人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

数千ページ規模の大型のサイトの運営に携わっている方に限定してお尋ねします。

公開するページを作成する上で、作成作業に使ったファイルが出てくると思うのですが、そうしたものをどう整理・管理していらっしゃいますか。

たとえば、ページの材料につかった画像のオリジナルや、PDF化したファイルの元原稿、掲載を中止あるいは検討中のページ、更新した古い原稿など、公開せずリンクも張られていない単独ファイルのことです。

将来使ったり照会したりする可能性を考えると捨てられず、公開したファイルの傍に置いているのですが、サイトが約3倍に膨張して困っています。アップロードしないようにするのも一苦労ですし。

ドリームウィーバーのクローク機能のようなものを使ってひとつひとつ処理しているのでしょうか。

ご経験をお知らせ願えれば幸いです。

●質問者: Bie
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:ひとつ アップロード オリジナル サイト ドリームウィーバー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sharia
●100ポイント

えーと、環境が見えないのですが。

通常、素材ファイルは、LAN上のファイルサーバで管理するのが通常ではないでしょうか。

また、アップのフロー自体が、

テストサイトへのアップ→複数人での確認→本番反映

というフローを踏むのが当然ですので、本番反映時は、

テストサイトからDL→本番反映(自動でやる場合もありますが)

という流れになります。

基本的には、大規模サイトの場合は自動化がされています。そして自動化されているシステムの仕様によります。

まず、ローカルからいきなり本番反映という流れ自体がイレギュラーなのです。

また、通常大規模サイトであれば複数人での更新作業になるかと思います。どちらかというと、この複数人間での作業ファイル・原稿ファイル、または最新htmlファイルの管理方法が議論の中心で、システム開発部門ではたいていソースコードの管理の問題として、永遠に解けない問題となっています。

オープンソース等のコード管理手法を勉強します。


もし、個人で運営されているのであれば、ローカル上のファイル管理ですので、フォルダーの命名規則(日付・プロジェクト単位など)、フォルダーの明確な役割分担(本番と同期したフォルダー、アップ用フォルダー、作業中htmlフォルダー(テストサイトの代わり)、素材フォルダー、原稿フォルダーなど)を工夫するほかない気がします。

基本的に、

>将来使ったり照会したりする可能性を考えると捨てられず、公開したファイルの傍に置いているのです

という部分が、管理上ありえない形です。

◎質問者からの返答

丁寧なご説明、心から感謝申し上げます。

理解できました。

1年ほど前に、素人の私が社内イントラを作成し始めたのですが、数ページがあっという間に1万ページに膨れ上がり、作業ファイルを含めると3倍に及び、行き詰ってしまったのです。

1からやりなおしてみます。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ