人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【?】中国についてご意見お聞かせください。

1.中国の経済成長と今後の可能性(日本との比較など)

2.中国の食品・資源の可能性(現状比較など)


※短すぎる回答はご遠慮ください。

●質問者: dsa
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:中国 意見 比較 経済成長 資源
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● alfa156ts
●16ポイント

http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html

アジアの安全な食べ物:中国の7色に輝く河川と食品

こんな状況が現状かと思われます。


残留農薬の値など、「検査で見つからなければ何をしてもいい」と思われているため、実際のクォリティはそんなものでしょう。


日本企業の直営農場などは多少マシであることを期待したいですが、彼らの文化(上記)や、進出する日本企業の道徳レベルの低さから、それほど違いが有るとも思えません。


経済成長はきっと続けるでしょうが、上記のように、日本の戦後のような環境問題を置き去りにするやり方では、今後は大きくブレーキがかかる可能性もあるでしょう。

ただし、国としてのモラルが低いために問題にならずに、成長を続けるかもしれません。

◎質問者からの返答

すいません、説明不足でした。

マイナス要素は限りなくあると思うのですが

プラス要素を教えていただきたく思います。

よろしくお願い致します。


2 ● macinmac
●16ポイント

http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200406/jingji26.htm

『人民中国』

日本にも好影響があるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060211-00000012-san-int

これだけ大きな力があります。


3 ● sami624
●16ポイント

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2001&d=1113&f=sto...

中国情報局ニュース

?中国のプラスイメージと言えば、華僑による活発な貿易活動が第1に挙げられるでしょう。

?一種排他的な組織性を内在しているにも拘らず、金銭ビジネスに結びつく案件については、既存資本主義諸国の企業以上に、ビジネスチャンスの成功力があると言う点でしょうか。

?低賃金と質素な国民性により、今後の経済成長性も高くなることが見込まれており、貿易パートナーとしては、外すことが出来ない重要な国と位置づけることが出来るでしょう。


4 ● なぽりん
●16ポイント

http://www.9393.co.jp/

中国株・投資・グルメ・健康・起業等がテーマの情報コラム-ハイハイQさんQさんデス

台湾、中国、日本をいったり来たりして暮らしているきゅう永漢さんが詳しいです。

1.中国は大きな頭数の国民をかかえており、それが負担でもあり可能性でもあります。可能性としてはひとつの国として最大なので、なんとしても経済成長をせざるをえないので、国も共産主義でありながら「先にできるものから富を得て貧しいものを助けよう」などと対策を頭をしぼってやっています。日本は目標にされており、マンパワーでは莫大なものがあるので、いずれ同等に近いものになるでしょう。

http://www.hatena.ne.jp/1141613683

人力検索はてな - 【中国農村対策】無知なのでさっぱりわかりません。 このニュースの概要を私でもわかるように説明してあるサイトはありますか? また、中国は共産主義なのになぜ格差が生じ..

2.食品、資源についてはやはり土地も広大ですが、石油についてはものすごくがっついてますよね。CO2排出量、公害の煤煙なども気になるところですが、逆に希土類など日本が中国に頼らなければならないところもあるのです。

技術的にゼロからではなく、省資源で先をゆく日本その他の国の存在があるので(ただでまねされるのはすごくいやですが、このまま資源だけ食い尽くされるのも困るし・・・)メカをつくるにしても石油が足りないことがわかっており政府の省エネ指導でものすごく絞り込めばなんとかなるのでは、いやしなくてはならない、と思います。


ちなみにNO.1の方の回答urlはかなり有名ですが、信憑性に疑問があるようです。

http://sinseihikikomori.bblog.jp/entry/213874/

真性引き篭もり/entry

では真っ向から反論しています。


永漢さんはしばしば旅行レポートを掲載してらっしゃるので、生の情報がしりたければそれが一番だと思いますよ。


5 ● gettoblaster
●16ポイント

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/4500.html

図録▽経済成長率の推移(各国比較)

中国のこの20年ほどの成長度合いはすごいとしかいえません。成長の要因は安い人件費と外資を受け入れるようになったということです。

そのおかげで、色々な外資が労働集約型産業中心に流入し、中国を「世界の工場」に変えました。

おかげで沿海部の賃金は上がっていますが、内陸には安く使える人間がまだうじゃうじゃいるので、やりようによってはまだまだ外資にとって魅力的であり、今後も成長を続けられるでしょう。

リスクは色々ありますが、外資&輸出だのみの経済なので、世界経済の影響を受けやすく、政治的に混乱すればすぐ外資が引いてしまう可能性があるということでしょうか?あとは、元切り上げでドルベース賃金が上がり輸出競争力を一気に失う事ですか。

華僑や台湾、香港を見る限り元々は商売が上手い民族だと思うのですが、共産党支配が長く続いたため市場の機能がいまいちで、銀行もボロボロのようですし、民族資本の成長力はまだ?です。

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/0305.html

図録▽中国における主要作物の輸出入動向

沿海部中心に所得が伸び、いいもの食うようになったため食料供給には色々ミスマッチがあります。ただ、内陸の労働力は安いので本来は農業の競争力はあり、上手いこと調整がすすめば自給はもちろん輸出で稼ぐこともできるんじゃないでしょうか?

個人的にはあれだけ広い国なので、どこかにロマネコンティとほとんど同じ条件の土地があるのではないかと想像しています。そこで造ったワインを飲んでみたい。

一番やばいのは石油で、それなりの油田はあるのですが、産業のエネルギー効率も悪く、車や暖房がこのまま増えつづけると世界的な需給逼迫要因です。で、石油がありそうな島の領有権でもめていると。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ