人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「そろばん」「計算」「算数」に関する言葉&その語源を調べています。 トリビア的な面白ネタ、宜しくお願いします。

●質問者: tooh11
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:そろばん トリビア ネタ 計算 語源
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●13ポイント

http://gogen-allguide.com/so/soroban.html

算盤(そろばん) - 語源由来辞典

いかがでしょうか


2 ● KairuaAruika
●13ポイント

http://home.att.ne.jp/delta/sskn/etymology.html

etymology

こちらも

http://homepage1.nifty.com/kmiya/etymology.html

????o?????p?P??

いかがでしょうか


3 ● onem
●13ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E6%95%B0_%28%E6%95%B0%E5%...

関数 (数学) - Wikipedia

関数はもともと函数と書く。これは英語 function の中国における訳語である函数(ハンスー)をそのまま輸入したものであるが、「函」が漢字制限による当用漢字(教育漢字、その後の常用漢字)に含まれなかったことから1950年代以降、同音の「関」へと書き換えがすすめられた。「函」は「はこ(箱)」の意味を持ち、function がブラックボックスの意味合いを含むことから、「函数」は function の音訳であるとともに意訳である。


とのこと。

http://www.soroban.com/faq/fag5.htm#11

そろばんは江戸時代に中国から伝わったものですが、当時、数字は漢字で表現しましたので、縦表記、そしてそろばんは横に計算すると言うので、大変計算しにくかったそうです。そこで、数字を読む人(読み手)とそろばんを計算する人の二人がいて、初めて計算が出来ました。(因みに見取り算が出来るようになったのは算用数字が入った明治になってからです。

そこで、読み手の人が「では一つ、これから計算をお願いします」という意味で「願いましては」という言葉が生まれました。

同時にごわさんでという言葉は算盤用語でそろばんを払いゼロにすると言う意味があるとのことです。


とのこと。


4 ● vinaka
●13ポイント

http://gogen-allguide.com/

語源由来辞典

そろばんは

そろばんは、室町時代末頃に、中国より日本へ伝わった。

古代中国では、数を数えることを「算」といい、数を数える「盤」という意味で「算盤」となった。

算盤を「そろばん」と読むのは、唐音の「ソワンパン」が訛ったとする説が有力とされ、琉球語の「スヌパン」や「スルバン」、「走盤(そうばん)」からといった説もある。

そろばんは、当て字で「十露盤」とも書かれるが、昔は「三羅盤」や「曾呂盤」など50種以上の当て字が使われていた。


このサイトは語源由来辞典です。

どうぞ☆


5 ● Broadway
●13ポイント

http://shuzan-gakko.com/rekishi/

そろばんの歴史 全国珠算学校連盟

http://www.rs.kagu.sut.ac.jp/~infoserv/museum/si/soroban.html

Soroban

ちょっと失礼します。

パチパチと音を鳴らしながら、足し算、引き算、掛け算、割り算……懐かしい風景ですね。


ちょっと文章が小難しいですが、トリビアちっくなものです。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~spgas/oaa/kei/k1.htm

計 算 機 の 歴 史

http://www5a.biglobe.ne.jp/~spgas/oaa/kei/k2.htm

計算機の歴史 2(和算について)

まずは御紹介まで。御役に立てれば幸いです。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ