵で描かれているトカゲと鳥の中間のような姿は、想像図でしかないのです。

その後、様々な精神世界の本を読み、今では創造主の存在を確信しています。

ただ、創造主がいることをどうやって証明したらいいかわかりません。

◎質問者からの返答

いつもありがとうございます。

過渡期の生物の化石が見つからないのは進化論の大きな穴の一つですね。


2 ● Baku7770
●24ポイント

http://www.ne.jp/asahi/seven/angels/index.htm

創造科学

創造科学を全く信じていませんので、勝手に議論しとけという感じです。

http://www.meken.med.kyushu-u.ac.jp/~tosakai/virusevo.html

私は進化の全てを一つの学説だけで説明するのは無理だと考えています。

例えば、ウィルスによる突然変異なら、一番目に誕生した生物と二番目に誕生した生物。ウィルスがどう関与できるのだろう?ここは宇宙線か何かが関与したに違いない。といった具合です。

第一、突然変異が負の方向にしか働かないってどうやって証明できますか?そういったものは多いでしょう。でも、負に働いたかどうかはその当時の環境と以後子孫が繁栄したかどうかで決まるものであって、誰かに判定できるものでもありません。むしろ長い地球史の間で有意義な突然変異は多々あったのではないかと考えます。

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/seimei/seibutsunoshinka-01.htm

生物の進化

以下私が抱き続けている疑問です。

?猫科の瞬発力と犬科の持久力を併せ持ち、多産の肉食動物は存在したのか?

?単細胞生物と多細胞生物への進化はどのように行われたのか?

?進化の過程において数世代で滅びてしまった生物はどれだけ誕生したのだろう?

?ステゴサウルス等剣竜の交尾はどのように行われたのか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ちなみに質問のなかで私が「創造論」として意図しているものは、創造論全般であり、創造科学のみではありません。創造科学は創造論のほんの一部分に過ぎないと理解しています。私の意見では、一般的な創造論と比べて、創造科学のほうは科学的なアプローチや証明された事実に対する理解に乏しいと思っています。


3 ● Motamota
●24ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B...

ミッシングリンク - Wikipedia

[質問 1]

信教の自由を謳っている国家で、何故特定の宗教の教義を学校で教えねばならんのか?

という理不尽を感じています。

そういうことは教会や家庭に任せて学校では科学を教えてほしいと思います。


私自身は幼少から聖書や福音に親しんでいますが、創世記の始めの方に書かれていることは

おとぎ話であって、いちいち真に受けるのは馬鹿げた事だと思っています。


[質問 2]

人間は今後進化できるのかどうか。

というか、する必要はもう無くなったのか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。学校で特定の教義を教えることへの疑問にはわたしも同感です。それと同時に、完全に証明されていない進化論を事実のように教える教え方も問題だと思っています。

創世記の話がでたので、次の地質学者のコメントを載せておきます。このページを見ている人にとって興味深いかと思って。Motamotaさんのご意見と幾分ぶつかる内容ですがお許し下さい。

地質学者Wallace Pratt: 「地質学者としてのわたしが仮に,地球の起源および地球上の生命の発展に関する現代の考えを,創世記が語りかけた諸部族のような,素朴で牧歌的な民に手短に説明するように求められたとしたら,わたしは,創世記 1章にある表現法の多くに固く従う以外の良い方法を考えつかないであろう」


4 ● きょくせん
●24ポイント

http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/index.html

進化論と創造論 〜科学と疑似科学の違い〜

私は先祖代々の浄土真宗東本願寺派の門徒です。私自身高校で西本願寺派の教育を受けていますが、少なくとも私は仏教の視点から創造論を学んだ事はありません。


それはさておき、

大学時代は分子遺伝学を専攻していました。んで、宗教にもある程度興味もありましたのでものみの塔の信者さんやカトリックの信者さんらともこの件については議論をする機会を得ました。


私がこの件に関心を持ったのは生物学を専攻していて、進化論にも興味があり、アメリカの事象も聞いていたから、です。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/6832/kgh_main.html

進化論とは、すべてが仮説であり、追証できない学問分野であると考えています。

個人的には木村進化論(分子進化の中立説)と今西進化論(棲み分け説)、ドーキンス進化論(延長された表現型・利己的な遺伝論)が妥当ではないかと考えていますが、その辺りは人それぞれでかまわないんじゃあないかと思います。


意図的汎スペルニア説なんかも否定できない話でありますし。


進化論が論ぜられる時、それはその論が説明しようとしていた部分を越えて比較され、その是非が検討されることが多いように思えるのですが、私はこれはナンセンスだと思っています。


例えば、インフレーション理論(共産主義の社会進化論を生物の進化論に当てはめた論・生物は来るべき局面において自ずから進化を遂げる)というのは生物進化の局面のみを説明しているだけで、その仕組みを説明している訳ではなく、木村進化論は小さな突然変異が積み重なって大きな進化に繋がる?そしてそれは生物にとって有益にも不利益にも関係なく起こるというのは進化機構そのものを説明しようとしたものだと思うのです。


ですので、それらは分離検討されるべきではないか、とも。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。おっしゃるように進化論のそれぞれの節の数は生物学者の数だけある、とも言われているようですね(もちろん誇張ですが)。分離検討はいいと思います。ただ、解となる過去に起こった出来事は一つですので、一世紀以上の研究、議論の結果としてもうすこし各論が収束してきてもいいんじゃないかとも思います。


5 ● gettoblaster
●24ポイント

http://d.hatena.ne.jp/gettoblaster/

gettoblasterの日記

僕自身は標準的日本人で、宗教は冠婚葬祭用としか認識できません。なので世の中の宗教は排他的で原理主義になってしまうのかというのが理解できず、その一つの現象として、進化論vs創造論の議論に興味があります。また、ネオコンの人たちなど、現代の政治としてどうなの?と思う派閥が支持される、アメリカ中南部メンタリティの表れの一つとしても興味があります。


疑問としては

・進化論を支持する敬虔なキリスト教徒っているんですかね?そのひとって矛盾に悩んだりしないのですかね?

・その逆に、クリスチャンでもないのに、創造論を信じている人ってのもいるんでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。米国の保守的な層の動きは日本人から見て真に理解するのが難しいことがありますね。

ちなみに回答して頂いた疑問点ですが、私の推測ですが、新訳聖書のみを信じているクリスチャンの方は進化論を信じている場合もあるのではないでしょうか。

二番目の疑問に関しては、クリスチャン以外の宗教で神を信じている人は少なくありませんし、それらの人が創造論を信じていても不思議ではないと思います。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ