人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

増資した時に、資本金と資本剰余金に分けるのはどのようなルールになっているのでしょうか?

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:ルール 剰余金 資本 資本金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●10ポイント

http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account3.htm

http://www.azsa.or.jp/b_info/ps/kouza/kaikei_kiso_04.html

http://www.syonen.go.jp/pdf/h14meisaisonota.pdf

◎質問者からの返答

ルールがよく分かりませんでした。


2 ● KairuaAruika
●10ポイント

http://www.ny47th.com/fallin_attorney/archives/2006/01/post_...

http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/bunrui.htm

http://www.dfc.ne.jp/closeup/oyakudachi_002.html

こちらはいかがでしょうか

◎質問者からの返答

再回答ありがとうございます。

質問の仕方が悪いのかも分かりません。

増資金を資本金と資本剰余金に分けるルールが知りたいです。


3 ● myanswer
●48ポイント ベストアンサー

http://www.officechiba.com/j_zeimu/zeiking07.htm

http://bokiron.livedoor.biz/archives/11653192.html

1. 原則 株式の発行価額総額を「資本金」とします。

2. 特則 株式の発行価額総額の1/2以上を「資本金」への組入限度額とし、残りを「株式払込剰余金(資本準備金≒資本剰余金)」とすることができます。

設立の場合と同じです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

分かりました!


4 ● sami624
●22ポイント

http://www.tse.or.jp/glossary/gloss_s/shihonjyunbikin.html

商法では、株主保護の観点から、増資をした場合は調達資金の1/2以上を資本金に組み入れることを規定しており、残りは資本金に組み入れても、資本準備金に組み入れてもよいとされています。調達資金の1/2以下であれば、資本準備金にいくら組み入れてもよいのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ