人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

身近な人が、とても悲しい想いや辛い想いをしているとき、(大切な人が亡くなった、受験に落ちた、恋人にふられた、など)そっとしておいて、思い出させないようにその話題にはふれないでなかったことのようにするのと、色々声をかけて励ましたり、応援をしたりするの、どっちが本当の優しさだと思いますか?
あなたの意見を聞きたいので、どちらかと、理由を明快に説明してください。中間、という回答はなしです。

●質問者: kyouko200
●カテゴリ:生活
✍キーワード:あなた 受験 恋人 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● yuki333zityo
●23ポイント

「そっとしておく」というのが本当の優しさだと思います。

そういった想いをした人は、本当にショックで、できるだけ喋りたくないのです。応援や励ましを受けると、何かしら「ありがとう」とか「うん」などと返事をしなければなりません。自分がショックで打ちのめされているのに、自分を励ます相手に気を遣わなければならないのです。これほど苦痛なことはありません。「お願いだから一人にしてくれ」と必死に願っています。確かに励ますことはいいことです。いいことですが、本人にとっては苦痛なのです。こういった本人の本当の気持ちを考えられるのが、真の「優しさ」なのではないかと思います。

http://gw.iclick.ne.jp/p/g.pl?lid=20&h=152

◎質問者からの返答

確かにそうですね、またショックを自覚しなければなりませんからね。

HPも興味深かったです。

ありがとうございます。


2 ● TomCat
●23ポイント

http://www.nishinippon.co.jp/medical/webdoctor/d050608.html

私は、二者択一なら、そっとしておくことを勧めます。

「励ます」「力づける」ということは、時には大きな支えになりますが、

それに応えられないという状況の場合、

むしろそれは相手を追い込み、苦しめることにもなってしまうからです。

また、タイミングによっては、励ますつもりでも、

不用意に過去の出来事に触れてしまうと、

かえって立ち直りつつある相手の傷口を広げてしまって、

再び辛さをよみがえらせてしまうことも有り得ます。

もちろん、あなたは一人じゃないんだと。

私がいるじゃないかと。

そういうアピールは欠かせません。

大切なことは、辛さを背負っている人をひとりぼっちにしないこと。

私達は一緒だよ、という友情は示しながら、

傷口には触れずにそっとしておいてあげること。

これじゃないでしょうか。

したがって私は、辛さの本体には触れずに、思い出させないように、

そっとしておくことを勧めます。

それでも、あなたは一人じゃないんだ、ということは

いくらでも伝えていけるはずですから。

◎質問者からの返答

そうですね、一人じゃないっていうのはそれだけで励まされる気がしますね。ありがとうございます。

HPもよかったです。


3 ● mimiko303
●22ポイント

http://kitamura.exblog.jp/1132994/

(URLは少しだけダミーです)

思い出させないようにその話題にはふれないでなかったことのようにする派です。

深い悲しみや辛い想いというものは、その人の中である程度消化できない限り、他人に触れられると激しい痛みを伴うものです。

準備ができていない内に外部の雑音を聞かせる事は不安定な精神状態に悪影響を及ぼすと想っています。

ある程度落ち着き消化できた頃、もし何か相談に乗って欲しいことや慰めて欲しいことがあれば、相手の方から話題を振ってくるかもしれません。

その時になって初めて、周囲からの言葉を受け入れる準備ができた、あるいは周囲の言葉を必要としていると判断します。

それまでは言葉は必要ないです。

相手が泣いていれば傍に居て背中をさすってあげるだけでいい。

平気なフリをしていれば気づかないフリをしていることが優しさだと思います。

ただし、相手が自分の恋人や肉親など非常に近しい間柄の場合は、相手が内側に溜めているものを吐き出させるために、あえてその話をすることもあります。

その場合も一方的に励ましや応援を押し付けるのではなく「大丈夫?なにか話したいことがあったら聞くからね」程度で、相手がアクションを起こすまで待っています。

というか、言葉は無力なんですよね。

特に自分は励ましの上手い言葉など扱えないので、不用意な発言で逆に相手を傷つけてしまいそうで……。

◎質問者からの返答

そうですよね、話したかったら相手が話を持ちかけてくるでしょうし、そう心の整理がつくまで待つのも優しさなんでしょう。それに私も言葉を上手く扱えませんから、無理に励まさないほうがいいですね。HPもぴったりのテーマで嬉しいです。ありがとうございます。


4 ● jyouseki
●22ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~KX5N-KGYM/square.htm

原則としてはそっとしておいてあげるべきだと思います。

私はうつ状態になった経験がありますが、誰と話すのも苦痛でした。

ただし人によっては、話すことで気が紛れるという場合もあります。

ですから、相手の方から話してきたなら、励ましたりする姿勢でなく、優しく接してあげるのはいいことです。

◎質問者からの返答

経験談、有難いです。

やはりそうですか、話したくなったら相手から離してきますよね。

HPも興味深いものでした。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ