人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ボーダフォンの買収の費用1兆7千億円って凄いですね。ボーダフォンレベルの基地局を持つための設備投資ってそれくらい必要なのでしょうか?ソフトバンクが1から同じレベルの基地局を持とうとしたら同じくらい費用がかかるのでしょうか?沢山の基地局をデジタルフォン時代に持っていたと仮定すると、デジタルフォン時代に既に1兆円レベルの投資をしていたと言う事ですよね。いったいデジタルフォンの母体ってどこだったのでしょうか?それもついでに知りたいです。

●質問者: asibe
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:ソフトバンク デジタル ボーダフォン レベル 基地局
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● TOURCONTAKUTER
●22ポイント

http://www.atmarkit.co.jp/news/200109/22/jphone.html

日本テレコムとJ?PHONEをボーダフォングループに売ったときの記事ですが、もともとJR系が関係しています。

◎質問者からの返答

JRなら莫大な投資も納得できます。有り難うございます。大変参考になりました。


2 ● umiotoko_diver
●22ポイント

ソフトバンクが新規参入しようとしてた頃の試算では、当初関東でサービスを開始する際に3000億のコストがかかるとのことでした。

日本全体で考えると、基地局のコストとしては、おそらく買収金額前後までいくのではないでしょうか。


http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/02number/199912/12adf.html

またデジタルフォンは日本テレコムが母体でした。

当時の日本テレコムは、英ブリティッシュ・テレコム、米AT&Tと提携したJR系の通信会社でした。

◎質問者からの返答

やはり母体は大きい企業だったんですね。基地局コストだけで1兆7千万になるなら、顧客がついてきて同じ額ならお得ですね。残りの株を40%くらい売っても良いし。有り難うございます。大変参考になりました。


3 ● akaneko0226
●21ポイント

http://www.hatena.ne.jp/akaneko

日本全国に基地局を設置するのに最低でも5000億円以上かかるとのこと。

デジタルフォンの経営母体はJRグループでした。


4 ● sami624
●21ポイント

http://www.vodafone.jp/japanese/company/ir/pdf/050524_2.pdf

?先ず基地局に関わる質問ですが、同社の固定資産内訳が1兆604億円であることから、固定資産が全て基地局と仮定しても約1兆円といえるでしょう。

?ソフトバンクが仮に同程度の基地局を設置した場合、同社の過去に行った減価償却費分の負担が現行の資産額よりも多くかかるでしょう。よって、1兆円を超えるということです。

?母体は外資だったように記憶しています。

◎質問者からの返答

やはりかなりお得な取引だったんですね。有り難うございます。大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ