人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

EXCELの関数についての質問です。
┌───┬────┬────┐
│ A │ B │ C │
├───┼────┼────┤
│ 1 │ 1 │730 │
├───┼────┼────┤
│ 1 │ 2 │200 │
├───┼────┼────┤
│ 2 │ 1 │150 │
├───┼────┼────┤
│ 2 │ 2 │420 │
├───┼────┼────┤
│ 2 │ 3 │550 │
├───┼────┼────┤


上記表に対し、A列をキーとしたC列の合算値を
以下の様に出力するVBA等をご教示戴けないでしょうか。
※A、B、C列はそれぞれ千件以上あります。

┌───┬────┐
│ A │B(C) │
├───┼────┤
│ 1 │930 │
├───┼────┤
│ 2 │1120 │
├───┼────┤



よろしく御願い致します。

●質問者: a20060315
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Excel 関数
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●50ポイント

=SUMIF(A:A,1,C:C)

=SUMIF(A:A,2,C:C)

とそれぞれセットすればいいです。

◎質問者からの返答

早速のご回答、ありがとうございました。

説明が不足しておりましたが、A列の数値は飛び飛びでありますので、1から順々にという訳にはいかない状態です。

引き続きのご回答をお待ちいたしております。


2 ● Takumu
●50ポイント

メニューから[メニュー]->[集計]で

・グループの基準を「A列」

・集計の方法を「合計」

・集計するフィールドを「C列」

でどうでしょうか?

※先頭の項目(例の場合「A列」が「1」のもの)の集計が上手くいかない場合、一行目に空の行を入れて試してみてください。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

集計そのものは上手くいったのですが

実は、得られたデータを二次利用するつもりでしたので、あの状態から加工するとなると、

私には扱いずらかったようです。

いずれにせよ、勉強させて戴き感謝致します。


3 ● りくっち
●100ポイント ベストアンサー

ピポッドテーブルを使う方法もあります。


例示の表の1行目に例えば下記のようなタイトルを各列に記入します。

基準 B 値

--------------------

1 1 800

1 2 5200

1 3 600

2 1 300

2 2 20

2 3 30

2 1 90

データ範囲を選択して、「データ」→「ピボットテーブルとピボットグラフレポート」→次へ→完了

以上で新しいシートにピボットテーブルが作成されます。

ピボットテーブルのフィールドリストから、

「基準」を行範囲、

「値」をデータ範囲に追加すればご希望のデータに近い集計が自動的に表示されます。

利点は元データが変更になっても、

ウイザードから指定範囲を指定しなおせばすぐに結果が得られることです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

ほぼイメージ通りのデータが得られました。

ただ、初めて使ったので、操作そのものに

問題があったのかもしれませんが、

「基準」を行範囲に指定すると上手く結果が

得られず、何故か「B」を行範囲指定にすると

希望の結果が得られました。

ありがたく使用させて戴きたいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ