人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

αリポ酸はカルシウムと一緒に摂ると、代謝が良くなるとか何とか、確か相乗効果があるという話を聞いたことがあります。これを専門的に説明したサイト等ありましたら教えてください。

●質問者: miyakw
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:カルシウム サイト 代謝
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hatsuemon
●35ポイント

http://kirei55.fc2web.com/lcal.htm

カルシウム=Lカルニチンと読み替えて下さい。

以下、上記のURLからの抜粋です。


ミトコンドリアは、エネルギーを生み出す場所。

遊離脂肪酸を燃料としてエネルギーを生み出すのです。

こうして、脂肪は燃焼します。

ところが、遊離脂肪酸はL-カルニチンがないと、

ミトコンドリアの中に入ることができません。

つまり、L-カルニチンがミトコンドリアの鍵を開けることで、はじめて遊離脂肪酸はミトコンドリアに入ることができるというわけです。

L-カルニチンは遊離脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ役割を果たしています。

つまり、L-カルニチンが不足していては、体についた脂肪を燃やしてなくすことはできないのです。

中年太りを解消したいからと、いくらL-カルニチンを摂っても、それだけでは効果はあまり期待できません。

その優れた体脂肪の燃焼効果を発揮させるためには、CoQ10が欠かせないのです。

L-カルニチンだけがたくさんあっても、CoQ10が不足していては、脂肪はうまく燃焼されません。

逆に、CoQ10だけがたくさんあっても、L-カルニチンが不足していては、脂肪はうまく燃焼されません。

L-カルニチンはCoQ10と一緒にしっかり摂ってこそ意味があるのです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

申し訳ありません、カルニチンの話は聞いてました。それとは別に、カルシウム(かナトリウムだったか)が良いという話を聞いたので、実際どうなのかなと思って質問したのです。カルシウムとの関連性の情報をお待ちしてます。


2 ● schwalbe
●35ポイント ベストアンサー

カルシウムとの相互作用はあまり無いと思われます。

αリポ酸自体の働きからも抗酸化作用ですから金属は関係ないです。

ビタミンC、ビタミンEについては相乗効果が期待できます。

L-カルチニンも上記の通り抗酸化作用が期待できます。

◎質問者からの返答

う〜む、回答の集まりが悪いので薄々思ってはいたのですが、…

関係ないのですね。私にこのことを教えてくれた人の勘違いだったのかな…

よしんば関係があったとしても、この回答の集まりの悪さから考えれば、

科学的根拠は乏しいのでは、とも考えます。

ということでこの質問終了します。

お二方どうもありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ