人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

代金を支払わない顧客(個人)に対する処置を教えて下さい。

金額的には10万円程度なのですが、遠方なので、電話・メール・郵便でのやりとりしか出来ません。

あと、細かいことなのですが、

・その方がブラックリストに載っているかどうか調べる方法
・取立に直接行った場合、交通費+作業費等は請求できるのか。
・半年以上支払いを延滞している場合、利息を取る事はできるのか。

等も合わせて教えていただければ幸いです。

●質問者: harabushi
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:いるか ブラックリスト メール 交通費 半年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●20ポイント

http://www.netdeoshigoto.com/lecture/chapter3_2_03.html

商品代金後払いを利用するショップは注意!未払い客にはこう対処しよう

まずはここにあるように振込み確認メールを送って、それでも音沙汰がない場合は内容証明を出します。

http://www7.plala.or.jp/daikou/naiyou/

はじめての内容証明 〜内容証明郵便にトライ!〜

◎質問者からの返答

有難うございます。

「入金がなければ『内容証明郵便』を送る」

ですね。

効力はあるものなのでしょうか?もし自己破産などしていたら・・・と、不安がたくさんあるので、その後の事も教えて下さい!


2 ● vinaka
●20ポイント

http://civilpro.law.kansai-u.ac.jp/kurita/legalDocument/lawSuite...

????????p?i??/?????????x??????

当方はインターネットで健康食品の販売を行っております。

クレジット契約になるので、クレジット契約書を送りかえしてこない顧客も多数います。

また、一方的にクーリングオフの通知のみで商品を返品しない顧客も多数います。


そこで、ある程度の期間を設け、われわれは連絡が取れない(電話・メールで返答がない顧客)

顧客に対してはまず内容証明郵便(配達記録付)を送付します。


次にまだ連絡が取れない場合は小額訴訟を行います。


これで大半は回収できます。


ブラックリストに載っているかどうかに関しては、調べることが出来ません。

(信販会社によっては教えてくれたりもするが基本的には違法)

またブラックリストといっても情報を取り扱っている機関(CICなど)

はさまざまなので、ブラックリストと一概に言ってもいろんな種類があります。


直接取立てにいった場合、契約書にその旨が記載されていないと、厳しいと思います。

顧客が納得しないかぎり払う義務は顧客にはありません。


利息についても、契約書に記載していないと、単なる商品の売買契約になるので、

とることは不可能です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ブラックリストは知らべる事はできないんですね。

契約書は存在しないので、無理そうですね・・・

現在当方が行っているのは、毎月の請求と、電話による催促だけなんです。


3 ● hamster078
●20ポイント

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tyoutei%20wakai%20jidan....

紛争の解決方法⇒示談,調停,訴訟(小額訴訟),和解,示談,支払い催促

内容証明郵便でも効果がない場合は、簡易裁判所で支払い催促を出してもらうといいと思います。

◎質問者からの返答

なるほど。

ありがとうございました。

それでも支払って頂けない場合はどうなるのでしょうか?


4 ● cateyes
●20ポイント

http://www.kazu4si.com/HP/kaisyuu/nakami/syougakusosyou.htm

少額訴訟の手続き 簡易裁判所

小額訴訟してしまってはどうでしょうか?

認められればそのまま裁判所が強制執行してくれるはずなので、財産差し押さえして支払われるはずです。

しかし、被告人(相手)が望めは通常の裁判へと移るので、もしそうなったら裁判する費用が必要になりますけどね。

でも、「代金を支払わない顧客(個人)」が裁判起して代金を支払う義務は無いと訴えるとは思えないので、小額訴訟ですっきり終わると思いますが、相手の方がどんな方なのか分かりませんので絶対に大丈夫とは言い切れません。


小額訴訟をする前に『内容証明郵便』を送ってその中に滞納金として利息も載せておいて、その後その内容証明郵便&販売した記録とを元に小額訴訟をおこせばよいのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

財産を差し押さえる。

そういうことができるんですね。

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ