人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オーストラリアに住んでいるのですが、知り合いの日本人で日本の大手企業(某PCメーカーI○Mや、某クレジットカード会社アメ○クス等)のサポートセンターの仕事をしている人が何人か居ます。内容は日本に居る客の電話応対などらしいのですが、なぜわざわざオーストラリアでやっているのか理解できません。ある人は人件費の削減と言っていましたが、オーストラリアの雇用に関する水準はかなり高く、最低賃金や有給休暇など、かなり労働者においしい法律で、人件費の削減なんてできるとは思えません。それでも多くの企業がこういった事をしている理由(メリット)は何なんでしょうか?教えてください。

●質問者: tk378mx
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:pc オーストラリア クレジットカード サポート センター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● JunK
●22ポイント

http://dblog.dreamgate.gr.jp/user/nishimoto/sydney/

http://dblog.dreamgate.gr.jp/user/nishimoto/sydney/3864.html

>他にも、日本を含むアジア諸国のコールセンターの拠点としてオーストラリアが選ばれています。

>・アジアとの時差があまりない

>・ランニングコストが安い

>・人材確保が容易

>・政治経済が安定している

>・治安が良い(夜間に出社退社ができる)

>・ICT先進国

>・信頼・信用できる社会構造

>などの理由からですが、



http://www.daijob.com/dj4/ja/searchjob.jsp?pg=0&kw=%E3%82%B3...

雇用条件の例

人件費の抑制は無論のこと、日本人並み(というか、日本人)の語学力がないと、日本人には受け入れられないようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、納得できるような、できないような気持ちです。自分としてはもっとびっくりするような理由を期待していたというか・・・

リンク先のページ面白いですね!


2 ● hamster009
●22ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

電話サポートをオーストラリアでやっているというのは聞いたことがありませんが、郵便を使うサポートは国際郵便料金の安いオーストラリアでやっています。

◎質問者からの返答

郵便もあるんですね。


3 ● SPICE
●21ポイント

http://www.lincnet.com.au/jp/callcentre.htm

・コンピュータ普及率が世界第2位のIT先進国であること。

・オフィス賃貸料、人件費、その他経費が日本の50?80%程度。

為替メリットで非常に安価でサービスを提供できること。

・日本との時差が1?2時間。ほぼ同じ時間帯でコミュニケーションをとることができます。

・日本人が約2万人滞在しており、質の高い日本人スタッフを容易に見つけることができる。

等の理由で日本の約半額近い料金で成り立つようです。

◎質問者からの返答

人件費はあまり抑えられない気がしますが、やっぱり土地代は安いでしょうね。


4 ● snitch
●21ポイント

人件費もそうですが、税金・土地の安さ・日本語のできる人材の集め易さ等の利点もあるのではないかと思います。


丁度、国際貿易投資研究所の方のレポートがありました。

AMEXやIBMがオーストラリアでコールセンター事業を行っていることも載っています。

http://www.iti.or.jp/kikan54/54sasaki.pdf

◎質問者からの返答

確かに日本人在住者が多いですからね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ