人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

介護老人保健施設に就職しようか検討しています。現在はどこも経営が順調のようですが、保険点数に左右される業界であり将来性は不透明であります。
将来介護保険がパンクし、老人保健施設は100%の利用者負担で運営することになり、バタバタと潰れて行くのではないかと考えています。総合病院と違い、一般の国民が老人保健施設がなければ凄く困ると常日頃から思っているとも思えませんですし、そのような国策に転換しても抵抗も少ないように思います。私の意見としては以上の理由から将来性の暗い職場と考えています。今後老人保健施設はどうなっていくのでしょうか?こういう理由でこうなると思うと言う感じでご意見をいただけたら助かります。よろしくお願いします。

●質問者: asibe
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:パンク 不透明 介護 介護保険 保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● diresu21
●34ポイント

「老人保健施設」の名称のものが、高齢者の方のお世話をする施設の全てではないようですが、それら経営の将来性については、何とも言えなくて申し訳ございません。ただ、現代はコンビニ店が便利であるということで、あちこちにできた結果、今は淘汰されて閉鎖の所もあるようで、それを見ても、介護でも供給過剰で倒れていく施設も出てくるでしょうか。将来性のある仕事につきたいというお気持ちは理解できますが、まずそれも、経営者から選ばれてなれるものですね。介護の資格などは、もちろんお持ちなのでしょうけれども?、シルバーマーケットは、ずいぶん前から有望とされて、就職面での競争は厳しいものが有るのではないのでしょうか。それよりも申し上げたいことは、将来性の云々は、自身の保身や豊かな生活設計のためだけのことであり、介護という奉仕の精神が求められる職場へ進む動機にするには、就職の面接時においても、価値の認められにくいものではないでしょうか。つまり、高齢者の方々が晩年を幸せに過ごしていくためのお手伝いがしたいという、純粋ではっきりとした意思があれば、選ばれて、しかも継続できる仕事となりえるはずでしょう。

◎質問者からの返答

有り難うございました。ご指摘はもっともだと思います。今回は病院という無くてはならない施設との比較で老人介護施設の将来性の評価をしていただきたいと考え、質問させていただきました。病院も淘汰の時代ですが一定の条件を満たした総合病院はどうやら残るらしいです。介護保険施設に関しては一定の条件や規模を満たしたからと言って残るのかどうか不明です。むしろ構造不況業種になるのではと言うのが私の予測です。金持ち以外は入居できない(完全自費の)施設になり、利用者も少数になり従業員も少数になるのではないかと思われます。やはり病院とは絶対的な必要度に格差があるのではないかと考えておりそのあたりについてご意見が欲しいわけです。


2 ● sami624
●33ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

?必ずしも将来性がない業種とはいえないですね。

?核家族化が進む中で、変な話老人特に介護が必要な老人は、厄介者扱いを受けている状況であり、施設入居者数は多い。

?また、入居者の財源については、年金を直接代理受けしているホームもあり、取りはぐれがないような状態になっているホームもある。

?その上入居時に多額の入居金を支払う必要があり、財源面ではまずまずと言う感じがする。

?問題は今の老人は高度成長時代に財産を蓄えてきた世代であるため、このようなシステムに乗れるが、将来の老人がどうなるかである。

?この辺は、現行のような介護のみの老人ホームではなく、健常者が同様の趣味を持っている人間と出会いが出来る場所提供をするなど、新たにシステム導入により生き残りをしていくでしょう。

?どの業界でもそうですが、現行のシステムが長期安定的に継続できる環境はありません。

?時代時代に適合したシステムを確立し、マーケットセグメントを見極めることもビジネスです。これが企画です。

◎質問者からの返答

意外と悪くないんですね。経営者から見れば、創意工夫のしがいがある業界と言えそうですね。有り難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ