人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

タクシー料金について
端数があるときにお札で支払って
「おつりはいりません」とか「おつりはとっておいてください」とか言っても受け取らないでお釣を渡してくるドライバーさんが多いです
会社などでお釣をちゃんと渡すように指導されているのか
あるいは小銭(100円以下)とかでチップとしては少なすぎてムカついている
とか
どういう理由なのでしょうか
昔(5年以上前)はみなさんそのまま受け取っていただいてたような気がします

●質問者: paffpaff
●カテゴリ:ビジネス・経営 人生相談
✍キーワード:はと タクシー料金 チップ ドライバー 上前
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 18/18件

▽最新の回答へ

[1]端数はチップではない hamster009

たぶんあまりに小額だからだと思います。

http://www.taxisite.com/clm/column.aspx?id=3

この発言を読むと、別にチップを受け取ることを禁止されて

いるわけではないようですし、うれしいみたいです。

ただ、それと50円や60円の端数をチップみたいに

「お釣りはいらない」と言われると、

そんなはした金はチップにならないと憤然として返すのでは

ないでしょうか。2000円くらい「とっといて」とやっても

返すかどうか試してください。


[2]日本に於いてはそれもまたチップ chariot98

http://www.taxisite.com/clm/column.aspx?id=3

チップはたとえ額は僅かでも貰えると非常に嬉しい。「俺はこじきじゃねー」などとは決して思わないし、またくれるお客も、そんな気持ちを察知すれば無理してあげはしない。誰でもお金が貰えれば嬉しいとは思うが、チップというのはまた格別である。なんにせよ、そこにコミューニケーションが成立し、程度の差はあれ、〔気に入ったよ、有難う!〕という意思表示だからである。

そもそも日本にはごく一部を除いて制度としてのチップが無いわけですから。外国のように、料金の15%程度上乗せして払うべき、とかね。

たとえ100円でも、もらえれば、なんでもうれしいでしょう。私金と公金を分けるのが少しメンドクサイかもしれないけど、たかが知れています。

但し、このコラムが書かれたのが2001.06.11。5年の間にタクシー業界も規制緩和で競争激化の嵐が吹きまくりました。会社で「チップをもらうのを禁止」「チップなどもらわずとも、心底お客様に喜んでもらうべき」とか言っていそう。運転手がわざわざ降りてきて、客のためにドアを開けてくれる某タクシー会社あたり、そんな決まりがいかにもありそうですけど。


[3]渡す義務はあるのでは。 numak

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=938988

原則は渡す義務があるようです。

でも、明らかにチップですという形で

渡せば、受領を放棄するのを明示したことに

なるかと思います。

ドライバーさんがいやがるのは、手持ち現金の

計算の際に面倒だからではないでしょうか。

最後に、売上金をタクシー本部に渡すときに、

その分を差し引く必要があるからです。


[4]>1 チップをあげたいというほど積極的な意思表示でもないのですが paffpaff

小銭を数えたり、もらう手間とかもありますし

お互いにいいのかな?

と思ったりしていたのですが認識が間違っているんですかね

怒っている感じでもなく淡々とおつりをくれる雰囲気だったりするんですが。

知人がタクシードライバーをやっていたのですが

チップは小額でもうれしいものだとは言っていたのですが

それが10円、20円でもなのか

聞き漏らしました・・・・

個人タクシーと会社のタクシーとかでも違うものなんでしょうか?


[5] おひねり三原則 ? 信頼を保つために ? adlib

わたしのおすすめは、950円なら「これだけどうぞ」と1050円、

1050円なら2000円で「800円おつりください」と云います。

はてなポイントと同じで、臨機応変のウィットに意味があるのです。

1.乗り降りに時間をかけない(乗る前に小銭を確認しておく)。

2.小銭から先に、数えながら手わたす。

3.釣銭とチップを混同しない。

乗る前に「小銭しかないけど、いいですか?」と声をかけます。

ただしく行き先を告げる。「とりあえず、まっすぐ」などは禁句。

950?1050円あたりの概算料金を、着く前に予想しておく。

チップは(拾得物の謝礼とおなじく)5?20%が妥当です。

短距離ほど少なく、長距離ほど多めに払うのが原則です。

この考えは、累進報酬(progressive reward)にもとづいています。

950円なら50円、8500円なら1500円が手ごろです。

「釣りは要らないよ」という発想は、いかにも無造作で無礼千万です。

えらそうにする客は、その場かぎりの見栄をはっているのです。

むかし銀行に現金支払機がなかったころ、三太郎が通帳を差しだして

「3000円引き出してくれ」というと、窓口嬢がクスクス笑いながら

「全額でございますね?」と確かめます。

そのつぎ三太郎は「バーンと、全額おろしたい」というと、窓口嬢は

クスクス笑いながら「3000円でございますね?」と確かめるのです。

サトウ・サンペイ《フジ三太郎 1965-19910930 朝日新聞》より。

わたしは数十年前から、このように払ってきましたが、ほとんど拒絶

されたことはありません。持ち合わせが少ないときは「ありがとう」と

云って釣銭を受けとるだけです。

チップを受けとらないよう指導しているホテルや料亭もありますが、

その場合にも「ありがとう」と云って受けとればいいのです。

自分の“親戚の者に対するように接する態度”が肝要なのです。


[6]>5 わかるようなわからないような paffpaff

もっと具体的にいいますと

近めの駅から自宅まで920円です

そこで1000円札を出し

「おつりはいいです」といいます

すると

「ありますよ」とかいわれて80円のおつりをくれます

昨日は

「おつりはとっておいてください」といいましたら

「いいんですか?」といって受け取ってくださいました

adlibさんはずいぶん大人の方なのでしょうか

父親ほどの年齢のドライバーさんにチップというのは気後れというか失礼な気がしてもっと若いときはおつりをとっておいてくださいなんていえませんでした


[7]>6 おひねりの極意 ? 内田 百? & 山口 瞳 ? adlib

わたしは(いささか残念ながら)ずいぶん大人です。

paffpaff さんのお父さんほどの年齢の“親戚の人に対する態度”が

肝要なのです(父親に小遣いをあげる状況とは少しちがいますね)。

あなたのお父さんが、娘ぐらいの年齢の客に80円のチップを貰った

ケースを想像すると(お父さんなら)こう云うかもしれないのです。

「お嬢さん、あなたがお母さまや奥様になってから、いただきますよ」

チップの発祥は、裕福な人から卑賤な人に下げわたすことにあって、

自分より裕福でない人や、自分で稼いでいない人(裕福な人の家族)に

施しを受けることを、とても屈辱的にとらえる人もいます。

現代の社会通念では、すべての人は平等で「職業に貴賎なし」を原則

としながら、チップが絶滅する気配がありません。そこで現代日本では

「私人のために奉仕してくれる職業」への“簿外報酬”と解釈されます。

もうひとつ“わかるようなわからないような”例をご紹介しましょう。

(paffpaff さんに、もっともらしい意見をするつもりではありません)

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20040203 “追記2”


[8]正直なところわかりません。 sptmjp

以前タクシーのハンドルを握っていたことがあります。しかしやはり5年以上も前のことです。だから今の状況がわかりません。参考にならないかもしれません。ただその時の経験からお話させていただこうと思いました。

まず「チップとして少なすぎる」という事は決してありません。

ちりも積もれば山となる、一日合計でだいたい500円から1000円くらい、多いときは1500円くらいになります。たいてい一回の食事代程度にはなります。

売り上げの多くを会社に納入しなければならない運賃に対してチップは100%自分に入ってきます。考えようによっては中途半端な距離できちんと精算していくお客さんよりも短距離でチップをくれるお客さんの方がうれしかったりします。

またタクシー内では釣銭は有限であり特にだらしのない運転士は釣銭をろくに用意しておらず、そういう輩に限って釣銭を要求されると不機嫌な顔をしたりします。

私も長距離で稼がなければならない時間帯に短距離で乗ってこられたようなときはわざとゆっくり間を空けて「おつりはいいですよ」と言わせるような雰囲気を作ったりしたものです。

お話によれば920円のところを1000円を出されおつりはいいですとのこと。私からすれば素直に頂けばいいのにという感想です。その方が気持ちいいし、そういうお客さんの方が多いです。

私も他の乗務員と同じくチップは頂いて当然という前提でした。もちろん「あ?っ、ありがとうございます」と言います。

むしろ一度乗務員さんに直接なにかあったのか聞いてみてはいかがでしょうか。ひょっとして会社から何か指導があったのかもしれません。チップを受け取ってはいけないということは乗務員にとって不都合なことに間違いないのでこのときとばかりになにか漏らして教えてくれるかもしれません。


[9]それは kento58

タクシーの運転手さんのプライドのようなものなのではないですか?

おそらく「お釣りをもらうのがめんどくさいから」という理由でそういわれたように感じたのでしょう。

まあいずれにしても勘定をきちんとやらないで後々面倒なことになったらいやだなあ、なんていう感情が働いている気がしますが。


[10]実際に聞いてみた話 kazkichiki

身近にタクシーの運転手をしてる人がいるので、

その手の話は割と耳にすることがあるのですが、

うちの場合は個人なので、

「会社などでお釣をちゃんと渡すように指導されている」

といったことなどはないのですが、

多分タクシー会社のタクシーのドライバーさんの場合は

「基本的にそういった釣銭などはもらわないようにする」

といったことになっているように思います。


あとはそのお客さんの様子を見ながらそういわれた時に

受取るかどうか判断されているように思うのですが、

タクシーを降りる場合は

目的地に到着→精算(メーター)→支払(受取釣銭)→降車(ドアを開ける)。

という風になると思いますが、

paffpaffさんは「おつりはいりません」というのを

どういったタイミングで言われていますでしょうか?

例えば精算から支払の時に「おつりはいりません」と

言われたりはしていませんでしょうか?


多くの場合ドライバーさん側の流れとしては

目的地到着→メーターを止める→「?円になります」という

→現金を受取る→お釣りを渡す→ドアを開ける→「ありがとうございました」

となります。また小銭だからといって全ての人がpaffpaffさんのように

「おつりはいりません」といってこられるわけではありません。

ですので、ドライバーさん側からすれば現金を受取る際に

「お釣りを渡す」というところまで含めて支払行為としてやっているので、

「そのタイミングで言われてしまっては何ともできない。」

というのがあるかと思います。


ドライバーさんはドアを開けてお客さんが降りるところまでを

接客として考えていることがほとんどだと思いますので、

例えばpaffpaffさんがお金を渡す時に「おつりはいりません」

といわれても、ドライバーさんとしては逆に「お釣りを渡す」

という行為をはしょって次の「ドアを開ける」という行為に

移らなければいけない為、うまく反応できない。

というのがあることもあると思います。そういった時に

ドライバーさんによっては気分を悪くされたりする方もいるかもしれませんね。

それで、ドライバーさんの方から聞き返すこともなかなかできないので、

そのまま一旦はお釣を渡そうとする。ということもあるかと思います。

あと、多分後部座席に座られているでしょうから、そうすると意外と

「おつりはいりません」と言っていても余りよく聞こえていないものですよ。


そうしてドライバーさんの方から「お釣りがいらない」ということを

一旦確認をしておいてから、ドアを開けてお客さんを降ろす。

ということになると思うのですが、すんなりお釣りを受取ってもらいたいのであれば

やはり精算の際に「おつりはいりません」と言ってしまうのは

あまり気持ちのいいやり方ではないのかもしれません。


実際どのようにされているかわからないのですが、

よければ目的地が近づいたら早めに降りる準備をして、

精算をしてお金を払い、お釣りを渡されそうになったら、その時に

「お釣りは構いませんよ。」とでも言ってみては如何でしょうか。

そうすれば、割とすんなりと「そうですか、ありがとうございます。」

とでもドアを開けてくれるのではないでしょうか?

理由としてた割とそういう些細なことのように思いますよ。


[11]はたして youhate

百円程度のお金をもらって人からお金をもらってしまったという重い気持ちを感じさらに事務所にまで黙っていなければ行けないという黙秘の重圧にまいどまいど耐えなければならず、また現代のタクシー運転手はまあいいやという感覚もなくなったんではないでしょうか?


[12]>11 ホテルなどではみんなで分けたりするところも・・・・ paffpaff

業種とか職場の慣習もあると思いますけど

レストランでチップは受け取らないというようなところとか(返す)

ホテルなどで客室係などで頭割りに分割するところや

当然に受け取った人のものになるところなど

いろいろありますよね

チップをもらうこと自体は悪いことでもなんでもないし

(たとえ慣習として渡しているのであったとしても)自分の仕事が評価されているのでどちらかというと嬉しいことなのではないかと想像していたのですが

快く思わない人もいるということなのでしょうか?

メーターで清算するので足りなかったら(おつりを間違って多く渡したりして)自腹かもしれないですけど

逆の場合は問題にならないような気がしますが・・・



アンケートも考えてみます


[13](質問者です)できるだけ誰かの発言に返信してください paffpaff

誰かの発言を受けて書いたときなどはできるだけ発言に返信する形でツリーをつなげてくださいますようお願いします


[14]>8 短距離で申し訳ない気持ちもあります paffpaff

私の言い方が悪かったのかもしれないですね

次に断られたら、ちょっと聞いてみようかなぁ

ある程度の距離を乗るといろいろ話してくれるドライバーさんが多いですが1000円だと10分足らずなので

行き先の指示だけで終わっちゃいますからね


[15]>2 「会社で禁止」?ありそうな感じ。 paffpaff

「おつりをなかなかくれなかった」「チップを要求された」とかの苦情があがったりするとチップ禁止令が出たりするってことも考えられますよね・・・・・・


[16]>10 しっかり伝わっていなかったのかも? paffpaff

もうちょっとはっきり言うように気をつけてみたいと思います



そういえば精算が終わってなくても

というか目的地について停車したときに

ドアをすこし開けますね

首都圏に住んでいたときはお金を払い終わってから(同乗者がいれば先に開けるけども)あけていたような気がします


[17]>9 人によってはあるかもしれないですね paffpaff

もともと近距離でがっくりしていたからとか?

意地になったとか?


[18]出す人(お客さん)の年齢にもよるかも pipiron

私が一人で乗るときは、おつりは貰っているのですが、

母と二人で乗りと、おつりは頂かないです。

年輩の母が「おつりはいいです」と言うと「すみません」って感じで受け取られるドライバーさんばかりでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ