人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

たばこの吸殻がポイ捨てされた土壌は、酸性になりますか?アルカリ性になりますか?

●質問者: KIICHIGO
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:たばこ アルカリ性 酸性
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●19ポイント

http://www.lares.dti.ne.jp/~yoki/nosmoking/smoking2.html#anc...

こちらのサイトを確認する限り、火が付いていないほうから発生する物質が酸性であることから、ポイ捨てされたタバコは火が消えてから土壌に影響を及ぼすことを考えると、酸性でしょう。


2 ● academe
●19ポイント

燃焼は酸化現象ですので、酸性になると思われます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E7%84%BC


3 ● kkmori
●19ポイント

http://www.anti-smoke-jp.com/KID/whattobacco.htm

主流煙(タバコの燃えた煙)は酸性に対し、副流煙(喫煙者から吐き出される煙)はアルカリ性ですので、吸殻から出た煙により酸性になります。


4 ● たけじん
●19ポイント

http://www5.plala.or.jp/pokorin/pharm/yakuri/drug/nicotine.h...

ニコチン自身は、アルカリ性のようです。植物系アルカロイドの一種ですから(一部の物質は酸性ですが)、酸性にはならないようです。

紙やタバコの葉の燃えカスには、灰が含まれており、こちらもアルカリを示す傾向があります。

タバコの葉は植物なので、基本的にアミノ酸で構成されています。こちらは水に熔けると酸性になります。紙は中性紙と思われるので、たぶん中性です。

うーん、タバコの葉の量が多くて、ニコチンの含有量が少なければ中性か弱酸性。ニコチンがフィルタに大量に付着した、ほとんど灰の吸殻なら弱アルカリ性かな。という感じですね。

◎質問者からの返答

なるほど


5 ● たけじん
●19ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1142775241

補足です。

元になる土壌に対しての分量もあります。

また、その土壌のpHにもよります。

そのため、土壌に対する吸殻の分量が著しく多い場合のみ、土壌のpHが変化すると考えたほうがよいかもしれません。

土壌の石灰分の流出や酸性雨の影響の方が大きい可能性があります。

◎質問者からの返答

もちろん、一つの吸殻で広大な土地のpHが決定されるとは思っていません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ