人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

常識的に「これは知っておけ」というようなテクノの名盤を教えてください。古いものよりも割と新しいものを希望しています。

●質問者: けんすう
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:いもの テクノ 名盤 希望 常識
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● Platanus
●15ポイント

http://www.makigami.com/mkr/tompal.html

マキガミサンタチ MAKIGAMISANTACHI

TSUTAYAには登録がないそうですので、リンクから見てください。昨年暮れに出たばかりの、マキガミサンタチの『トンパル』。これは新時代のテクノとして絶対おさえておきたいアルバムだと思います。なんたって、あのヒカシューのヴォーカル、巻上公一さんが中心となったアルバムなんですから。


機械的なテクノのエッセンスを残しながら、現代の打ち込みとは違う人間の温かみと、超人的な表現技法を駆使した名盤です。ほんと、これは価値あるアルバムです。


あとは、ヒカシューで言えば、やはり1991年に出た『ヒカシューLIVE』でしょう。20世紀テクノシーンを語るには、絶対に外せないアルバムです。

http://www.rock-avenue.com/japan/hikashu.htm

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005H0FB/qid=11416064...

Amazon.co.jp: LIVE: 音楽: ヒカシュー

◎質問者からの返答

おお!興味あります!さっそく購入してみたいと思います。


2 ● zumeblog
●15ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000007149/503-9041971-...

Amazon.co.jp: Jelly Tones: 音楽: Ken Ishii

98年の作品なので「割と新しい」といえるかどうか微妙ですが、KEN ISHIIの『Jelly Tones』を推薦。深遠なるディープテクノ。私がテクノにはまるきっかけを与えてくれた作品です。プレミアついてますが、できればプロモ映像のつく限定版の入手を推奨します。

あと、97年の作品でSquarePusherの『Hard Normal Daddy』もおすすめです。厳密にはテクノではなくドラムンベースというカテゴリになると思いますが、そういうカテゴリ分けを超えて、これは聴いておくべき超名盤です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005T7KC/

Amazon.co.jp: Hard Normal Daddy: 音楽: Squarepusher

◎質問者からの返答

KEN ISHIIはいいですね!

プロモ映像を見たことがないので探して見ます!

SquarePusherのそのアルバムは

当時中学生だった私にすごいインパクトを与えました。

売ってしまって長らく聞いていなかったので

また購入してみようと思います。

ありがとうございます!


3 ● lsty
●20ポイント

ちっとも新しくはないですが、テクノの流れという物を重視した場合、こんな感じでしょうか。

■デトロイトテクノ

・デリック・メイ「イノベイター」

・ケン・イシイ「インナー・エレメンツ」

※「ジェリー・トーンズ」の方がポップですが、こっちの方がケンイシイの危うさが出ています。

■アンビエント

・VA「アーティフィシャル・インテリジェンス」

※エイフェックス・オウテカ参加

■アシッド・テクノ

・電気グルーヴ「ビタミン」

■ミニマム

・サージョン「サージョン(surgeon)」

※とにかく繰り返しだけなので、買わなくて良いけど(笑)

■ドラムンベース

・ロニ・サイズ「ニュー・フォームズ」


ドラムンベース以降、ブームはトリップホップの方に移り、テクノの勢いが無くなっていったイメージがあります。

ほぼ同時期からDJミックス物が多く発売されるようになって「テクノ=フロアで聴く音楽」という認識が強くなり、家で聴くためのリリースが少なくなったのも一因でしょう。

◎質問者からの返答

電気グルーヴのビタミンはすてきですね。

個人的にはFLASH PAPA MENTHOLも好きです。

たくさんあげていただきありがとうございます!


4 ● fum_k9
●20ポイント

http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/techno/detail_155067.ph...

CISCO RECORDS|DE9 Transitions

現在のテクノ界におけるトップアーティストRichie Hawtinは外せないでしょう。彼は常にテクノの新しい表現を模索しており、今作では複数のトラック(2?5)をカットしループさせて再構成し、全く新しい音を作り上げるということをやってのけました。(特にDVDだと今なにがかかっているかが視覚的に分かるのでオススメ)

そして今、テクノにおける新しい音として「クリック」というジャンルが注目されているのですが(Richie Hawtinも立役者)、クリックの名盤と言えばカナダのAkufenによる「My Way」です。これを初めて聴いたときは衝撃でした。音楽におけるコラージュという表現がぴったりでしょう。2002年の発表ですが全く古びない名盤です。それから、みんな大好きデトロイト系ではJoris Voornの「Future History」が最近のアルバムの中ではダントツではないでしょうか?Technasia直系の亜流ではありますが。「incident」がフロアでかかると必ず歓声があがり→そのまま陶酔モードへ。泣けます。

そして、Herbertのアルバムはどれも実験的で素晴らしいと思います。詳しくはAmazonのレビューを。

後、個人的にはケルン系の音が好きなので、DJ Koze、Michael Mayer、Superpitcher、Adaあたりも良いと思いますがアルバムという形ではあまり出ていないですね。

また、Aphex TwinとかAutechreとかPlaidなどのWarp系は最近元気がないような気がしますが、名盤が多いと思います。ファンとしてはがんばって欲しいです。

テクノ界をざっと見渡しての名盤だとこんな感じですかね。なんか少ない気がしますが、アルバムという形だと意外とこんなものかもしれません。

長文になりましたが、参考になりますでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000646F1/qid=11416132...

Amazon.co.jp: My Way: 音楽: Akufen

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005B9JQ/qid=11416137...

Amazon.co.jp: Bodily Functions: 音楽: Herbert

◎質問者からの返答

おおおお、詳しい説明ありがとうございます!

知らないのばっかりだったので、

これは勉強になります。すてきです!

warp系は元気ないんですか…


5 ● nischiura2006
●10ポイント

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ymo/

YMO

JAN:4582116550984


割と新しいという条件には当てはまりませんが、テクノを語る上でYMOは知っててよいでしょう。

後クラフトワークなども聞いてみると今のテクノの意味・味わいが変わって感じるのでは無いでしょうか?

◎質問者からの返答

クラフトワーク、まあり聞いたことないんですけど、

最近、やはり聞かないとだめかなぁ、と思ったりしていますね。

ありがとうございます!

割と新しい、というのは、

人それぞれの感覚で結構です!

自分が新しいと思えばそれでいいですし、

むしろ期間を限定しないで、

個々人の感性に任せてみました。

「どこまでテクノか」という質問も受けましたが、

それも自由だと思っています。

極端な話、テクノだと自分が思えばテクノじゃないかなぁ、と

思ったりもしています。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ