人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

山は何処から山か?例えば標高の10%からか?独立峰でなく連山だったら何処からが一方の山で、何処からがもう一方の山か?

●質問者: Ryuichiro
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:標高 独立
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● m-sho
●40ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1

山 - Wikipedia

ブリタニカ百科事典では、相対的に2000フィート(610m)の高さを持つものを山としている。


2 ● alanmark
●10ポイント

http://www.gsi.go.jp/

GSI HOME PAGE - $B9qEZCOM}1!(B

山の始まりに明確な定義はなく、考え方によっては海面から上が全て山であるとも言えます。国土地理院によれば、ジオイドという「東京湾平均海面」が水準点となり、その日本水準原点の数値は244,140mだそうです。

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/detail/wwwboard/messages/10177.htm...

同じく地理院で「山」「定義」で検索すると以下のような文面がありました。


国土地理院:日本の山岳標高一覧 1003山

日本地図センター 1991

によれば

1989年に国土地理院では「山の高さに関する委員会」を設置し山の定義、頂上のとらえ方、山名の取り扱いなどについて検討されました。1003山の標高、緯度経度、三角点のありなし、三角点の等級、都道府県の最高地点などがまとめてあります。山の定義については、つぎのように記されています。


山とは地表面が高く大きく盛り上がったものと考え眺めた感じで一つの山の範囲を定める。山には一つの頂上に斜面が集まる単純なものもあれば複数の峰、複数の頂上を持ち全体の総称としての山名(例:穂高岳)と部分的な峰や山頂部に別の山名(例:前穂高岳、涸沢岳など)を持ったものもある。


とありますが定義というより一般に「山」といわれているものの再認識に過ぎず曖昧さは残っています。


3 ● Asuca
●10ポイント

http://homepage2.nifty.com/sangaku/ftp/prose/prose03.htm

広辞苑第五版では、山とは「平地よりも高く隆起した地塊。谷と谷との間に挟まれた凸起部。古く、神が降下し領するところとして信仰の対象とされた。」と書かれています


隣接したピークの扱い

結論を言ってしまうと、数値で表せるような山の定義をつくることは難しく、慣習的に山と認識されているピークを山と扱うしかないようです。


4 ● kyouko200
●10ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

URLはダミーです。資料なくてすみません。


山は、山の頂上の所を『??山』と呼びます。山脈だと、下の部分が隣の山と繫がっているので、つながっていないところ。

簡易な絵で書くと、とがったところです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ