人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あなたはローマ字入力派ですか?それともかな入力派ですか?それともそれ以外?
今お使いの入力方法についての「利点と欠点」をセットでお教えください。
(できれば「過去に使った」入力方法についての「利点と欠点」もセットでお教えください)

【言及いただく際のルールについて】
☆「普通のローマ字入力」をお使いの方は、入力方式について「Qwertyローマ字入力」とお答えください。
☆「普通のかな入力」をお使いの方は、入力方式について「JISかな入力」とお答えください。
☆1年間以上使った経験がある入力方法についてのみ言及してください。
☆「利点と欠点」はかならずセットでお教えください。
☆差し支えなければ、「○○歳代」と年代をお答えいただけますと嬉しいです。
☆できるだけ「新しいツリーを作成する」で別ツリーを作成しご回答ください。
☆他の方が書いた回答への言及はなるべくご遠慮ください。

●質問者: 相沢かえで
●カテゴリ:インターネット 学習・教育
✍キーワード:JIS qwerty あなた かな入力 ルール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 71/71件

▽最新の回答へ

[1]JISかな入力です。 taknt

昔は、カナ入力しかなかったからですね。

ローマ字より、入力が速いのがメリット。

また、文字を忘れてもキーボードを見れば すぐわかるのも利点ですね。


[2]>1 欠点はないと思うんだけど・・・。 taknt

しいていえば、キーの位置を 覚えることかな。

ま、ローマ字だって、アルファベットの位置を 覚えないとダメだし、ローマ字の癖とかも覚えないといけないから、相殺すると

なし ということになる・・・。


[3]「Qwertyローマ字入力」 PPPz

「Qwertyローマ字入力」で利用しています。その昔、ワードプロセッサーを使っていたころ(笑)は、カナ入力をおこなっていたので、30分くらいならし運転をすれば、どちらでもブラインドタッチで入力できますが、アルファベットを入力する際に、カナ入力は頭がきりかわらないので、不便ですね。

欠点についてですが、それほど気になりませんが、やはり入力スピードはカナのほうが速いですね。(キーを打つ回数が違うからだと思いますが)


[4]http://www.hatena.ne.jp/akaneko akaneko0226

私はQwertyローマ字入力です。

これしか使ったことがないのでわかりません。


[5]「10歳代」 JISかな入力 をメインに tpichu

タイトルのとおりなのですが、ローマ字入力もできます。出かけた先のPCがローマ字入力ならそれに従いますw


[6]JISカナメイン ローマ字サブ KIKOlove

どちらもブラインドタッチです。カナなら会議の速記程度はなんとか(あとでミス変換の修正をしますが。)。概略程度なら完璧?

歳 1960年代生まれ

利点と欠点(下記 思いついたら、ツリーにさせてください。)

カナ入力 ローマ字入力

入力が速い 遅い

・頭の中でローマ字に分解するのに思考停止することがある。

・文字面を見ればわかる。

初心者に敬遠される?(教室で教わらない等。) 初心者向き

・キー数が多いからと聞いたことがある。

外来語の入力に困ることがある("violin" の"vi"相当) ない(ヴィ)

PDAにないことが多い 標準?


[7]質問タイプ選択ミス fuk00346jp

いわしはツリーにならないとポイントがつかない。

それを狙った「アンケート」でしょうかねぇ?


まぁいいや

☆「ローマ字入力」

☆11年

☆「利点:アルファベットとかなを別々に覚える必要が無い。欠点:タイプ回数が増えるんで遅くなる。」

☆「20歳代」

☆できるだけ「新しいツリーを作成する」で別ツリーを作成しご回答ください。

☆他の方が書いた回答への言及はなるべくご遠慮ください。

ポイントが付かない為次からはアンケートタイプを使用して下さい。」

以上


[8]Qwertyローマ字入力 STRing

利点

欠点


[9]Qwertyローマ字入力です Yumiko

自分にとっての利点と欠点と言う事で、回答致します。


現在の入力:Qwertyローマじ入力

使用年数:20年弱

利点:ブラインド・タッチ可,英数字交じり文が打ち易い

欠点:“ぬ”が“nu”だったか“mu”だったか、一瞬迷う

(これは私の日本語能力の問題なのですが、かな入力だったらキーを見れば絶対に間違える事はないと思うので)

年齢:40歳代


昔々その昔(?)にJISかな入力をした事もありましたが、キー配列を覚えられませんでした。

JISかな入力からQwerty入力に切り替えた経緯ですが、次の2点です。

・1点目:元々プログラムを書いていたので、英字を打つ機会が多く英字使用に違和感がなかった

・2点目:卒論を書く時に友達のアドバイスもありQwertyローマ字入力を選択して使用し、この中で

ブラインド・タッチができる様になったのでそのままそれを継続した


では


[10]Qwertyローマ字入力派です。(10代) yuki333zityo

使い始めたときからずっとこの入力方法でやっています。

利点:「かな文字入力」に比べて配置を覚えやすい(ブラインドタッチなどができやすい)。かな文字入力は45個(あ?ん)を覚えなければいけないのに対し、ローマ字入力は26個(A?Z)覚えるだけでいいのです。

欠点:やはり「かな文字入力」より打ち込む回数が多いので、最初は打つスピードが遅いということでしょうか。


[11]【!!重要!!】ルールの一部変更について maple_magician

fuk00346jpさんからご指摘を頂いた件に絡み、ルールを一部変更します。


【変更するルール】

「☆できるだけ「新しいツリーを作成する」で別ツリーを作成しご回答ください。」

「☆他の方が書いた回答への言及はなるべくご遠慮ください。」

「☆他の方が書いたコメントに賛同される場合は、別ツリーを作成することなくお書きいただいてかまいません。」

「☆他の方が書いたコメントに賛同されない場合は、別ツリーを作成してご意見をお書きください。」


ポイントが付く仕掛けを理解し切れていませんでした……すみませんでしたorz


[12]30才代 Qwertyローマ字入力です mitszo

12年間ずっとローマ字入力です。

利点欠点は既出になってしまいますが、

利点:

キー配列を覚えるのが楽だと思います。日本語、英語区別の必要ないですから。仕事柄いろんな機種のPCに触れますが、キーボードが変わっても(英語キーボードでも)困ることは少ないです。

欠点:

やはり日本語入力時は打鍵数が多くなりますので、同じくらいの入力速度のかな入力の人と比べると、たとえば議事録書いたりするときに遅いですね。


[13]>11 アンケートとの連動 type9

アンケートでどちらがどの入力派かと年代を聞いて割合を把握してから、

こちらで欠点と利点を聞くようなかんじで連動してみてはどうでしょう?


[14]>9 Qwertyローマ字入力20代 bbdz

利点:上の方がおっしゃられているようにプログラムを入力もあまり違和感なく行える。英語も同じく。

覚えるキーの数が少ない。

英語キーボードでも入力できる。

同じ文字でも複数の入力方法がある(じゅ=JU,JYU,JILYU,JIXYU)。

欠点:打鍵数が多いので入力速度がかな入力より遅い。

ひらがなに対応したローマ字を覚える必要がある。


[15]>13 実は、半年ほど前に調査したことがあります maple_magician

シェアなどの調査に関しては、半年ほど前に採ったアンケートがあります……今回はシェアではなく「意識」をお伺いしたく、掲示板スタイルを採用させていただきました。


ちなみにかつて採ったアンケートはこちらです。

※アンケート自体の精度も確認したかったので、一部に異なる案件も混ぜて質問しています。

http://www.hatena.ne.jp/1129300482

http://www.hatena.ne.jp/1129308531

http://www.hatena.ne.jp/1129409775

http://www.hatena.ne.jp/1129409830

http://www.hatena.ne.jp/1129409932

http://www.hatena.ne.jp/1129410320

http://www.hatena.ne.jp/1130072393

http://www.hatena.ne.jp/1130072421

http://www.hatena.ne.jp/1130072454

http://www.hatena.ne.jp/1130072511

http://www.hatena.ne.jp/1130077241

http://www.hatena.ne.jp/1130093497

http://www.hatena.ne.jp/1130096268


しかし、「1人当たり2回まで回答出来ます」という設定も大失敗でした……もうアンケート停止までコメントできないのでしょうか?

#まるで「いわし」の事に関して無知なもので……orz


[16]>15 アンケートの新機能:クロス集計 type9

以前にアンケートをしていたのですか・・・

新しいアンケートはクロス集計もできるようになったので、

入力方法と年代を再度聞いてクロス集計してみるものいいのでは?と思いました。

それから新しいいわしは

レスをつけるのに時間制限もありませんし、

回答回数はあくまで回答者への制限で、質問者は何度でもレスはつけることができます(修正されました)

それから自分で終了できてあまったポイントはちゃんと返却されます。

今のところ、新しいいわしのポイントシステムはレスがつくと1ptはいるシステムなので、

全員が新しいスレをたてると0ptのままなんですよねえ。

http://hatenaquestion.g.hatena.ne.jp/keyword/%e8%b3%aa%e5%95...


[17]10代 Qwertyローマ字入力 tomohiro_927

利点は…覚えるキーの数が少ないことでしょうか…

それと、特殊記号がすぐに打てること。

欠点は、打つキーの数がかな入力より増える事。

「ょ」等を出力する時に、一度タイプミスすると面倒

文法的に滅茶苦茶かもしれません。よろしくお願いします。


[18]かな hamster009

利点

はやい、思考がさまたげられない

欠点

出先のPCをつかうとき、ソフトをFDに

用意しなければならない

利点

だれでもできる

欠点

おそい、うるさい


[19]>16 解説いただきありがとうございます! maple_magician

「質問者にはコメント数制限なし」ですか、ホッとしました……一時はどうしようかと悩んでいました(汗

クロス集計は面白そうですね。機会を見て「入力方法×年代」「入力方法×タッチタイプ既習率」などの集計を採ってみたいと思います。


そうすると、次回は「発言可能回数を多めに設定」「方法ごとにスレッドを立てていただく(あるいは予め自分で代表的なものを立てる)」様にすると良さそうですね。

お教えいただき助かりました。どうもありがとうございます。


[20]30歳代Qwertyローマ字入力 kirinsha

高校時代に、父親にワープロを借りるとき父親がローマ字入力だったので、そのまま自然とローマ字入力になりました。

後に自分のワープロを買って、かな入力にチャレンジしたものの、もうローマ字入力で慣れていたため、あまり馴染めなかったです。

現在は職業柄(SE)、キーボードはローマ字認識が染み付いているので、今後もローマ字入力のままだと思います。

利点は、日本語とアルファベット両方覚える必要が無いのでラクチンなこと。

欠点は、かな入力専門の人と比べて日本語打つのが遅いことと、たまにおそろしく打ち間違えて文字化けのようになってぎょっとすること。


[21]JISかな入力 sami624

?大学時代はローマ字入力でしたが、ローマ字入力は打鍵数が多くなるため、就職と同時にかな入力にしました。よって英語も使用するため、ローマ字入力も多少は使えます。

?かな入力のメリット

→打鍵数が少ないため、文章作成が早くなる。

小文字の入力が簡単に出来る。

?かな入力のデメリット

初めて使用する場合は、覚える場所がローマ字入力より圧倒的に多いため、慣れるまでには時間が掛かる。

テンキーがない場合は数字入力に時間が掛かる。

?43歳


[22]30代後半「Qwertyローマ字入力 siigimaru

しかし、某キーボードでは

「JISかな入力」になります。

ミスが少ないのはローマ字入力です。


[23]JISかな入力→Qwertyローマ字入力 numak

10年前は業務でワープロを使っていたので、

JISかな入力をしていました。

パソコンに切り替わってから、Qwertyローマ字入力を

するようになりました。

Qwertyローマ字入力

長所:英文、和文の切り替えがスムーズに行く。

短所:「ぢ」とか、ときどき、どのキーで入力するか

忘れてしまう。

JISかな入力

長所:考えながら打つには向いている。

短所:あまりよく押さないキーだと、位置を忘れてしまう。


[24]JISかな入力 story-designer

メリット:入力が早い。もう二十年近く使っているので脳と直結している。

デメリット:ウェブでアンケートなど答える場合、半角数字を入力するフィールドで入力すると半角カナに自動的になってしまうケースがたまにあること。そのフィールドに飛ぶ前に「英数」に切り替えておかないと、半角英数が入力できない。

年代:三十代


[25]>24 JISかな入力 Nanja

story-designerさんと同じような内容になりますが、自分なりのメリット/デメリットを付け加えさせていただきます。

メリット:

頭の中でローマ字に「変換」する必要がない。

「ぃ」「ぅ」「ぢ」「じ」などの文字を考えなくてよい。

キーを打つ数が少なくてすむ。

デメリット:

ほかの人のPCを使うときに戸惑う。

タイピングソフトが使えない。(ほとんどがローマ字)


[26]Qwertyローマ字入力です。 nezuttyo114

10歳代です。

利点:

欠点:


[27]>19 それでも、いいのだけれども.... Yumiko

方法毎にスレッドを立てて、でもいいのですが、だとすると、

1番最初にmaple_magicianさんが立てたそのスレッドに回答した人が、

その後の回答がその下につく度に無条件(?)にポイントを入手できる事になります。

と言う点で、未だ問題が残る(回答者側が不満に思う)かもしれません。


これは自分が回答者として経験して感じたのですが、今回の様にアンケート的な

場合にはいわし質問ではなくアンケート方式の方が良さそうですね。

そしてじっくり何かを相談したい時には、このいわし質問が適しているかもしれません。

回答者にスレを立てて貰い、興味を持った回答にmaple_magicianさんが回答を

付けます。 すると回答者に1ポイント入り、その回答(コメント)を見た回答者が

更なる回答を寄せて‥と言うやり取りができますので。

まぁ、何度か試すうちに慣れていくのでしょうね。 質問者,回答者共に。


このコメントだけでなく、回答もしていますので、それを含めて少しでも

お役に立てれば良いのですが‥。

では


[28]40才代 Qwertyローマ字入力です sira2005

PCのキーボードは20年以上使っています。最初の10年くらいはJISかな入力でした。仕事でPCを使うのですが、昔の機種(DOS/Vより前)は機種によりキー配列が微妙に異なりJISかな入力時に毎回キーの位置を確認するのが面倒になり、ローマ字入力に変えました。

利点

アルファベットのキー配置はだいたいどの機種でも同じなので、機種が変わっても指が迷わない

欠点

「か」を入力するのに「KA」の2キーを押下しないと行けないので、押下回数が多くなる

JISキーボードだとかな刻印があり、英字が目立たないので気になる


[29]Qwertyローマ字入力です…。 Zelda

キーボードの文字の配置、母音(a・i・u・e・o)の部分を覚えればあとはなれで見なくても覚えられる(カナと比べての話です)。

文字を打つのに時間がかかる(カナと比べての話です)。

{ローマ字の場合K・Aと2文字入力して「か」、カナの場合Tののキーボード部分を一つ入力するだけで「か」となる事。}

「ん」と入力するのにNを2回押さなければならない事(「ん」の次の語がナ行以外の子音の場合、押さなくてもちゃんと表示されますがそれ以外の時の話です)。偶に2回押すのを忘れて変な風に?表示される事がある。

KONNNITIHA→こんにちは

KONNITIHA→こんいちは


ANNINI→安易に(あんいに)

ANINI→兄に(あにに)


[30]Qwertyローマ字入力です pro_pitagora

最初に使い始めたころは、電子辞書でそのときにQwertyローマ字入力だったため、パソコンをはじめるときはその感覚がもう染み付いてしまったので。。。

ちなみに、JISかな入力では、何処に何の文字があるか未だにわからないので、「おはようございます」を打つのにも数分かかりますorz。

利点は慣れでしょうか。欠点をいえば、「な」と打つのに、Qwertyローマ字入力では、2文字打たなければならないですが、JISかな入力では、1文字でいいってとこでしょうか。まぁ、僕の場合はスピードが違いすぎますので、関係ないですがw


[31]Qwertyローマ字入力 sibazyun

50代。10代で欧文のタッチタイピングをマスター。その後日本語入力のパソコンが出てきたが、別の入れ方を覚える気がなかった。よって利点:欧文と同じタイピング。欠点:単独に「っ」などを入れるのが面倒。(かな入力は試みたことがないので、それとの比較はできない)


[32]>3 同意♪ sokyo

です。私もqwertyローマ字入力です。

アルファベットを入力するときにも日本語を入力するときと同じやり方できるのが便利。

それから、たぶんこのやりかたが多数派だと思うので、

他人のマシンを借りたときにも設定を変えなくていいのがいいです。


知り合いのかな入力の人は、

「日本語を入力するのに1字おきにアルファベットが表示されるのは許せない。」

と言っています。気持ちは分からなくもないかも。


[33]「JISかな入力」及び「Qwertyローマ字入力」の両方 Kityo

私は可能な限り106キーボード(109キーボードではない)で「JISかな入力」したいのですが、「Qwertyローマ字入力」しか許されないマシンがあるので両方使います。

リナザウとか、PDAの類がローマ字しか許さない場合が多いですから。


[34]>33 かな入力の欠点は、ユーザ数が少ないこと Kityo

僕は頭の中で音を思いながら、文章を入力しています。

ローマ字入力は、入力したい「かな(音)」を「ローマ字」に頭の中で変換する必要があるため、文章を考えるのに集中出来ません。これがローマ字入力の欠点と思います。

その必要がないのがかな入力の利点ですが、かな入力にも重大な欠点があります。

部下のマシンで何かの例文を入力した後ローマ字入力に戻さずに席を離れると、部下の仕事が10数分止まる場合があります。かな入力を使ったらローマ字入力に戻す必要がある…のが欠点と言えます。

ローマ字入力の人々の中には、「ローマ字入力⇔かな入力」の切り替えかたを知らない者が非常に多いのです。(かな入力の人々は必要に迫られるので大抵は知っている)

どこでそうなってしまったのか、かな入力のユーザ数が極端に少ない(らしい⇒統計がない)様子です。


[35]40歳代 Qwertyローマ字入力 ブラインドタッチ習得者 inosisibeyan

私は、キーボードの文字を見ながら打つことが出来ないぐらいのブラインドタッチの習得をしております。時々UNIXの関係も扱うことがあるので、101キーボードから109キーボードまでの配列なら、ノートでもデスクトップでも殆んどそのままの入力で出来る位は、やっております。

仮に入力を間違っても、画面から目を離さずに何度も打ち直して当たりを出してそれをすぐに覚えるので、手元を見るような、目を酷使することはやらないようにしています。慣れるとその方法で入力することが、遥かに速く入力できることに気がつきます。

欠点は、ローマ字の分には何もないと言う様に思いますが、入力に慣れるまでは、左右の薬指と小指の酷使で腱鞘炎の手前まで来る様になるのが、唯一の欠点でしょうか。

これは、ホームポジションと言うFキーとJキーを基準にちゃんと入力して初めて分かる苦労ですが、覚えると高速タイピングが当り前になりますので、面白いですよ。

入力量では、「SYO 」などで「しょ」などと打ち込める分、シフトキーを押さずとも小さい文字を打ち込めたりするので

あまり、入力量をどうこう考えたことは有りません。入力量以上に正確に打ち込めた方が、速いと思っております。

JIS仮名入力は、20年以上前に知らずにやったことは有りましたが、全く頭に残っていません。よって、欠点も分かりません。


[36]>2 →手動集計#001【Qweロマ:000 JISかな:001 NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。


入力方法:JISかな

感じた利点:入力速度が速い、見たまま入力すればよい

感じた欠点:覚えるべきキーの数が多い


JISかなの場合、かな入力では50個程度のキー+シフトの使い方を覚える必要がありますね。

キーの数が倍程度に増えるので、学習初期に掛かる負担が倍になるという点は見逃せないと思います。

これは欠点であると同時に「その段階さえ圧縮できれば良い」ともとれるわけで、例えば【増田式キーボード学習法】を用いるなどすればかなり解決できるのかもしれません。

http://homepage3.nifty.com/keyboard/JisNormal.htm

同じ倍でも【ローマ字1年、JISかな2年】では途方もない差が生まれますが、【ローマ字1日、JISかな2日】位であればそう変わらない訳で、ここは学習方法の選択(もしくは気の長さ)が鍵を握っていそうですね。


ご協力いただきありがとうございます。


[37]>6 →手動集計#002【Qweロマ:000(+1) JISかな:002 NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:JISかな

感じた利点:入力速度が速い、見たまま入力すればよい

感じた欠点:覚えるべきキーの数が多い、教室で教わらない、外来語の入力に困ることがある、PDAではサポートされない場合が多い


入力方法:ローマ字

感じた利点:キー数が少なく初心者向き、教室で教わることが多い、PDAでのサポートが充実、外来語が入力しやすい

感じた欠点:入力速度が遅い、ローマ字分解が苦手


外来語の入力に関しては困った記憶がなかったので、ご指摘いただいたこと自体が結構意外でした^^;(私は中学生時代の3年間をJISかなで過ごしたもので)。

教室で教わるかどうか?という点については、色々と「現場の事情」というものがあるようです。

http://jukunenpc.dokyun.jp/archive/l-15281.html

http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/07/post_48f...


PDAに搭載しにくいというのは結構やっかいな問題ですね……もっとも、PDAでかな入力をやるとなると、JISかなの元となった「カナタイプ」を乗せてしまう方が便利なのかなぁ……と思うこともありまして。

http://jisx6004.client.jp/layout-kana.html#kanatype


ご協力いただきありがとうございます。


[38]>7 →手動集計#003【Qweロマ:001(+1) JISかな:002 NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字

感じた利点:アルファベットとかなを別々に覚える必要が無い

感じた欠点:タイプ回数が増えるんで遅くなる


ひとまず、このような感じで集計しつつポイントが付くようにしてみました。

今後は他の方が実施される「いわし」についても参考にしつつ、色々と試してみたいと思います……ご指摘いただきありがとうございます!。


ご協力いただきありがとうございます。


[39]>8 →手動集計#004【Qweロマ:002(+1) JISかな:002 NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字

感じた利点:覚えるべきキー数が少ない、かな配列が刻印されていなくても使える

感じた欠点:普段使わない゙・゚の入力がしづらい


おおむねタッチタイプできる(完全とは言いがたい)あたりですと、「実用上支障がないので」ついついそのままになってしまいがちなんですよね……今の私も似たような状況だったりします^^;

濁点・半濁点の個別入力がしやすいのは、JIS系かな入力だけなのかもしれません。例えば親指シフトですと、普段は濁点・半濁点を別打ちしない(かなキーとシフトキーとの同時打鍵が本則)だけに、余計に「必要なときに別打ち用キーを思い出せない」んですよね。


ご協力いただきありがとうございます。


[40]>10 →手動集計#005【Qweロマ:003(+1) JISかな:002 NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字

感じた利点:覚えるべきキー数が少ない

感じた欠点:打鍵数が多い


10代の方ですと、やはり「初めてがローマ字入力」という方の割合はだいぶ多そうですね。

私は始めて使ったものがワープロ専用機だったためか、「初めてがJISかな入力」でした……もっとも、当時のPanasonic製ワープロは新JIS配列・Qwertyローマ字入力・50音順かな配列への切り替えも簡単に出来たので、「なぜ始めにJISかなを選んだのか」という理由ははっきりと思い出せなかったり^^;


今度「アンケート」をとるときには「入力方式×漢字かな交じりでの実効入力速度」あたりも聞いてみると良いのかもしれませんね。


ご協力いただきありがとうございます。


[41]>12 →手動集計#006【Qweロマ:004(+1) JISかな:002 NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字

感じた利点:英語キーボードでも使える

感じた欠点:打鍵数が多い


英語キーボードでもJISかなは使えるらしい……とかいう話を聞いたことはありますが、たしか一部の文字割付が違うとか言う話で「そのまま使えるというわけではない」とか何とか……いや、不正確な話で申し訳ありませんorz

英語キーボードでも使えるというのは、そういった環境で使う方にとっては非常に重要ですね。

そういえば、古いAT互換機用のキーボードなどには「かなが載っていて、しかも英字記号はUS配列と同じ並び」というキーボードがあったりしますよね……記号段は見ながら入力している私ですが、それでもやっぱり迷ってしまいます。自分が慣れた方式にサッと切り替えて使えれば理想なのですが、自分が管理している端末ではないので弄るわけにもいかず、毎回苦笑いしつつ入力しています。


ご協力いただきありがとうございます。


[42]>9 →手動集計#007【Qweロマ:005(+1) JISかな:002(+1) NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字

感じた利点:タッチタイプを習得しやすい、英数字交じり文が打ちやすい

感じた欠点:かなを綴りにするときに迷う場合が稀にある。


タッチタイプを習得するべく乗換えをされたわけですね。

英文タイプに慣れていらっしゃる段階から「ローマ字入力」を習得する場合、キーの位置を覚え直す必要がない分だけ格段に有利なんですよね。

うーん、羨ましいですね……私は英文を打つ機会がほとんどないので(外国語は苦手なのですよorz)、その点からしてまず凄いなぁと思いました。


ご協力いただきありがとうございます。


[43]>14 →手動集計#008【Qweロマ:006(+1) JISかな:002(+1) NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字

感じた利点:プログラミングや英語との交ぜ書きがしやすい、覚えるキーの数が少ない、英語キーボードでも入力できる、複数ある綴りのうち一つを覚えれば使える

感じた欠点:打鍵数が多い、入力速度が遅い、ひらがなに対応したローマ字を覚える必要がある


プログラマを目指してローマ字入力へと移行した(結局は別の道に進みましたが^^;)身としては、確かに「同じ配列で両方使える」というのは解りやすくて良いですよね。

私の場合はその後「ローマ字入力しているときに関数名が混じる」「プログラムを書いているときにローマ字綴りが混じる」というあたりに散々泣かされまして(あまりそういう話を聞かないもので、多分私だけなのかも……)、結局は「はっきりと切り分けるために」かな系の入力方法に戻してしまいました。


一つの配列(Qwerty)で二つの入力対象(かな/英字)を打ち分けられる方がうらやましいです。私にとってはそちらの方がより難しい気がするもので。

今でも外出先ではQwertyローマ字を使っています(JISかなはほぼ忘れてしまいました)が、歳とともに段々ローマ字入力を忘れ始めていてひやひや物だったりします^^;。

ところが不思議なことに、英字入力は忘れないんですよね……英字配列としてのQwertyは使い続けているので、忘れずにすんでいるのかもしれません。


ご協力いただきありがとうございます。


[44]>17 →手動集計#009【Qweロマ:007(+1) JISかな:002(+1) NICOLA:000】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字

感じた利点:覚えるキーの数が少なく済む、入力モードを変えずに記号が打てる

感じた欠点:打鍵数が多い、拗音などを打つときにタイプミスすると修正コストがかさむ


「!」「?」などを良く使う人にとっては「入力モードを変えずにシフト+文字キーのみで記号が打てる」というのは確実なメリットですね……って、それだけではないですね。算術記号などもそのままで使えますし。

普段入力しているときに「どの文字のうち易さに重きを置くか」で、選ぶ入力方法を選択する必要がありそうです。


タイプミスしたときの修正コストという着眼点は良いですね。これが気になるか、あるいはそう気にならない(≒タイプミスしないように気をつけていく)かというあたりも、使用感に関わってくるように思います。


ご協力いただきありがとうございます。


[45]>18 →手動集計#010【Qweロマ:007(+2) JISかな:002(+1) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:NICOLA(親指シフト)

感じた利点:入力速度が速い、思考が妨げられない

感じた欠点:専用のソフトウェアを用意しなければ使えない


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:習得しやすい

感じた欠点:入力速度が遅い、打鍵数が多い


かな系の入力方法をお使いの方は、Qwertyローマ字入力も使えるという方が案外と多いのかもしれませんね。

フロッピーなどでソフトウェアを持ち歩いているということは、フリーウェアの「親指ひゅんQ」あたりをお使いでしょうか。出先で導入許可を得られる環境が多そうなあたりは羨ましいですね……私はシェアウェアの「姫踊子草」使いなので、ライセンス管理に瑕疵が起きる面倒を嫌って「出先ではローマ字入力」に固定しています^^;


「Qwertyローマ字入力」の「うるさい」という評価については、入力方法とは関係ないように思うので「打鍵数が多い」に置き換えてみました(どの入力方法でも大きな音を立てて入力すること自体は可能ですので)。

もし異なる意図での話でしたら、その旨追記願います。


ご協力いただきありがとうございます。


[46]>20 →手動集計#011【Qweロマ:008(+2) JISかな:002(+1) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:和文用の配列を別途覚える必要がない

感じた欠点:入力速度が遅い、打ち間違えしたときの見た目が悪い


SEをやっている方はローマ字打ちが多い?ローマ字入力を通して英字配列を習得されたのですね。

現役バリバリのプログラマさんでも「Qwertyローマ字以外の方法を使う」方のblogを多く見てきた身としては、「ああ、やっぱり【普通は】そうなんですよね……」と感じました。

いや、最近の「新しい入力方法を考えている方」って、結構プログラム関連に詳しい人が多い様なので(それを実現できる方がほぼプログラマしか居ない、という事情が大きいと思います……あとは効率重視/最適化への要求が強いのかも)、最近は「SEならばローマ字入力!」と声高らかに言い切ることには不安を感じ始めていたりします^^;


やはり「始めに覚えた方法」の影響って大きいですね……別の入力方法を試してみても「今既に使える入力方法で出せる速度」と比較してしまいがちで、どうしても乗り換えするのは難しいのかもしれません。

そうこう言っているうちに、私はもう4回目(JISかな→Qwertyローマ字→AZIK→NICOLA→飛鳥)の乗換えをしているわけで、「自分は暇だからこういうことをしていられるのかも」と思ってしまいました^^;


ご協力いただきありがとうございます。


[47]>21 →手動集計#012【Qweロマ:008(+3) JISかな:003(+1) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:JISかな入力

感じた利点:打鍵数が少なく済む、文書作成が速い、小書き文字の入力が簡単

感じた欠点:覚えるべきキー数が多く慣れに時間を要する、テンキーがないと数字入力に時間が掛かる


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:覚えるべきキー数が少なく慣れに時間が掛からない

感じた欠点:打鍵数が多くなる


算術記号もあわせて叩きやすいのがテンキーの利点ですから、交じる文字数によっては「入力モードを変更するよりもテンキーへ手を伸ばす方が楽」というシーンは結構多そうですね。

そういえば、私は「入力方法にかかわらず」数字や算術記号の打鍵にはテンキーを使うことが多いです。最上段は記号専用に使うほうが多いので、シフトなしで記号を打てれば便利なのになぁ……と良く感じたりします^^;


ローマ字入力を常用されている他の方も言及されていましたが、「小書き文字」の入力や修正に関するコストは、おおむねQwertyローマ字入力よりもJISかな入力のほうが少ないようですね。


ご協力いただきありがとうございます。


[48]20代後半 Qwertyローマ字入力 maxoto

20代後半 Qwertyローマ字入力です。

ローマ字入力しか使ったことがありません。

長所 みんなが使っている。アルファベットが混じっていても切り替えが簡単。

短所 かな入力のパソコンに出会うとまったく使えない。切り替え方法もわからない。入力文字数が少し多い。


[49]>23 →手動集計#013【Qweロマ:009(+3) JISかな:003(+2) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:英文・和文の(操作?意識?)切り替えがスムーズ

感じた欠点:「ぢ」などの綴りを忘れてしまうときがある


入力方法:JISかな入力

感じた利点:考えながら打つために向いている

感じた欠点:あまり押さないキーの位置は忘れてしまいがち


興味深いことを発見した気がします。

他の方が「ぬ」の綴りを忘れることがあったり、今回の様に「ぢ」の綴りを忘れることがあったり……と、忘れる綴りは大抵が「使用頻度の少ないひらがな」なのかもしれません。

http://121ware.com/apinfo1/content/mworld/1-3.htm

http://www18.big.or.jp/~fujiwara/ikki/keyboard/romaji/kanafr...

「ローマ字入力は行と段を指定しているから、そういうことは多分ないよなぁ……」と仮に考えてはみたのですが、私も「ぢ・でぃ・ち・てぃ」あたりの打ちわけでミスったことが多々ありますので……指摘されて始めて「あっ、なるほど!」と思いました。


ご協力いただきありがとうございます。


[50]>48 →手動集計#014【Qweロマ:010(+3) JISかな:003(+2) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:みんなが使っている、英文・和文の(操作?意識?)切り替えがスムーズ

感じた欠点:入力キー数が少し多い、かな入力に設定されたパソコンがあると使えない


「かな入力に設定されたパソコンがあると使えない」は切実な問題ですね。これはどの入力方法を使っている方にとっても同じことが言える様です。

言い換えれば「自分が使いこなせない入力方法に設定されたパソコンがあると使えない」ですので。


Windowsでの切り替え方に関しては以下のようなものを書いてみたのですが、他のシステムに関してはほとんど解らないですね……申し訳ありません。

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yfi/mouseonly_ime_control.html

それと参考程度に……LinuxでSCIMAnthが導入されている場合の切り替え方に関しても一応記述しています。お役に立てるかは解りませんが、ひとまず。

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yfi/oyayubi_knoppix.html


IMEツールバーに「Qwertyローマ字入力」「JISかな入力」などとハッキリ表示されて、そこをクリックするだけで切り替えできる……など、そういう状態になってくれれば理想なのですが、まだまだそういう配慮がIMEには不足しているのかもしれませんね。これらは今後の改善に期待したいところです。


ご協力いただきありがとうございます。


[51]>24 →手動集計#015【Qweロマ:010(+3) JISかな:004(+2) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:JISかな入力

感じた利点:入力が早い

感じた欠点:IMEの挙動が実情と合わない場面がある(たまに半角カナが出てしまう)


IMEの挙動に関する問題ですね。

などという機能が実装されていれば回避できるのだと思いますが、実際そういう機能が実装されているのか&そういう要望があるのかがよく解らないんですよね……。

今のところはユーザ側が気をつけて対処するしかありませんが、将来的にはこういった細かな操作感についてもメーカー側に改善していただきたいところですね。


ご協力いただきありがとうございます。


[52]>25 →手動集計#016【Qweロマ:010(+3) JISかな:005(+2) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:JISかな入力

感じた利点:入力が早い、打鍵数が少なく済む、ローマ字変換が苦手な人でも使える、小書き文字や四ツ仮名の使い分けに迷うことがない

感じた欠点:IMEの挙動が実情と合わない場面がある(たまに半角カナが出てしまう)、入力方法の切り替えに戸惑うことがある、JISかな入力に対応するタイピングソフトが少ない


「ローマ字変換」に関しては、そもそも「ローマ字表を使って/覚えておいて」それに従い入力することがトラブルの元なのかなぁ……という気がしています。

たとえば「増田式キーボード学習法」では、ローマ字綴りを意識させずに練習する方が習得しやすいという理論を提示されています(実際の書籍でも同じ方法で練習方法が組まれています)。

http://homepage3.nifty.com/keyboard/Qwerty-R1.htm

似たことを考えて、ためしに「ローマ字綴りを使わないローマ字入力方法」を作成してみました……まだまだ出来は最悪(実用で使える代物ではない)なのですが^^;

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yfi/romakanapaper.html


タイピングソフトについては……フリー・シェア・商用共に少ないですね。この手のものは本来「両ではなく質が問題」なのですが、タイピングソフトのそれぞれが独自の理論を持っていることからすると、確かに「数が多いほうが選択肢が広い」わけで、そこは少々悲しい気もします。

裏技としては「姫踊子草」というシェアウエアを使って「ソフトウェア側でJISかな入力をQwertyローマ字に変換してしまう」という方法もあるにはあるのですが、作者さん曰く「全てのソフトで対応確認を採るのは無理」とのことですので……なかなかうまくは行かないのかもしれません。


ご協力いただきありがとうございます。


[53]>26 →手動集計#017【Qweロマ:011(+3) JISかな:005(+2) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:覚えやすい、母音の混ざらない英字入力と通常のかな入力を交ぜて打鍵できる、掲示板によくある「母音欠落」表記を打ちやすい、タイプミスに気づきやすい

感じた欠点:遅い


20代後半に差し掛かった私から見ると、母音欠落の点は「打鍵数を端折るために、読める範囲で打鍵数を削った代用表記」という印象でしかなかったのですが(その表記方法はパソコン通信時代から連綿と続いていますし)……なるほど、それがしっかり文化(書記法?)として定着しているんですね。

確かに、かな系の入力方法でそれをやると「モード切替が必要」なので面倒だと思います^^;


タイプミスに関しては……うーん、それぞれの入力方法ごとに「ミスしたときの特徴が違う」ので、これが「自分にとって解り易いミスであるかどうか」が重要になりそうですね。

私のタイプミスは「連母音の母音部欠落」(たとえば[saiteki]の[i]が抜けて[siteki]になるとか)が多かったので、うまく漢字変換できてしまって推敲でもチェック漏れした……ということがままありました。

母音欠落よりも子音欠落が多いか、あるいは隣のキーを打ってしまうなどというタイプの誤打鍵であれば、Qwertyローマ字入力の方が誤打を見つけやすいのかもしれませんね。

#誤打と入力方法の関係……面白いテーマになるかもしれません。


ご協力いただきありがとうございます。


[54]>27 やはり誤解の元だったのかもしれませんね…… maple_magician

今回お伺いしたかった一番のポイントというのが、質問1行目ではなくて2行目にある

という部分でした。

始めからこれを前面に出し、かつ妙な条件を付けなければうまくいったのかもしれません。

ここは確実に、私が反省しなければならない点です。


もう一つ、この質問では「使っていない方からの意見ではなく、使っている方からの意見が欲しい」という狙いがありました。

他の質問サイトを見ると、「ローマ字入力・かな入力」に関してあれこれ言及されているのですが、「使っている方法の利点+使っていない方法の欠点」を並べているような気がして、どうにも読んでいて理解できなかったという経緯があります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=390012&rev=1

http://q.hatena.ne.jp/1082253402

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1072055

利点と欠点、本来は両者共に「使っている方がそれらを語るからこそ意味がある」と感じていましたので、この目的に合う回答を得られるようにと質問文を作成しました。


現行アンケートは触ったことがないのでまだ解らないのですが、かつてのアンケートでは「定量的な数字は得られるが、定性的な意見はあまり得られない」というもどかしさがありまして、この話題向けに再度アンケートをするにはまだ時期尚早かもしれないという不安もありました。


私から見ると、「今回頂く意見は非常に貴重であり、いただいた意見の信憑性は非常に高い」と思われ、自分としては大変満足できる結果を導き出せた気がします。

ところが、このやり方は「いわし」本来の「議論から回答を導き出す」という趣旨には反しているわけでして、本来ならば「普通の掲示板などでやるべき話」なのかもしれません。


ひとまず、今回は「利点と欠点」について言及いただいた方全員のスレッドへとレスする形で、最低でも1ptが付くような形にさせていただきます。

今度は「いわし」のシステムを生かせる方法で質問をしてみるつもりです。


ご意見を頂きありがとうございます!


[55]>28 →手動集計#018【Qweロマ:012(+3) JISかな:005(+3) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:英字配列は機種による差異が少ないので迷わない

感じた欠点:押下回数が多い


入力方法:JISかな入力

感じた利点:押下回数が少ない

感じた欠点:DOS/V以前の機種ではキー配列が統一されていなかった


「過去の互換性欠落」が移行のきっかけとなりましたか。

確かに、タッチタイプできる人にとって「キー配列をわざわざ確認しなければ使えない」というのは苦痛ですよね……その差がソフトウェアなどで吸収できないならばなおさらですし。

しかし不思議な話ですよね……なぜ「JIS」かななのに機種ごとの差異があるのか?というあたりは、本当に妙な話だと感じます。


JIS規格といえば、ローマ字入力で使う「PC用のローマ字綴り」に関しても「仮名漢字変換システムのための英字キー入力から仮名への変換方式 (JISX4063) 」という規格があるのですが、この規格は「現状を後追いする形で制定された」らしく、IMEごとのごく細かな差異については感知していないようです。

もっとも、今となっては使われるIME自体が絞られてきましたから実用的には問題なさそうなのですが、ちょっと不思議な規格だな……とは思います。

http://suzumizaki.at.infoseek.co.jp/himeodorikosou/20020620....


ご協力いただきありがとうございます。


[56]>29 →手動集計#019【Qweロマ:013(+3) JISかな:005(+3) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:覚えるキーが少なく済む(母音を覚えれば半分覚えたも同然)

感じた欠点:打鍵数が多い、「N」キーを押す回数が足りず「ん」がナ行に化けるときがある


きちんと本則に沿って「N」キーを押す回数を制御されている時点ですごいと思います。

私は「いいと思った特定のストロークで特定の文字が出てくれないと気がすまない」タチでして(いや、打ち忘れで泣かされたという方が正確なのかもしれません)、結局「ん」は常に「NN」と打って出すことにしていました。

「N」キーを本則どおりに打鍵される方と、常に2回打鍵される方……それぞれどれくらいの割合でいらっしゃるのかは調べてみる価値がありそうですね。


ご協力いただきありがとうございます。


[57]>30 →手動集計#020【Qweロマ:014(+3) JISかな:005(+3) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:(慣れによる)

感じた欠点:打鍵数が多い


電子辞書由来!ですか。私が始めて触った電子「手帳」は、かなめくり(携帯電話の入力方法と同じ)か五十音順だったような気が……次代は変わりましたね^^;

確かに「慣れている方法が一番!」というのはありますね。

そうすると利点として「現在対応する機種が多い」というのも理由として成立します。


ご協力いただきありがとうございます。


[58]>31 →手動集計#021【Qweロマ:015(+3) JISかな:005(+3) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:欧文用配列のタッチタイプ技術を流用できる

感じた欠点:単独で小書き文字を入力するのが面倒


欧文タッチタイプが出来る方の場合、わざわざ別の入力方法を覚えなおすよりもローマ字入力してしまうほうがお手軽ですね。

小書き文字の入力は……その昔、やり方を知らなかったときには「まず適当に入力して、あとから余分な文字を削除する」などという間抜けな方法をとっていた時期があります(ローマ字表を使わず入力しようと必死になっていたようで)。

今となっては懐かしい話ですが、小書き文字を単独で入力できることを知ったときは結構ショックでした^^;


ご協力いただきありがとうございます。


[59]>3 →手動集計#022【Qweロマ:016(+3) JISかな:005(+4) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:英字とかなが同じ配列で入力できる

感じた欠点:入力速度が遅い(それほど気にはならない)


Qwertyローマ字とJISかなで両方タッチタイプできるのですか。

メジャーモノ両方が使えるとなると、端末がどちらか一方にしか対応していなくても使いこなせて良さそうですね。

私はQwertyローマ字入力に移ってから、すっかりJISかなを忘れてしまったので(しかも今は別のかな入力に移っている)、これからJISかなを覚えなおすのはちょっときついかも……と諦め気味です(再びトライしてみたいとは思います)。


ご協力いただきありがとうございます。


[60]20代前半 Qwertyローマ字入力 kamisakura

高校生のときにPCを日常的に使い始めてからずっと(途中かな入力も試しましたが)ローマ字入力です。

日本語の文章を打つだけならばかな入力のほうが楽なのですが、仕事上(現職はIT関連)英文も入力することがあるので・・・。

ローマ字入力ならばアルファベットの位置もついでに覚えているわけで、英文を扱う職業ならばローマ字入力のほうが便利だと思います。

欠点は・・・あわてているとキー入力を間違えて修正が大変なことでしょうか。


[61]>32 →手動集計#023【Qweロマ:017(+3) JISかな:005(+4) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:英字とかなが同じ配列で入力できる、多数派だから

感じた欠点:入力速度が遅い(それほど気にはならない)、日本語入力中に英字が表示されてしまうことに違和感を感じる方が居る


「日本語入力中に英字が表示されてしまう」ことが欠点に当たるかどうかは微妙かもしれませんね。

とりあえず今回は「欠点」としてあげさせていただきましたが、逆に「1キー押すごとに何か反応がないと心配になってしまう」方の場合ですと、英字でも何でもいいからとりあえずリアクションがあるほうがいいという場合もあるそうですので……これは人によって感じ方が違いそうですね。


(どうでもいい話ではありますが)私の環境ですと「親指シフトっぽい入力をローマ字入力に置換するツール(姫踊子草)」を使って入力しているので、たまに英字が見えることがあります……

同じツールで「親指シフトっぽい入力をJISかな入力に置換する」ことも出来るのですが、そうすると「Shiftキーを押しながら英字キーを押すと、一時的に英字モードになる」という機能が使えなくなってしまうので、これを避けるために「ローマ字入力を経由して」入力しています。

……って、ホントにどうでもいい話で失礼しましたorz


ご協力いただきありがとうございます。


[62]>34 →手動集計#024【Qweロマ:017(+4) JISかな:006(+4) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:JISかな入力

感じた利点:かな→ローマ字変換を意識しなくてもいい

感じた欠点:PDAなどの小型機には対応しないものが多い、ユーザ数が少ない、「ローマ字入力⇔かな入力」の切替方法を知らない方が使うPCを利用する際に後処理が必要


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:ユーザ数が多い、PDAなどの小型機でも対応している場合が多い

感じた欠点:かな→ローマ字変換を意識してしまい文章作成に集中できない


「かな入力とローマ字入力の切り替え」に関しては、誤操作などで切り替わってしまう場合があることなども考慮しますと、やはり「全てのPCに切替方法を書いた紙を貼っておく」のが近道ではないかと思います。

キーボードからの操作ですとうまく行かない場合が稀にあるようですので、できればマウス操作でできる方法を提示されることをお勧めしたいところです。

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yfi/mouseonly_ime_control.html

もっとも、本来は「IMEのツールバー表示にアフォーダンスが不足している」事が原因ですので、わざわざ紙表示を貼らなくても良いようにメーカーさんには改善をしていただきたい気はします。


シェアに関しては、おおむね

【Qwertyローマ字85?93%、JISかな6?14%、その他が合計1%】

あたりではないかと予測していますが、アンケートをとる方法や設問の書き方によって母集団が大きく変わってしまうようですので、どの結果もいまいち信用できないのが困りものでして。

http://matsuri.site.ne.jp/taro/taro20.htm

http://2000.jukuin.keio.ac.jp/tsubasa/rNW/opinions/Kf-opinio...

http://q.hatena.ne.jp/1130096268

http://q.hatena.ne.jp/1129300482

http://vote1.fc2.com/poll.cgi?uid=28627&mode=result&no=3

「かな入力はワープロのもの、パソコンならばローマ字入力ができなければ使えないでしょ!」と信じて疑わなかった世代(MS-DOSと共に歩んできた世代……私もそのうちの一人でした)が今PCを教える立場/年代にいる事からしますと、それこそ「増田式キーボード学習法」などの即習法が一般化するなどという天変地異(?)でも起こらない限りは、やはりこのままの状態で推移しそうな気がします。

http://homepage3.nifty.com/keyboard/index-kb.htm


力技で長い間かけて覚えた方にとって、「一度覚えた方式を捨てる」というのは大きな努力と多量の時間を必要としますので……本来、練習方法さえ間違えなければ「ほぼ入力方法に関係なく、タッチタイプはそれなりの労力(基本部分は数時間?数日)で習得できる」はずなのですが、いまだに「楽しさ重視のタッチタイプソフトを使用/力技で見ながら入力を覚える」が一般的な現状なのかもしれません。

このあたりに関する検証をすべく、「楽しさ重視のタッチタイプソフト(パーフェクトキーマスター)」と「増田式を使ったタッチタイプソフト(Touch31)」を両方試してみようかと計画中です(しばらく先になりそうですが……)。

http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20060319


ご協力いただきありがとうございます。


[63]>35 →手動集計#025【Qweロマ:018(+4) JISかな:006(+4) NICOLA:001】 maple_magician

ポイントを付けるために手動集計結果を貼り付けております。

サブ使用分・過去使用分については(+?)として集計しています。

親指シフトは「NICOLA」の名前で集計しています。


入力方法:Qwertyローマ字入力

感じた利点:和文入力では拗音節・小書き文字の入力にシフトキーを必要としない。

感じた欠点:入力に慣れるまでの間は両手の薬指と小指を酷使し腱鞘炎の手前まで来る


なるほど、多種多様なキーボードをお使いなのですね。

そうすると、欧文入力やプログラミングで英字入力を多用されている方々と同じく「英字入力にそもそも慣れていらっしゃる」ということでしょうか。


英文入力用配列としてのQwertyは、なんだかんだ言っても結構優秀なんですよね……Dvorakとは異なり小改定のみで欧文の多くをカバーできるルーズさがあり、かつ2本指タイピングとタッチタイプの両方にちょうど良くマッチしているあたりが絶妙というか。

翻ってQwertyを和文入力に使うと……うーん、私の場合は終始「左手小指」の打鍵過多と「右手人差し指」の移動量の多さに悩まされていた気がします。他の指に関してはそれほど辛くはなかったような(これも人によりそれぞれ異なるのでしょうね、やはり)。

http://www.eonet.ne.jp/~gekkao/comp/eval/eval_keylay.html

http://www.asahi-net.or.jp/%7Eez3k-msym/charsets/laycomp.htm


右手小指の痛みに関しては、学習初期ですとEnterキー・BackSpaceキーを力強く叩きすぎるor無理に指を伸ばして叩いてしまう可能性があることも考えられそうです。


ご協力いただきありがとうございます。


[64] 20代 Qwertyローマ字入力 pul1976

プログラムを書いているという関係上、

アルファベット入力が多いので、

間違ってカナ入力のままで打ってしまっても、

問題ないローマ字入力の方が便利です。

(F10を押せばカナがアルファベットになるので)

利点欠点を一般的に考えると他の人と同じかな。

<<利点>>

・かな、アルファベット使用時でも覚えるキーが少ない

<<欠点>>

・1文字で2キー叩くのでタイピング速度が遅い

余談ではありますが、家だとカナ入力派が多いので、

自分が使ったあとに入力方式を切り替えておかないと、

文句を言われるってのが我が家限定の欠点になってます。


[65]30代?「Qwertyローマ字入力」 rodkenichi

パソコンを使い始めた頃は、かな入力でした。

かな入力のメリットは、少ないキータッチで文字入力できることだと思います。また、デメリットは、キーの位置を覚える数が多くなる事。

ローマ字入力のメリットは、基本的には26文字のアルファベットの位置さえ覚えれば、アルファベットをかなも入力できること。

デメリットは、小さい文字「っ」や「ぁ」などの入力が少し面倒臭い事と、ローマ字を全て覚えていなければ行けない事と、キータッチが多くなる事だと思います。


[66]Qwertyローマ字入力だけしか使ってません RubeLa

利点…アルファベットの位置だけ覚えればいいところ。

欠点…特にありません。


[67]>66 欠点ではないですが… RubeLa

ローマ字入力で慣れていても、英文の入力が

スムーズにできる訳ではないみたいです。

手はアルファベットとしてではなく、ローマ字として

覚えているようです。


[68]qwertyローマ字 40歳代 TRAUMA

利点:英文・和文両方使うので、英文タイプと同じ配列がいい。また覚えるキーの数が少ない。

欠点:子音+母音で、タッチ数が多い。


[69]30代 - JISかな入力 ishideo

[利点]

キータッチ数が少ないこと。

かな入力はワープロ世代の方が多いので年配の方と共通の話題になります。

[欠点]

WindowsとMacで多少字の配列に違いがあること。

日本語入力モードにすると「Alt」を使ったショートカットが利かなくなることがあること。

Windowsで「ファイル名を指定して実行」するときやDOSコマンドを実行するときに半角カナが表示されることがあること。

家では108英語キーボードでかな入力、会社では日本語キーボードでかな入力するのですが「ー」の位置が違うのでたまに間違います。


[70]Qwertyローマ字入力 KASU44

5年以上この方式です。

利点

・ローマ字入力だと自然とアルファベットの配列を覚えるため英語等を入力する時に便利。

・海外などへ行くとJIS入力方式のPCなど殆ど無い。つまり、カタカナで書くとアルファベット入力がワールドスタンダードであるので、互換性がある。

・電子辞書は大抵ローマ字入力である。(オプションでかえられるが)

欠点

・配列を覚えるのが面倒くさい。タイプソフトを使えばなんてことはないけど。


[71]10代 JISかな入力 ier135

☆「利点と欠点」はかならずセットでお教えください。

利点も欠点もあまり感じないのですが、あえていうなら

欠点

・「え? かな打ちなの?? ローマ字できないの? ださくない?」みたいなことを言われてしまうこと。

・パソコンを共用するとき、ローマ字打ちの人がかなとローマ字の入力の切り替え方を知らないと

文句を言われる

利点

・覚えるときにストレスがなかった

・たいがいの文字がすんなり入力できる

とりあえず「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」と入力するとき「うぇ」なんて文字は入りません。

わからなかったらラスト一文はスルーしてください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ