人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

地球上の総水分量は、人間や、動植物が使って少しずつ減ているのでしょうか。

●質問者: terano
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:人間 動植物 地球
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● schwalbe
●20ポイント

http://www.kanhokyo.or.jp/seikatu/mizukagaku.htm

総水分量は減りません。動植物が使っても、水は媒体と成るだけで、全て尿、便、汗等の形で排出されます。

ただ、厳密に言えば、宇宙に持っていった分、海水を電気分解して、酸素・水素を得る工業。

それらによって減ってはいますが、総量に比べて無視できるほど小さな量です。

◎質問者からの返答

私は、太っているので水をたくさん飲むんです。


2 ● seble
●20ポイント

物質保存の法則により、別の物に変化する事はあってもなくなる事はありません。

でも、水はH2Oで水素と酸素の化合物ですから、水の形の物質とは限らず、水素や酸素を含んだ別の物質となる事もあり、そういう意味では、水分量が変化する事は有り得ます。

でも、質問のように使ったから減る、というような事はありません。

もちろん、地球外へ出る分があれば別ですが、強力な重力のせいでそう簡単に地球外へ出るとも思えません。

で、結果として、全体的に見れば減る事はありません。

http://www.yasuienv.net/NotByRecycle.htm

◎質問者からの返答

暑くないのに汗をかきます。


3 ● meshy
●25ポイント

液体としての「水」は減ったように見えるかもしれませんが、気体に変化したり、水の構成要素である水素や酸素が他の原子・分子と結合して異なる物質として変化し、さらに変化して水へとまた変化していきます。

一時的に減ったように見えますが、絶対量は変化していません。

良くある簡単な例を出すと、雨が地面に降って川に流れ、海に入って暖かい地域で雲となり、また雨になります。

人が飲んだ水分も、汗や尿となって体外に放出されます。

http://www18.ocn.ne.jp/~ryusm/newpageM2.html

◎質問者からの返答

ちゃーんと返していたんだー。ちゃーんとア○ム♪?


4 ● urafum
●20ポイント

http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/ES_SK_S1.html

地球上で使われている水は宇宙に放出されるわけではないので、地球全体としては水分量は減らないでしょう。

大昔からほとんど変わっていないようです。

◎質問者からの返答

なるほど、ガメラが宇宙に帰ったときは少し減ったんですね。


5 ● makotonya
●35ポイント

人間や動植物が吸収した水分は、排泄や枯れた際に環境に戻りますから、地球上の総水分量という見方をすると、増えたり減ったりしないと言えるんじゃないでしょうか。


ただ、大気中のイオンが宇宙空間に流出したり、逆に地球の重力が宇宙空間のイオンを引き寄せる、といった話しがあるようです。

EICネット[環境Q&A - 「地球上の水は・・・」]

研究紹介 1999.2 No.215


水の場合は、液体の状態で存在することが多いでしょうから、宇宙空間に逃げてしまう量は少ないんじゃないかと、私は思います。

◎質問者からの返答

良く判りました。男は枯れた時には水分量が減るんだー・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ